新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立国際医療研究センター病院 眼科診療科長

日本眼科学会 眼科指導医・眼科専門医 日本眼科手術学会 会員 日本白内障屈折矯正手術学会 会員 日本緑内障学会 会員 日本網膜硝子体学会 会員 日本眼循環学会 会員 日本涙道・涙液学会 会員

永原 幸 ながはら みゆき 先生

眼科の医師として、主に東京大学医学部附属病院で研鑽を積み、小児(未熟児)から高齢者まで難症例の手術治療に携わってきた。2015年より緑内障関連(細胞外マトリックス)の研究プロジェクトを進めているが、2018年からは活動拠点を国立国際医療研究センター病院に変えて業務を継続している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 眼科
  • 永原先生の白内障に関する得意な領域
    • 薬物治療
    • 白内障手術
  • 永原先生の緑内障に関する得意な領域
    • 薬物療法
    • レーザー治療
    • 緑内障手術
  • 永原先生の眼瞼下垂症に関する得意な領域
    • 眼瞼手術
  • 小児白内障
  • 網膜硝子体・硝子体手術

資格・学会・役職

日本眼科学会 眼科指導医・眼科専門医
日本眼科手術学会 会員
日本白内障屈折矯正手術学会 会員
日本緑内障学会 会員
日本網膜硝子体学会 会員
日本眼循環学会 会員
日本涙道・涙液学会 会員
  • 国立国際医療研究センター病院 眼科診療科長
  • American Society of Cataract and Refractive Surgery 会員
  • The Association of Reserch in Vision and Ophthalmology 会員
  • American Academy of Ophthalmology 会員
  • 医学博士(東京大学) 取得
  • 日本眼科学会 評議員

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1990年 近畿大学医学部卒
1990年 東京大学医学部附属病院眼科 研修医
1991年 武蔵野赤十字病院眼科
1994年 東京大学医学部附属病院分院眼科 助教
1996年 大蔵省印刷局東京病院眼科
1997年 東京大学医学部附属病院眼科 助教
2002年 東京大学医学部眼科 講師
2012年 東京大学医学部眼科 准教授
2015年 東海大学医学部付属八王子病院眼科 教授
2018年 国立国際医療研究センター病院眼科 診療科長

論文

  • Real-time blood velocity measurements in human retinal vein using the laser speckle phenomenon. Jpn J Ophthalmol. 1999; 43: 186-95.

    Nagahara M, Tamaki Y, Araie M, Fujii H.

  • Effects of scleral buckling and encircling procedures on human optic nerve head and retinochoroidal circulation. Br J Ophthalmol. 2000; 84: 31-6.

    Nagahara M, Tamaki Y, Araie M, Eguchi S.

  • The acute effects of stellate ganglion block on circulation in human ocular fundus. Acta Ophthalmol Scand. 2001; 79: 45-8.

    Nagahara M, Tamaki Y, Araie M, Umeyama T.

  • An apparatus for color Doppler imaging in seated subjects. Am J Ophthalmol. 2002; 133:270-2.

    Nagahara M, Tomidokoro A, Sando S, Araie M, Tanaka S.

  • A placebo-controlled 3-year study of a calcium blocker on visual field and ocular circulation in glaucoma with low-normal pressure. Ophthalmology. 2008; 11: 2049-2057.

    Koseki N, Araie M, Tomidokoro A, Nagahara M, Hasegawa T, Tamaki Y, Yamamoto S.

  • In vivo Measurement of Blood Velocity in Human Major Retinal Vessels Using the Laser Speckle Method. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2011; 52: 87-92.

    Nagahara M, Tamaki Y, Tomidokoro A, Araie M.

  • Predisposing for primary acquired nasolacrimal duct obstraction. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2013; 251: 1835-9.

    Ohtomo K, Ueta T, Toyama T, Nagahara M.

  • Tear meniscus volume changes in dacryocystorhinostomy evaluated with quantitative measurement using anterior segment optical coherence tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014; 55: 2057-61.

    Ohtomo K, Ueta T, Fukuda R, Usui T, Miyai T, Shirakawa R, Amano S, Nagahara M.

  • Outcomes of Late-Onset Bleb-Related Endophthalmitis Treated with Pars Plana Vitrectomy. J Ophthalmol. 2015;2015:923857.

    Ohtomo K, Mayama C, Ueta T, Nagahara M.

  • Potential Utility of a 4K Consumer Camera for Surgical Education in Ophthalmology. J Ophthalmol. 2017;2017:4374521

    Ichihashi T, Hirabayashi Y, Nagahara M.

著書

  • 【共著】永原 幸.涙道検査.今日の眼疾患治療指針(大路正人 他編).2016; 73-6.

  • 【共著】永原 幸.流涙.今日の臨床サポート(沖坂聡編). エルセビア・ジャパン.2013;Web書籍.

  • 【共著】永原 幸.眼手術学・眼瞼.外傷・眼瞼裂傷(涙小管断裂を伴う).(野田実香編).文光堂. 2013; 467-472.

  • 【共著】永原 幸.眼付属器疾患とその病理 涙嚢炎.専門医のための眼科診療クオリファイ.(野田実香編).中山書店.2012;162-168.

  • 【共著】永原 幸.粘弾性物質の種類と使い分け.眼手術学・白内障.(大鹿哲郎編).文光堂.2012;68-73.

その他

  • 【受賞】2008年 アメリカ白内障屈折矯正手術学会(アメリカ シカゴ)フィルムアワード 緑内障部門2位 タイトル:Effect of cleaning up Schlemm canal on IOP reduction in glaucoma.

  • 【受賞】2009年 VIDEOCATARATTAREFRATTIVA 2009(イタリア ミラノ)フィルムアワード 合併症部門1位 タイトル:Surgical procedures of combined lens extraction and IOL scleral suture fixation in patients with pediatric Marfan syndrome.

  • 【受賞】2015年 アメリカ白内障屈折矯正手術学会(アメリカ サンディエゴ)フィルムアワード 緑内障部門2位 タイトル:Effect of Combine Aqueous Outflow Reconstruction and Vitreoretinal Surgery in Juvenile Diabetic Retinopathy:Induced Neovascular Glaucoma.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師