だいちょうがん

大腸がん

大腸・小腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

大腸は、部位ごとに上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられます。大腸がんは、これらの部位のうちいずれかに発生したがんのことをいいます。日本では直腸がんが多くみられるとされています。大腸がんの成り立ちには、良性のポリープの状態を経て一部ががん化するものと、正常な大腸粘膜から直接発生するものの2種類があります。

大腸の壁は内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜(しょうまく)の5層に分かれています。大腸がんは一番内側の粘膜に発生して、その後徐々に深く広がっていきます。がんが大きくなると周辺のリンパ節に転移を起こしたり、がん細胞がリンパ液や血液の流れにのって離れた臓器に転移を起こしたりします。

原因

大腸がんは近年増加傾向にあり、その原因のひとつは食生活の欧米化とされています。具体的に大腸がんになりやすい要因として以下のことが指摘されています。

  • 動物性たんぱく質や脂肪の摂りすぎ
  • 食物繊維の摂取が少ない
  • 運動不足
  • 肥満
  • 飲酒
  • 喫煙

など

また、遺伝的な要因も関係しているとされ、家族に大腸がんにかかった人がいる場合には大腸がんがみつかる確率も高くなることがわかっています。大腸がんは40歳代から増え始め、50歳代で加速的に増加し、年齢が高くなるほど多くなる傾向があります。

症状

大腸がんは初期の段階では症状が現れにくい病気です。がんができて大きくなってくると、以下の症状が現れます。

  • 便が細くなる
  • 便秘気味、もしくは下痢と便秘を繰り返して便通が安定しない状態になる
  • 便がなかなか出ずお腹が張る
  • 便に血が混じる
  • 体重が減少する

など

大きくなった大腸がんが便をせき止めてしまうことで、嘔吐や腹痛が起こることもあります。また、大腸がんが肝臓や肺に遠隔転移をおこして、その病変が他の検査で先に見つかることもあります。

検査・診断

大腸がんは早い段階で発見・治療できれば、多くは完治させることができます。しかし、早期の大腸がんは自覚症状がないため、発見されないまま大きくなることも少なくありません。早期の段階で発見するためには、無症状のうちに検診などを受けることが大切です。

便潜血検査

大腸がんのスクリーニング検査として、検診などで広く行われている検査です。便の中の血液成分を検出するもので、患者さんの負担が少ない検査です。ただし、痔や腸炎など大腸がん以外の病気でも陽性になることがあるため、検査結果が陽性だからといって大腸がんが必ずあるわけではありません。また逆に陰性であっても大腸がんがないとは言い切れません 。この検査の大腸がんに対する感度は早期がんで61.3%、進行癌で85.6%となっています。

大腸がんが疑われる場合や便潜血検査で陽性となり精密検査が必要となった場合には、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)で確定診断を行います。また、がんのある部位や全身への広がりを評価するために、CTコロノグラフィーや注腸造影検査、CTスキャン、MRI検査などを行います。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

肛門から内視鏡(大腸カメラ)を挿入して大腸の内部を直接観察します。早期の大腸がんや小さなポリープも見つけることができ、病変の組織を採取して大腸がんの確定診断をつけることができます。また治療の必要な良性ポリープや小さな大腸がんは検査と同時に切除することが可能です。ただし、検査前には下剤を内服するなどして腸の中を空にする必要があるため、患者さんへの負担も少なくはない検査です。

CTコロノグラフィー

炭酸ガスで大腸を膨らませてからCT撮影(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)を行う方法です。バーチャルコロノグラフィーとも呼ばれています。

ガスを入れるためお腹が張る感じがしますが、大腸内視鏡検査に比べると少量の下剤の内服で行えます。海外では大腸カメラによる内視鏡検査に替わるものとして検診時に広く行われており、今後日本でも普及する可能性があります。

注腸造影検査

下剤を内服して腸を空にし、肛門からバリウムと空気を注入してレントゲン写真を撮影します。がんの位置や大きさ、大腸の内腔の狭さなどを調べることができます。

画像検査

CTスキャン検査、MRI検査、腹部超音波検査、PET検査などの画像検査を行い、がんがどこまで広がっているかを評価します。周りの組織にどの程度浸潤しているか、また遠くの臓器に転移があるか(遠隔転移)について見極め、がんの進行の程度を評価します。

治療

大腸がんでは、がんの進行の程度(ステージ:病期)ごとに治療方針を決定します。実際の治療にあたっては、病期だけでなく患者さんの全身の状態や合併症なども考慮して治療方法を決定します。

内視鏡治療

内視鏡(大腸カメラ)を使って大腸の内側からがんの病巣を取り除く治療法です。手術に比べ、患者さんへの負担は少ないという特徴があります。

切除の方法には、内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などがあります。大腸粘膜に限局する0期の大腸がんや、粘膜下層まで達するI期のうち早期段階の大腸がんに対して行われます。

手術治療

以下の大腸がんの場合、一般的に切除のための手術が行われます。

  • Ⅰ期のうち浸潤が進んだがんや、大腸の深い層まで浸潤しているがん
  • リンパ節転移のないⅡ期のがん
  • リンパ節に転移しているⅢ期のがん

遠隔転移のあるⅣ期のがんには、手術治療を行う場合と行わない場合があります。

手術では、がんのある腸管とリンパ節を切除し、がんが周りの臓器に広がっている場合には併せて切除を行います。基本的には開腹または腹腔鏡による手術を行います。

状況や手術の方法によっては、一時的もしくは永久的な人工肛門の造設術が必要となることもあります。

化学療法(抗がん剤治療)

大腸がんにおける化学療法の目的は主に以下の3つです。

  • 手術治療前にがんを小さくして切除しやすくする
  • 手術後に取り切れなかったがんや転移した病変を小さくする
  • 手術後に再発を予防する

近年では、大腸がんに対して効果のある抗がん剤が次々と開発されています。手術前に化学療法を行うケースも増えています。手術後の化学療法は、患者さんの状態に合わせ、副作用も考慮しながら行います。

放射線治療

Ⅳ期のがんの場合、手術後に化学療法と合わせて放射線治療を行うことがあります。近年では手術前に根治性を高めるために 、化学療法と放射線治療を組み合わせて行うことも増えています。また、切除できない大腸がんによる症状を緩和するために放射線治療を行うケースもあります。

大腸がんの遠隔転移巣に対する治療

大腸がんは肝臓・肺・脳などの重要な臓器に転移しやすいという特徴があります。こうした遠隔転移がある場合の治療方針は、患者さんの全身状態や合併症などを十分に考慮しながら決めていきます。

転移(遠隔転移巣)がある場合の治療方針

肝転移

肝切除・全身化学療法・肝動注療法・熱凝固療法などがあります。根治切除可能な肝転移には、肝切除が推奨されています。

肺転移

肺切除・全身化学療法・放射線療法があります。肺転移巣の切除が可能であれば肺切除を考慮します。

脳転移

治療効果が期待できる場合、手術療法や放射線療法を考慮します。切除不能な場合には放射線療法を検討します。

その他

副腎・皮膚・脾などの転移に対しても切除可能な場合は切除を考慮します。しかし、これらの転移は他の臓器の転移を伴っていることが多いため、化学療法や放射線療法が適応となることが多いです。

「大腸がん」に関連する他の記事
もっと見る