新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立国際医療研究センター病院 がん総合診療センター 副センター長、乳腺・腫瘍内科 医長

日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

清水 千佳子 しみず ちかこ 先生

腫瘍内科の医師として、主に乳がんの術前・術後の薬物療法、進行再発患者の治療を担当。所属する国立国際医療研究センター病院 乳腺センターでは、複数の診療部門、支援部門との連携を実現し、患者さん中心の医療の提供に尽力。患者さんとの対話を大切にしながら、良質なケアを提供することができるよう努めている。

清水先生のストーリー記事

「Do the right thing」、私の判断は患者さんにとっての最善であるかを問い続けたい
「Do the right thing」、私の判断は患者さんにとっての最善であるかを問い続けたい

新たに立ち上げた乳腺・腫瘍内科で、患者さん中心のチーム医療を目指す清水 千佳子先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • 清水先生の乳がんに関する得意な領域
    • 薬物療法(ホルモン療法、分子標的療法、化学療法)
  • 進行再発乳がんの治療
  • サバイバーシップ

資格・学会・役職

日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 国立国際医療研究センター病院 がん総合診療センター 副センター長、乳腺・腫瘍内科 医長
  • 日本臨床腫瘍学会 協議員
  • 日本乳癌学会 評議員
  • 日本がん・生殖医療学会 理事
  • AYAがんの医療と支援のあり方研究会 副理事長
  • 東京医科歯科大学 非常勤講師

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1996年 東京医科歯科大学医学部医学科卒業
1998年 国立がんセンター中央病院レジテント、がん専門修練医
2001年 M. D. Anderson Cancer Center Japanese Medical Exchange Program短期留学
2001年 国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科医員(~2012年)
2012年 同 医長(~2017年)
2017年 10月より現職

論文

1. Mori M, Shimizu C, Ogawa A, Okusaka T, Yoshida S, Morita T. What determines the timing of discussions on forgoing anticancer treatment? A national survey of medical oncologists. Support Care Cancer. 2018 Aug 25. doi: 10.1007/s00520-018-4423-7. [Epub ahead of print]
2. Ohara A, Furui T, Shimizu C, Ozono S, Yamamoto K, Kawai A, Tatara R, Higuchi A, Horibe K. Current situation of cancer among adolescents and young adults in Japan. Int J Clin Oncol. 2018 Jul 30. doi: 10.1007/s10147-018-1323-2.
3. Kanke Y, Shimomura A, Saito M, Honda T, Shiraishi K, Shimada Y, Watanabe R, Yoshida H, Yoshida M, Shimizu C, Takahashi K, Totsuka H, Ogiwara H, Hirose S, Kono K, Tamura K, Okamoto A, Kinoshita T, Kato T, Kohno T*. Gene aberration profile of tumors of adolescent and young adult females. Dec 29;9(5):6228-6237.
4. Hironaka-Mitsuhashi A, Matsuzaki J, Takahashi RU, Yoshida M, Nezu Y, Yamamoto Y, Shiino S, Kinoshita T, Ushijima T, Hiraoka N, Shimizu C, Tamura K, Ochiya T*. A tissue microRNA signature that predicts the prognosis of breast cancer in young women. PLoS One. 2017 Nov 15;12(11):e0187638
5. Tanabe Y, Shimizu C, Hamada A, Hashimoto K, Ikeda K, Nishizawa D, Hasegawa J, Shimomura A, Ozaki Y, Tamura N, Yamamoto H, Yunokawa M, Yonemori K, Takano T, Kawabata H, Tamura K, Fujiwara Y.  Paclitaxel-induced sensory peripheral neuropathy is associated with an ABCB1 single nucleotide polymorphism and older age in Japanese. Cancer Chemother Pharmacol. 2017 Jun;79(6):1179-1186.
6. Tanabe Y, Tsuda H, Yoshida M, Yunokawa M, Yonemori K, Shimizu C, Yamamoto S, Kinoshita T, Fujiwara Y, Tamura K.  Pathological features of triple-negative breast cancers that showed progressive disease during neoadjuvant chemotherapy.  Cancer Sci. 2017 Jul;108(7):1520-1529
7. Takeuchi E, Kato M, Wada S, Yoshida S, Shimizu C, Miyoshi Y. Physicians’ practice of discussing fertility preservation with cancer patients and the associated attitudes and barriers. Support Care Cancer 2017;25:1079-1085
8. Ono M, Tsuda H, Yoshida M, Shimizu C, Kinoshita T, Tamura K. Prognostic Significance of Progesterone Receptor Expression in Estrogen-Receptor Positive, HER2-Negative, Node-Negative Invasive Breast Cancer with a Low Ki-67 Labeling Index. Clin Breast Cancer. 2017;17(1):41-47.
9. Okuma HS, Koizumi F, Hirakawa A, Nakatochi M, Komori O, Hashimoto J, Kodaira M, Yunokawa M, Yamamoto H, Yonemori K, Shimizu C, Fujiwara Y, Tamura K. Clinical and microarray analysis of breast cancers of all subtypes from two prospective preoperative chemotherapy studies. Br J Cancer. 2016;115(4):411-419
10. Shimomura A, Shiino S, Kawauchi J, Takizawa S, Sakamoto H, Matsuzaki J, Ono M, Takeshita F, Niida S, Shimizu C, Fujiwara Y, Kinoshita T, Kenji T, Ochiya T. A novel combination of serum microRNAs for detecting breast cancer in the early stage. Cancer Sci. Mar;107(3):326-34.2016
11. Harano K, Yonemori K, Hirakawa A, Shimizu C, Katsumata N, Gemma A, Fujiwara Y, Tamura K. The influence of familial factors on the choice of the place of death for terminally ill breast cancer patients: a retrospective single-center study. Breast Cancer. 2016; 23: 797-806.
12. Mukai H, Arihiro K, Shimizu C, Masuda N, Miyagi Y, Yamaguchi T, Yoshida T. Stratifying the outcome after neoadjuvant treatment using pathological response classification by the Japanese Breast Cancer Society. Breast Cancer. 2016;23:73-7.
13. Shimizu C, Mogushi K, Morioka MS, Yamamoto H, Tamura K, Fujiwara Y, Tanaka H. Fc-Gamma receptor polymorphism and gene expression of peripheral blood mononuclear cells in patients with HER2-positive metastatic breast cancer receiving single-agent trastuzumab. Breast Cancer 2016;23:624-32.

著書

1. 日本がん・生殖医療学会(編)乳がん患者の妊娠・出産と生殖医療に関する診療の手引き。金原出版、東京 (2017)。
2. 渡辺亨(監修)安藤正志、勝俣範之、清水千佳子、鶴谷純司、原文堅(編)。Expert Choice 乳がんレジメン。先端医学社、東京(2015)。
3. 国立がん研究センター中央病院乳腺グループ(編)。乳癌診療アプリケーションノート。南山堂、東京 (2014)。
4. 木下貴之、藤原康弘、宮本慎平、伊丹純、清水千佳子、的場元弘、渡邊清高、片野田耕太(監修)。国立がん研究センターのがんの本。乳がん 治療・検査・療養。小学館、東京(2013)。

その他

  • 【受賞】2014年 あけぼの会 Doctor of the Year 2014

  • 【受賞】2017年 日本乳癌学会 Breast Cancer優秀論文賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師