新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立国際医療研究センター病院 乳腺内分泌外科 医長・診療科長

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本乳癌学会 乳腺認定医・乳腺専門医・指導医 日本遺伝性腫瘍学会 遺伝性腫瘍専門医 日本臨床外科学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本臨床腫瘍学会 会員 日本人類遺伝学会 会員 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 会員

北川 大 きたがわ だい 先生

公開日
2020/08/26

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 乳腺外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本乳癌学会 乳腺認定医・乳腺専門医・指導医
日本遺伝性腫瘍学会 遺伝性腫瘍専門医
日本臨床外科学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本臨床腫瘍学会 会員
日本人類遺伝学会 会員
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 会員
  • 国立国際医療研究センター病院 乳腺内分泌外科 医長・診療科長

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1999年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業
1999年 国家公務員共済連合会 虎の門病院 外科レジデント
2005年 国家公務員共済連合会 虎の門病院 乳腺・内分泌外科 医員
2006年 がん・感染症センター都立駒込病院 乳腺外科
2014年 がん研究会有明病院 乳腺外科 副医長
2015年 がん研究会有明病院 乳腺外科 医長
2020年 国立国際医療研究センター病院 乳腺内分泌外科 医長・診療科長

論文

  • 1)Plevalence of disease-causing genes in Japanese patients with BRCA1/2-wildtype hereditary breast and ovarian cancer syndrome.

    Tomoko Kaneyasu, Seiichi Mori, Hideko Yamauchi, Shozo Ohsumi, Shinji Ohno, Daisuke Aoki, Shinichi Baba, Junko Kawano, Yoshio Miki, Naomichi Matsumoto, Masao Nagasaki, Reiko Yoshida, Sadako Akashi-Tanaka, Takuji Iwase, Dai Kitagawa, et al., NPJ Breast Cancer. 2020 Jun 12;6:25. doi: 10.1038/s41523-020-0163-1. eCollection 2020.

  • 2)Phase I dose-escalation trial to repurpose propagermanium, an oral CCL2 Inhibitor, in patients with breast cancer.

    Masuda Takaaki, Noda Miwa, Kogawa Takahiro, Kitagawa Dai, Hayashi Naoki, Jomori Takahito, Nakanishi Yoichi, Nakayama Keiichi, Ohno Shinji, Mimori Koshi, Cancer Science, 2020 Mar;111(3):924-931

  • 3)Five screening-detected breast cancer cases in initially disease-free BRCA1 or BRCA2 mutation carriers.

    Satoko Shimada, Reiko Yoshida, Eri Nakashima, Dai Kitagawa, et al., Breast Cancer. Vol.26(6), p846-851, 2019.

  • 4)Mutation status of RAD51, PALB2, and BRIP1 in 100 Japanese familial breast cancer cases without BRCA1 and BRCA2 mutations.

    Katsutoshi Sato, Mio Koyasu, Sachio Nomura, Yuri Sato, Mizuho Kita, Yuumi Ashihara, Yasue Adachi, Shinji Ohno, Takuji Iwase, Dai Kitagawa, Eri Nakashima, Reiko Yoshida, Yoshio Miki, Masami Arai. Cancer Science, vol. 108, Issue 11, p2287-2294, 2017(https://doi.org/10.1111/cas.13350)

  • 5)Surgical excision without whole breast irradiation for complete resection of ductal carcinoma in situ identified using strict, unified criteria.

    Sakai T, Iwase T, Teruya N, Kataoka A, Kitagawa D, Nakashima E, Ogiya A, Miyagi Y, Iijima K, Morizono H, Makita M, Gomi N, Oguchi M, Ito Y, Horii R, Akiyama F, Ohno S. Am J Surg. 2016 Nov 30. pii: S0002-9610(16)30959-X.

  • 6)Optimal surveillance for postoperative metastasis in breast cancer patients.

    Masujiro Makita, Takehiko Sakai, Akiko Ogiya, Dai Kitagawa, et al. Breast Cancer, vol.23, p286-294, 2016

  • 7)Comparision of outcomes between women with De novo stage IV and relapsed breast cancer.

    Dai Kitagawa, et al. J Nippon Med Sch, vol.81(3), 2014

  • 8)PTX+CBDCA併用療法を術前投与した卵巣癌合併乳癌の1例. 癌と化学療法, 39巻6号1013-116頁, 2012年

  • 9)当科におけるStageⅣ乳癌の現状と問題点についての検討. 乳癌の臨床, 26巻5号585-592頁, 2011年

  • 10)欧米とわが国における標準治療の違い 乳癌 格差-化学療法、手術、放射線含め. 癌と化学療法, 34巻5号690-693頁, 2007年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師