ぎゃくりゅうせいしょくどうえん

逆流性食道炎

食道

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

逆流性食道炎とは、胃から胃酸が逆流することにより食道部分に炎症が起こる疾患です。胸やけ、げっぷ、のどの違和感などの症状を呈します。近年、食生活の欧米化やピロリ菌感染率の低下、高齢化などにより患者数は増加傾向にあります。

逆流性食道炎は、すぐに命に関わるような病気ではありませんが、諸症状により生活の質が低下するだけでなく、ごくまれに食道がんの原因となることもあるため、注意が必要です。

原因

胃酸の分泌量増加に、胃酸の逆流が起こりやすい要素が加わることが関連していると考えられています。

胃酸分泌の増加を引き起こす要因

食生活

日本でも欧米型の食生活が取り入れられ、肉を多く摂取するようになりました。肉は魚に比べ消化に胃酸を多く必要とするため、分泌量増加の要因になりやすいです。

塩分摂取量の減少

日本人の塩分摂取量減少も、胃酸の分泌増加に関係していると考えられています。

ピロリ菌感染率の低下

ピロリ菌をそのままにすると、胃の粘膜の萎縮を引き起こし胃酸の分泌が低下します。日本では衛生環境の改善や除菌治療の普及によって、ピロリ菌の感染率は大幅に低下しています。感染率の低下に伴い、胃酸の分泌が増加していると考えられます。

胃酸の逆流が起こりやすくなる要因

加齢などにより背骨が曲がり、前かがみになる結果、腹圧が上昇することが挙げられます。また脂肪の摂取量が多いと、食道下部の括約筋を緩めるコレシストキニンという物質が分泌されます。この他、食道裂孔ヘルニアなどの関連性も報告されています。

症状

胃酸が食道に逆流することで胸やけが生じます。食道への刺激が強いと、胸が締め付けられるような痛みを感じることもあります。さらに胃酸が口まで逆流すると、口の中が酸っぱく感じられる呑酸(どんさん)が起こるほか、げっぷの回数が多くなります。

この他、逆流した胃酸により、のどに炎症が起き、痛みなど違和感が生じることがあります。逆流した胃酸を気管に吸い込んでしまうことで、咳や気管支の炎症を起こすこともあります。

胃における食物の消化作用や腸に送り出す動きが弱くなり、胃もたれや食欲不振をまねくこともあります。ときに、食道への刺激が耳の痛みとして感じられることもあります。

検査・診断

問診により患者さんの自覚症状を詳細に把握するとともに、内視鏡検査を実施して食道の状態を確認します。

問診

患者さんの自覚症状を把握することは非常に重要です。QUEST問診票やFスケール問診票などを用いた問診では、およそ60~70%の診断が可能であるといわれています。

内視鏡検査

食道における炎症の程度や範囲の詳細を調べるとともに、他の病気との鑑別を行います。必要に応じて、食道の病変を採取し、病理検査を行います。

PPIテスト

自覚症状があるものの内視鏡検査で異常がみつからない、もしくは内視鏡検査の実施が困難である場合には、胃酸の分泌を抑制する効果のあるプロトンポンプ阻害薬 (PPI) を用いたPPIテストが実施されます。これはプロトンポンプ阻害薬を1週間程服用し、胸やけなどの自覚症状が改善されるかどうかを試す方法です。

治療

生活習慣の改善、薬物療法、内視鏡治療、手術があります。

食生活

胃酸分泌を増加させる要因のひとつとして、食生活が挙げられます。薬物療法と併せて、下記のような生活習慣の改善に取り組むことは、症状改善に効果的であるといわれています。

  • 食事内容の改善
  • 食習慣の改善:就寝前の食事を避けるなど
  • 前かがみの姿勢を避ける
  • 減量する

など

薬物療法

プロトンポンプ阻害薬 (PPI) がよく使用されます。プロトンポンプ阻害薬は胃酸分泌を抑制する効果があり、胃酸の逆流を抑えることができるため、症状の改善が期待できます。

しかし問題となるのは、症状が改善し薬の服用を中止すると、再び同じ症状が現れることが多く認められることです。そのため症状が改善しても、薬の量を減らして服用を続けることもあります。

生活習慣の改善や薬物療法を実施しても改善されなければ、手術が行われることもあります。

「逆流性食道炎」に関連する他の記事
もっと見る