疾患啓発(スポンサード)

少ない苦痛で大腸がんを早期発見−大腸CT検査の方法やメリット・デメリット

少ない苦痛で大腸がんを早期発見−大腸CT検査の方法やメリット・デメリット
服部 昌志 先生

医療法人山下病院 理事長

服部 昌志 先生

山崎 通尋 さん

医療法人山下病院 放射線部部長

山崎 通尋 さん

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

皆さんは、大腸がん検診を受けたことはありますか?大腸がんは、早期の段階で治療を行えば命を落とすことは少なく、早期発見のためには検診が重要です。大腸がん検診では、便潜血検査*や大腸内視鏡検査*が行われますが、近年大腸がん検診のひとつとして有用と考えられているものが、内視鏡を挿入せずに大腸内の3D画像を得ることができる「大腸CT検査」です。

今回は、医療法人山下病院 理事長である服部昌志先生と、同病院 放射線部部長である山﨑通尋さんに、大腸CT検査についてお話を伺いました。

*便潜血検査…便の中に血液が混じっていないか調べる検査

*大腸内視鏡検査…内視鏡と呼ばれる小型のカメラを肛門から挿入し、大腸内を観察する検査

大腸がん検診の現状

「要精密検査」といわれて精密検査を受けている方は、約半数しかいない

大腸がんは、全てのがんのうち男女合わせて患者数がもっとも多いがんです。それにもかかわらず、大腸がん検診の受診率は低く、2016年の大腸がん検診受診率(40〜69歳)は、男性で44.5%、女性で38.5%であったと報告されています。

さらに、大腸がん検診(便潜血検査)の結果、精密検査が必要と判定された方のうち、約50%の方しか再検査を受けていないという報告もあります。

この大きな理由として、

  • 大腸内視鏡検査は辛そうだから
  • 下剤を服用するのが大変だから
  • 恥ずかしいから

などと思っている方が多いことが分かっています。

本来、大腸がんは早期に発見されれば、命を落とすことは少ないがんです。しかし、大腸内視鏡検査を敬遠するあまりに、大腸がん検診の受診率は伸び悩んでおり、日本では多くの方が大腸がんで亡くなっています。

そこで、大腸がん検診において有用と考えられている検査が、大腸内視鏡検査よりも少ない苦痛で、大腸内を3Dで確認することができる「大腸CT検査」です。

大腸CT検査で分かること

治療が必要ながんやポリープの検出率は、大腸内視鏡検査とほぼ同等

大腸CT検査とは、大腸を炭酸ガスで膨らませた状態でCT撮影を行い、大腸内を観察する検査です。治療が必要とされる6mm以上のがんやポリープであれば、大腸内視鏡検査とほぼ同等の結果が得られます。

一方、平べったい形をしていたり、小さかったりするものは、大腸CT検査では確認しづらい場合がありますが、小さな病変はみつかったとしても治療の必要がないものがほとんどです。

山下病院の大腸CT検査−方法や検査時間、症例数、費用について

放射線部部長 山﨑通尋さん
放射線部部長 山﨑通尋さん

検査の流れ

大腸CT検査では、まず大腸の動きを抑える鎮痙剤(ちんけいざい)を注射します。そのあとで、鉛筆ほどの細さのチューブを肛門から数cm挿入し、そこから大腸を膨らませるための炭酸ガスを注入します。炭酸ガスを注入することで、少しお腹の張りを感じることがありますが基本的に痛みはなく、炭酸ガスは検査後すみやかに体内に吸収されます。

これらの処置を行ったうえで、仰向けとうつ伏せの2パターンで撮影を行い、検査終了です。

検査時間−撮影自体は数分で終了

大腸CT検査にかかる時間は、約5〜10分です。また、CTの撮影時間は、2パターン撮影しておよそ数分です。CT室に入室してから退出するまでは約15分です。

少量の下剤で病変をみつけることができる「タギング法」

大腸CT検査では、バリウム(経口造影剤)を用いて便と病変を見分ける「タギング法」という方法を用います。

タギング法を用いない従来の大腸CT検査では、腸内に便が残っていると、便と病変を見分けることができないため、約2ℓもの下剤を服用して腸内を完全に綺麗にする必要がありました。

しかし、タギング法による大腸CT検査では、服用したバリウムが便に絡んで白く写し出されるため、腸内を完全に綺麗にする必要がありません。また、便の中に埋もれている病変も写しだすことが可能です。

そのため、検査前に服用する下剤は、約200ml(従来の約10分の1)で済み、患者さんにかかる負担がより軽減されるようになりました。

山下病院の大腸CT検査

ポリープ

山下病院の大腸CT検査

症例数

当院では、2003年に大腸CT検査を開始し、年間およそ2500件の大腸CT検査を実施しています。

費用

大腸CT検査を医師が必要と判断し保険適応を満たしている際には、保険診療となります。検診や人間ドックとして患者さん自身がご希望される場合には、自費診療の「大腸CT検診」として受けていただくため、検診費用として税込28,000円(CT単独)をご請求させていただいております(2019年8月現在)。

大腸CT検査のメリット・デメリット

メリット−身体的負担が少ない、下剤の服用が少ない、偶発症の発症率が低い

大腸CT検査のメリットとして、大腸内視鏡検査に比べて身体的・精神的負担が少ないことが挙げられます。大腸内視鏡検査は、大腸の奥まで内視鏡を挿入する必要があるため、患者さんによっては強い痛みを感じることがあります。しかし、大腸CT検査では、肛門に数cmだけチューブを挿入するだけなので、強い痛みを感じることはほとんどありません。

また、先ほどお話ししたように、検査前に服用する下剤が少量で済むことも大きなメリットです。

そのほか、大腸穿孔(だいちょうせんこう)*などの偶発症*が極めてまれなことも、大腸CT検査のメリットです。

*大腸穿孔…大腸の壁に穴があくこと

*偶発症…検査や治療に伴い起こりうる別の症状

デメリット−小さく平べったい病変は確認しづらい、わずかな放射線被ばくがある

先述したように、小さかったり、平べったかったりする病変は、大腸CT検査では確認できない場合があります。またCT撮影に伴い、ごく少量の放射線被ばくがあることも、デメリットといえます。

大腸CT検査はどのような場合に受ける?

理事長 服部昌志先生
理事長 服部昌志先生

便潜血検査後の1.5次検査

一般的な大腸がん検診では、便潜血検査で陽性反応が出た場合、2次検査として大腸内視鏡検査を受けることが推奨されていますが、大腸内視鏡検査への抵抗感から、2次検査を受けていない方が多くいらっしゃいます。

また、便潜血検査で陽性反応が出たとしても、大腸内視鏡検査をしてみると何も異常がないことは珍しくありません。このような過去の経験から、「大腸内視鏡検査を受けても、辛い思いをするだけで意味がない」と感じている方も多くいらっしゃると思います。

そこで、便潜血検査で陽性となったからといって、いきなり大腸内視鏡検査を受けるのではなく、1.5次検査として苦痛の少ない大腸CT検査を挟むことで、本当に必要な場合にだけ大腸内視鏡検査を受けていただくことができると考えています。

大腸がん検診で最初に行う検査

先述したように、便潜血検査で陽性反応が出たとしても、実際には何も異常がないことは多々あります。その場合、検診を受けた方に不要な心配を強いることになります。

そこで、大腸がん検診の最初のスクリーニングとして、便潜血検査の代わりに大腸CT検査を行うことで、より正確性の高い初期診断を行うことが可能です。

大腸CT検査のこれから

大腸CT検査は少しずつ普及し始めているものの、施設によって読影技術に差があるのが現状です。そこで、将来的には人工知能(AI)の技術を駆使して、機械的に自動診断ができるシステムができれば、どの施設であっても同じクオリティの大腸CT検査が受けられるようになるのではないでしょうか。そして、このようなシステムが構築されれば、大腸CT検査の件数を増やすこともできると考えます。