新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立国際医療研究センター 国際医療協力局 人材開発部研修課

井上 信明 いのうえ のぶあき 先生

1996年奈良県立医科大学を卒業後、2002年に小児救急を学ぶために渡米。アメリカおよびオーストラリアで小児救急医療に携わった後、2010年1月に帰国し、都立小児総合医療センター救命救急科医長に就任。2016年より国立国際医療研究センター 国際医療協力局 人材開発部研修課。自らを「子どもの救急医」と称し、内科的分野から外傷など外科的分野まで、子どもに関するあらゆる疾病を診察する。日本で数少ない小児救急医の一人であり、日本に北米型小児ERを普及するべく活動している。その一方で、地域医療や国際保健活動にも積極的に携わる。多くの後進の小児救急医を育成しており、その教育を受けるべく全国各地から若手医師が集う。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 救急科
  • 小児科
  • 小児救急

資格・学会・役職

  • 国立国際医療研究センター 国際医療協力局 人材開発部研修課
  • 米国小児科 専門医
  • 米国小児救急 専門医
  • 公衆衛生学修士(国際保健) 修了

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1996年 奈良県立医科大学卒
    天理よろづ相談所病院、茅ヶ崎徳洲会病院にて初期研修、小児科、救急研修
2002年 ハワイ大学小児科レジデント
2005年 ロマリンダ大学医学部救急科小児救急フェロー
2009年 豪州マーター小児病院救急科フェロー
2010年 都立小児総合医療センター 医長
2016年 国立国際医療研究センター 国際医療協力局 人材開発部研修課

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師