新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立国際医療研究センター病院 産婦人科 診療科長

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本生殖医学会 生殖医療専門医・幹事 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・代議員

大石 元 おおいし はじめ 先生

公開日
2020/10/05

大石先生のストーリー記事

手術と不妊治療を組み合わせて、さまざまな女性の力になりたい
手術と不妊治療を組み合わせて、さまざまな女性の力になりたい

腹腔鏡下手術と不妊治療を専門とする大石 元先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産婦人科
  • 生殖内分泌
  • 女性医学
  • 低侵襲手術(腹腔鏡・子宮鏡・ロボット支援下手術)

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本生殖医学会 生殖医療専門医・幹事
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・代議員
  • 国立国際医療研究センター病院 産婦人科 診療科長

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1998年 東京大学医学部 卒業と同時に東大産婦人科に入局
1998年 東京大学医学部附属病院、稲田登戸病院(廃院)、国立霞ヶ浦医療センター、三楽病院で研修
2005年 東京大学大学院 修了(医学博士)
2008年 2年間カナダ国ブリティシュコロンビア大学産婦人科 留学(博士研究員)
2010年 東大産婦人科 助教
2013年 国立国際医療研究センター病院産婦人科 医長
2018年 同 診療科長

論文

  • The human gonadotropin-inhibitory hormone ortholog RFamide-related peptide-3 suppresses gonadotropin-induced progesterone production in human granulosa cells.

    Oishi H, Klausen C, Bentley GE, Osugi T, Tsutsui K, Gilks CB, Yano T, Leung PC. Endocrinology. 153(7): 3435-45: 2012

  • Spontaneous cessation and recurrence of massive uterine bleeding can occur in uterine artery pseudoaneurysm after laparoscopically assisted myomectomy.

    Oishi H, Wada-Hiraike O, Osuga Y, Yano T, Kozuma S, Taketani Y. J Obstet Gynaecol Res. 39:598-602; 2013

  • SIRT3 positively regulates the expression of folliculogenesis- and luteinization-related genes and progesterone secretion by manipulating oxidative stress in human luteinized granulosa cells. Endocrinology. 155:3079-3087, 2014

    Fu H, Wada-Hiraike O, Hirano M, Kawamura Y, Sakurabashi A, Shirane A, Morita Y, Isono W, Oishi H, Koga K, Oda K, Kawana K, Yano T, Kurihara H, Osuga Y, Fujii T.

  • The emerging role of FOXL2 in regulating the transcriptional activation function of estrogen receptor β:an insight into ovarian folliculogenesis. Reprod Sci 24:133-141; 2017

    Hirano M, Wada-Hiraike O, Fu H, Akino N, Isono W, Sakurabashi A, Fukuda T, Morita Y, Tanikawa M, Miyamoato Y, Nishi Y, Yanase T, Harada M, Oishi H, Yano T, Koga K, Oda K, Kawana K, Fujii T, Osuga Y.

  • Bentley GE, Leung PCK. 研究フロンティア- 卵巣顆粒膜細胞における GnIH の生理作用.日本生殖内分泌学会雑誌.17:21-25; 2012

    大石 元,矢野 哲,武谷雄二,筒井和義

  • 卵子提供により双胎妊娠し,その後重症妊娠高血圧症候群を発症した一例.関東連合産科婦人科学会誌 53(4):519-523; 2016

    郷田 朋子, 大石 元, 諸宇ヒブン, 大西賢人, 寺尾美代子, 張 士青, 中西美紗緒, 桝谷法生, 高本真弥, 定月みゆき, 矢野 哲.

  • 腹腔鏡下に診断治療し得た腹膜妊娠の1例.日産婦内視鏡学会誌.32:240-243; 2016.

    中西美紗緒,大石 元,大西賢人,上野山麻水,定月みゆき,矢野 哲.

著書

  • 大石 元.子宮内膜スクラッチによる着床促進 産科と婦人科 85(3):299-303, 2018年

  • 大石 元.GnRHの構造,作用,分泌調節機能 Science and Practice 産科婦人科臨床シリーズ 1 生殖生理 p.38-48中山書店 2019年

  • 大石 元.不妊症・不育症 看護学テキスト NiCE 病態・治療論[13] 産科婦人科疾患 p157-171 南江堂 2019年

その他

  • 【受賞】2006年 日本内分泌学会 YIA

  • 【受賞】2012年 日本生殖内分泌学会 学術奨励賞 "

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師