新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
たんかんがん

胆管がん

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

胆管とは肝臓と十二指腸を結ぶ胆汁の通り道です。肝臓の中にある胆管を肝内胆管、肝臓の入り口にある胆管を肝門部胆管、肝臓から出て十二指腸までの胆管を肝外胆管と呼びます。

胆管がんとは、胆管の粘膜上皮に発生したがんの総称です。発生する部位によりそれぞれ肝内胆管がん、肝門部胆管がん、肝外胆管がんに分類されてます。肝内胆管に発生する肝内胆管がん(別名:胆管細胞がん)は、肝臓内にあるため肝臓がんに分類されています。

原因

ほかの部位に発生するがん種と同様に、原因の多くはいまだ解明されていません。膵胆管合流異常症や原発性硬化性胆管炎という病気では胆管がんを合併する頻度が高いことが報告されています。また印刷工場などで使用されるジクロロメタンなどへの曝露も原因となるとされています。

症状

肝臓でつくられる胆汁が、胆管がんによってうっ滞(流れが悪くなり、とどこおってしまうこと)してしまうと、黄疸(おうだん:皮膚や目の白い部分が黄色くなる症状)が現れます(閉塞性黄疸)。また、便の黄色は胆汁由来であるため、胆汁が腸に排出されないことにより便の色がクリーム色となることがあります(灰白色便)。

そのほかにも、腹痛や体重減少、発熱、食欲不振などがみられたり、皮膚のかゆみなどがでたりすることがあります。うっ滞した胆汁が細菌の感染を起こすと胆管炎となり、発熱や右季肋部痛(みぎきろくぶつう:右の肋骨の下あたりに感じる痛み)などが起こることもあります。

検査・診断

黄疸や右上腹部痛の症状がある場合は、まず血液検査と腹部超音波検査が行われます。その結果をもとに胆管がんが疑われる場合はさらにCT検査やMRI検査などの画像検査、内視鏡検査などが必要となります。

血液検査

血液中のビリルビン濃度やALP(アルカリフォスファターゼ)の値が上昇します。腫瘍マーカーではCEA,CA19-9が上昇することがあります。

腹部超音波検査

腫瘍や胆管拡張の有無、肝臓内の状態を把握します。

CT検査

造影剤を使用したCTを施行することで腫瘍の有無や位置、広がりを正確に測定することができます。

MRI検査

胆管の狭窄、走行の異常を把握することができます。

内視鏡検査(内視鏡的逆行性胆管造影:ERC)

通常の上部消化管内視鏡よりもやや太めの側視内視鏡を用い、細いカテーテルを胆管に挿入することで造影検査、細胞診などが可能です。

このほかにも、超音波内視鏡で胆管がんの進達度や浸潤(がんが周りに広がっていくこと)の有無を確認することもあります。

治療

がんの大きさや広がり、遠隔転移の有無により病期(ステージ)を決定します。そのステージにより手術療法や化学療法、放射線療法などが考慮されます。

手術療法

2017年現在、手術が唯一の完全に治すことを期待できる治療法です。しかし、胆管の周りには肝臓や膵臓、大血管など重要な臓器が隣接しており手術の侵襲は大きくなります。また手術後の再発も起こり得るので、手術のメリットやデメリットを理解する必要があります。

化学療法

手術療法が困難な場合は化学療法(抗がん剤)の適応となります。

放射線療法

2017年現在の状況では、痛みのコントロールやがんの進行を遅らせる目的で補助的に使用されることがあります。しかし、有効性に関しては明確になっていません。

「胆管がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が11件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

胆管がんを得意な領域としている医師