広島大学病院 感染症科教授

日本外科学会 外科指導医 日本消化器外科学会 消化器外科指導医 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病指導医 日本感染症学会 感染症指導医

大毛 宏喜 おおげ ひろき 先生

  • 広島県
  • 消化器外科
  • 感染症内科

広島大学医学部卒業後、アメリカのミネソタ大学大腸外科留学等の経験を経て、広島大学病院感染症科教授を務めている。炎症性腸疾患や大腸がんなど、下部消化管疾患の外科的治療に携わる一方で、感染症診療にも力を注いでいる。

基本情報

診療科

  • 消化器外科
  • 感染症内科

受診可能な病気と得意な領域

その他の得意な領域

  • 下部消化管外科全般
  • 感染症学

資格・所属学会

日本外科学会 外科指導医
日本消化器外科学会 消化器外科指導医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病指導医
日本感染症学会 感染症指導医

役職など

  • 広島大学病院 感染症科教授
  • 医学博士 取得
  • 日本環境感染学会 理事
  • 日本嫌気性菌感染症学会 理事
  • 日本臨床腸内微生物学会 理事
  • 日本大腸肛門病学会 評議員
  • 日本化学療法学会 評議員
  • 日本外科感染症学会 評議員

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1991年 広島大学医学部卒業、広島大学第一外科入局
2002年 ミネソタ大学大腸外科留学
2004年 広島大学大学院医歯薬学総合研究科外科学助教
2010年 広島大学病院感染症科教授

論文

Ohge H, Furne JK, Springfield J, Rothenberger DA, Madoff RD, Levitt MD. Association between fecal hydrogen sulfide production and pouchitis. Dis Colon Rectum 2005:48(3):469-475.

著書

Intestinal Gas (Chapter 10). Sleisenger & Fordtran’s Gastrointestinal and Liver Disease. Ohge H, Levitt, MD. Saunders Company, Philadelphia, PA, 8th Edition 2005.

その他

  • Zieve Award:Minneapolis VA Medical Center年間最優秀リサーチ 2003年

  • Durand Smith MD Award:米国大腸外科学会総会最優秀演題 2004年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。