新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 副院長 糖尿病内分泌代謝科診療科長 第一糖尿病科医長 人間ドックセンター長

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医 日本糖尿病学会 糖尿病専門医・糖尿病研修指導医

梶尾 裕 かじお ひろし 先生

公開日
2020/04/21

糖尿病の治療と研究に長年取り組む。診療録直結型全国糖尿病データベース事業J-DREAMSの立ち上げや、日本における1型糖尿病の根治療法の開発に向けたデータベース事業“TIDE-J”プロジェクトのまとめ役、ベトナムとの共同研究を行っている。丁寧な診療とともに、後進の指導に意識的に取り組んでいる。

梶尾先生のストーリー記事

医師という職業の根底にあるのは患者さんの役に立つこと
医師という職業の根底にあるのは患者さんの役に立つこと

一人ひとりの患者さんの声を真摯に受け止める梶尾 裕先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 糖尿病内分泌代謝科

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医
日本糖尿病学会 糖尿病専門医・糖尿病研修指導医
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 副院長 糖尿病内分泌代謝科診療科長 第一糖尿病科医長 人間ドックセンター長
  • 日本糖尿病学会 評議員
  • 日本病態栄養学会 代議員
  • 日本臨床栄養学会 評議員
  • 日本臨床栄養協会 評議員

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年 東京大学医学部 卒業
1987年 虎の門病院内分泌代謝科 医員
1989年 朝日生命成人病研究所付属丸の内病院 研究員
1990年 東京大学医学部第三内科
1995年 ハーバード大学ジョスリン糖尿病研究所 リサーチフェロー
1996年 テキサス州立サウスウェスタンメディカルセンター リサーチフェロー
1998年 東京大学医学部 糖尿病代謝・内科 医員
1999年 自治医科大学大宮医療センター総合医学第1講座 助手
1999年 東京大学 医学博士取得
2001年 自治医科大学大宮医療センター総合医学第1講座 講師
2001年 国立国際医療センター内分泌代謝科 医師(厚生労働技官)
2002年 国立国際医療センター内分泌代謝科 医長
2013年 国立国際医療センター病院 糖尿病内分泌代謝科 診療科長・第一東京病科医長
2019年 国立国際医療センター病院 副院長(併任)

論文

  • Thiazide Use and Cardiovascular Events in Type 2 Diabetic Patients With Well-Controlled Blood Pressure. Hypertension. 2019 Dec;74(6):1541-1550.

    Tsujimoto T, Kajio H

  • Prevalence and associated factors of overweight and obesity among schoolchildren in Hanoi, Vietnam. BMC Public Health. 2019 Nov 8;19(1):1478.

    Pham TTP, Matsushita Y, Dinh LTK, Do TV, Nguyen TTT, Bui AT, Nguyen AQ, Kajio H.

  • Evaluation of cellular and humoral autoimmunity before the development of type 1 diabetes in a patient with idiopathic CD4 lymphocytopenia. J Diabetes Investig. 2019 Jul;10(4):1108-1111.

    Maruyama K, Chujo D, Watanabe K, Kawabe A, Sugiyama T, Ohsugi M, Tanabe A, Ueki K, Kajio H.

  • No beneficial effects of aspirin on secondary cardiovascular prevention in patients with type 2 diabetes using non-steroidal anti-inflammatory drugs. Diabetes Obes Metab. 2019 Aug;21(8):1978-1984.

    Tsujimoto T, Kajio H.

  • Genome-Wide Association Study Confirming a Strong Effect of HLA and Identifying Variants in CSAD/lnc-ITGB7-1 on Chromosome 12q13.13 Associated With Susceptibility to Fulminant Type 1 Diabetes. Diabetes. 2019 Mar;68(3):665-675

    Kawabata Y, Nishida N, Awata T, Kawasaki E, Imagawa A, Shimada A, Osawa H, Tanaka S, Takahashi K, Nagata M, Yasuda H, Uchigata Y, Kajio H, Makino H, Yasuda K, Kobayashi T, Hanafusa T, Tokunaga K, Ikegami H.

  • Contribution of pancreatic α-cell function to insulin sensitivity and glycemic variability in patients with type 1 diabetes. J Diabetes Investig. 2019 May;10(3):690-698.

    Takahashi N, Chujo D, Kajio H, Ueki K.

  • Short-term changes in pancreatic α-cell function after the onset of fulminant type 1 diabetes. J Diabetes Investig. 2018 May;9(3):636-637

    Takahashi N, Chujo D, Tsujimoto T, Kajio H.

  • Diffusion-weighted magnetic resonance imaging in the pancreas of fulminant type 1 diabetes. Diabetol Int. 2018 Apr 12;9(4):257-265.

    Tokunaga A, Imagawa A, Nishio H, Hayata S, Shimomura I, Abiru N, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Oikawa Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kozawa J, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Chujo D, Fukui T, Miura J, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T; consultation of Japan Diabetes Society Committee on Fulminant Type 1 Diabetes Mellitus Research.

  • Favorable effects of statins in the treatment of heart failure with preserved ejection fraction in patients without ischemic heart disease. Int J Cardiol. 2018 Mar 15;255:111-117.

    Tsujimoto T, Kajio H.

  • High risk of renal dysfunction in patients with fulminant type 1 diabetes. J Diabetes Investig. 2018 Jan;9(1):146-151.

    Takahashi N, Tsujimoto T, Chujo D, Kajio H.

  • Design of and rationale for the Japan Diabetes compREhensive database project based on an Advanced electronic Medical record System (J-DREAMS). Diabetology International November 2017, Volume 8, Issue 4, pp 375–382

    Sugiyama T, Miyo K, Tsujimoto T, Kominami R, Ohtsu H, Ohsugi M, Waki K, Noguchi T, Ohe K, Kadowaki T, Kasuga M, Ueki K, Kajio H

  • Prevalence, perception and factors associated with diabetes mellitus among the adult population in central Vietnam: a population-based, cross-sectional seroepidemiological survey. BMC Public Health. 2017 Apr 5;17(1):298.

    Miyakawa M, Shimizu T, Van Dat N, Thanh P, Thuy PT, Anh NT, Chau NH, Matsushita Y, Kajio H, Mai VQ, Hachiya M.

  • Trans-ancestry genome-wide association study identifies 12 genetic loci influencing blood pressure and implicates a role for DNA methylation. Nat Genet. 2015 Nov;47(11):1282-1293.

    Kato N, Loh M, Takeuchi F, Verweij N, Wang X, Zhang W, Kelly TN, Saleheen D, Lehne B, Leach IM, Drong AW, Abbott J, Wahl S, Tan ST, Scott WR, Campanella G, Chadeau-Hyam M, Afzal U, Ahluwalia TS, Bonder MJ, Chen P, Dehghan A, Edwards TL, Esko T, Go MJ, Harris SE, Hartiala J, Kasela S, Kasturiratne A, Khor CC, Kleber ME, Li H, Yu Mok Z, Nakatochi M, Sapari NS, Saxena R, Stewart AFR, Stolk L, Tabara Y, Teh AL, Wu Y, Wu JY, Zhang Y, Aits I, Da Silva Couto Alves A, Das S, Dorajoo R, Hopewell JC, Kim YK, Koivula RW, Luan J, Lyytikäinen LP, Nguyen QN, Pereira MA, Postmus I, Raitakari OT, Bryan MS, Scott RA, Sorice R, Tragante V, Traglia M, White J, Yamamoto K, Zhang Y, Adair LS, Ahmed A, Akiyama K, Asif R, Aung T, Barroso I, Bjonnes A, Braun TR, Cai H, Chang LC, Chen CH, Cheng CY, Chong YS, Collins R, Courtney R, Davies G, Delgado G, Do LD, Doevendans PA, Gansevoort RT, Gao YT, Grammer TB, Grarup N, Grewal J, Gu D, Wander GS, Hartikainen AL, Hazen SL, He J, Heng CK, Hixson JE, Hofman A, Hsu C, Huang W, Husemoen LLN, Hwang JY, Ichihara S, Igase M, Isono M, Justesen JM, Katsuya T, Kibriya MG, Kim YJ, Kishimoto M, Koh WP, Kohara K, Kumari M, Kwek K, Lee NR, Lee J, Liao J, Lieb W, Liewald DCM, Matsubara T, Matsushita Y, Meitinger T, Mihailov E, Milani L, Mills R, Mononen N, Müller-Nurasyid M, Nabika T, Nakashima E, Ng HK, Nikus K, Nutile T, Ohkubo T, Ohnaka K, Parish S, Paternoster L, Peng H, Peters A, Pham ST, Pinidiyapathirage MJ, Rahman M, Rakugi H, Rolandsson O, Ann Rozario M, Ruggiero D, Sala CF, Sarju R, Shimokawa K, Snieder H, Sparsø T, Spiering W, Starr JM, Stott DJ, Stram DO, Sugiyama T, Szymczak S, Tang WHW, Tong L, Trompet S, Turjanmaa V, Ueshima H, Uitterlinden AG, Umemura S, Vaarasmaki M, van Dam RM, van Gilst WH, van Veldhuisen DJ, Viikari JS, Waldenberger M, Wang Y, Wang A, Wilson R, Wong TY, Xiang YB, Yamaguchi S, Ye X, Young RD, Young TL, Yuan JM, Zhou X, Asselbergs FW, Ciullo M, Clarke R, Deloukas P, Franke A, Franks PW, Franks S, Friedlander Y, Gross MD, Guo Z, Hansen T, Jarvelin MR, Jørgensen T, Jukema JW, Kähönen M, Kajio H, Kivimaki M, Lee JY, Lehtimäki T, Linneberg A, Miki T, Pedersen O, Samani NJ, Sørensen TIA, Takayanagi R, Toniolo D; BIOS-consortium; CARDIo GRAMplusCD; LifeLines Cohort Study; InterAct Consortium, Ahsan H, Allayee H, Chen YT, Danesh J, Deary IJ, Franco OH, Franke L, Heijman BT, Holbrook JD, Isaacs A, Kim BJ, Lin X, Liu J, März W, Metspalu A, Mohlke KL, Sanghera DK, Shu XO, van Meurs JBJ, Vithana E, Wickremasinghe AR, Wijmenga C, Wolffenbuttel BHW, Yokota M, Zheng W, Zhu D, Vineis P, Kyrtopoulos SA, Kleinjans JCS, McCarthy MI, Soong R, Gieger C, Scott J, Teo YY, He J, Elliott P, Tai ES, van der Harst P, Kooner JS, Chambers JC.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師