Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

医療相談 初回無料

インストール

大腸がんに対する腹腔鏡下手術の特徴とは?

疾患啓発(スポンサード)

最終更新

2019/02/06

2019 年 02 月 06 日
更新しました
2019 年 02 月 01 日
掲載しました
大腸がんに対する腹腔鏡下手術の特徴とは?
小竹 優範 先生

厚生連高岡病院 消化器外科部長

小竹 優範 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

大腸がんの手術では、近年、腹腔鏡*を用いた腹腔鏡下手術が一般的になってきています。腹腔鏡下手術には、開腹手術と比べて手術による傷が小さいために痛みが少なく回復が早いという特徴があります。

また、排尿機能や排便機能、性機能などの温存につながるといわれています。それはなぜなのでしょうか。今回は、厚生連高岡病院の小竹 優範(まさのり)先生に、大腸がんに対する腹腔鏡下手術の特徴についてお話しいただきました。

腹腔鏡:先端にカメラがついた小型の内視鏡

大腸がんの手術方法

大腸がんの手術には、主に開腹手術と腹腔鏡下手術があります。

開腹手術

大腸がんの手術として従来から行われてきた開腹手術では、腹部を切開し、がんの切除と共に、がんが広がっている腸管や周辺のリンパ節の切除を行います。一般的に、腹腔鏡下手術が普及した近年でも、がんが広範囲に広がり切除する部位が大きい進行がんに対しては、腹腔鏡下手術による切除が難しいため開腹手術が選択されることが多いです。

腹腔鏡下手術

開腹手術と共に、近年では、腹腔鏡を用いた腹腔鏡下手術が一般的になっています。腹腔鏡下手術では、二酸化炭素をお腹の中に入れて膨らませ、へそから腹腔鏡を挿入し、お腹の中をモニターに映し出しながら、がんが広がっている腸管の切除や、切除した腸管をつなぎ合わせる吻合(ふんごう)、がん周辺のリンパ節を切除するリンパ節郭清(かくせい)を行っていきます。

腹腔鏡下手術では、鉗子(かんし)*を挿入するためにお腹の左右2箇所ずつに穴を開けます。また、へそに2〜4cm程度の穴を開け、そこから手術操作を行う単孔(たんこう)手術を行うこともあります。

特に早期の大腸がんであれば、腹腔鏡下手術によって、がんの切除を行うことが多くなっています。

鉗子:血管や腸管、神経などを挟むための手術道具

腹腔鏡下手術の特徴

手術による傷が小さく早期回復につながる

腹腔鏡下手術の特徴として、手術による傷が小さい点が挙げられます。

開腹手術では20cm程度切開することが多い一方、腹腔鏡下手術では、鉗子を挿入するために開ける穴以外の3〜5cm程度の切開のみで手術を行います。このように手術による傷が小さいために術後の痛みが軽減され、早期回復につながると考えられています。

手術の様子
手術の様子

神経や血管の温存が可能になる

また、腹腔鏡によって病巣を拡大して映し出すことで、細かい神経や血管まで確認することが可能です。そのため、がんの根治性を保ったうえで、排尿機能や排便機能、性機能などを調整する神経を損傷することなく手術を行うことができます。

特に、大腸の中でも直腸は排尿機能や排便機能を司る自律神経が近くに通っています。そのため直腸を切除する際にそれらの神経が損傷されると、排尿機能や排便機能、性機能などの障害に直結することがあります。たとえば、若い方であれば、それらの神経を損傷することで性機能に障害が起こり、不妊につながるケースもあるため、妊娠や出産を希望される若い患者さんに対しても、神経を温存することが可能な腹腔鏡下手術は有効と考えられます。

腹腔鏡関連イラスト