【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 265fb225 d6a3 49aa 9848 809877898c32
胃潰瘍の原因とは? ピロリ菌感染とNSAIDs服薬
胃壁が傷つき、出血や腹痛などが惹き起こされる「胃潰瘍」は、誰もが一度は耳にしたことのある身近な病気のひとつです。胃潰瘍の原因は2つあり、どちらが原因となっているかによって病態も治療法も異なります...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

胃潰瘍の原因とは? ピロリ菌感染とNSAIDs服薬

公開日 2016 年 03 月 21 日 | 更新日 2017 年 12 月 15 日

胃潰瘍の原因とは? ピロリ菌感染とNSAIDs服薬
山根 建樹 先生

国際医療福祉大学教授/塩谷病院消化器内科部長

山根 建樹 先生

胃壁が傷つき、出血や腹痛などが惹き起こされる「胃潰瘍」は、誰もが一度は耳にしたことのある身近な病気のひとつです。胃潰瘍の原因は2つあり、どちらが原因となっているかによって病態も治療法も異なります。胃潰瘍の2大原因とはどのようなものでしょうか。また、一般的に胃潰瘍を惹き起こすといわれるストレスや喫煙、飲酒は、実際に胃潰瘍の発生と関係しているのでしょうか。国際医療福祉大学塩谷病院消化器内科部長の山根建樹先生にお伺いしました。

胃潰瘍の種類

ピロリ菌(胃の中に長期間生息し様々な病気を惹き起こす細菌)によるHp潰瘍

ピロリ菌とは、酸性の環境である胃の中に生息できる細菌です。大腸菌よりもやや大型のらせん形をした桿菌(円筒状の原核生物)で、尿素を分解するウレアーゼという酵素を発生し胃酸を中和することで、酸性の胃の中に棲み続けることを可能にしています。

ピロリ菌は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなど、様々な疾患を惹き起こす原因菌であることが広く知られていますが、これは菌がアンモニアをはじめ、胃粘膜に傷害をきたす種々のサイトカインを産生することによるものです。発展途上国での感染率が高いピロリ菌ですが、現在の日本でも小児期に感染した中高年層の方に多くみられます。ピロリ菌は長年胃の中に棲み続け、病気を惹き起こすという特徴があります。正式名称をヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori:Hp)というため、本記事ではピロリ菌による胃潰瘍のことをHp潰瘍と記します。

非ステロイド系抗炎症薬の服薬によるNSAIDs潰瘍

変形性関節症や腰痛症などで処方される「非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)」が原因で発生する胃潰瘍をNSAIDs潰瘍と記します。NSAIDsは、粘液分泌や血流を調整する胃粘膜の主要な防御因子のプロスタグランジン(PG)の産生に関連する酵素:COX-1(シクロオキシゲナーゼ-1)を阻害することからPGを減少させ、粘膜傷害を惹き起こします。また、膜透過性を亢進させるため、直接的に粘膜を傷害することもあります。

増えるNSAIDs潰瘍とその背景

胃潰瘍の2大原因は、前項までにご説明した通り、ピロリ菌とNSAIDsです。ただし、現在の日本ではピロリ菌の非感染人口が増え、更に除菌療法が普及したことによってピロリ菌感染率は低下しています。一方、人口の高齢化に伴って循環器疾患や整形外科疾患を持つ方が増えたため低用量アスピリンを含めたNSAIDsの使用頻度は増加しています。このような背景があり、現在の日本ではNSAIDs潰瘍の割合が増えています。

上記2大原因のほか、内分泌腫瘍によるZollinger-Ellison症候群、サイトメガロウイルス感染、炎症性腸疾患のクローン病、骨粗鬆症治療薬のビスホスホネートなども胃潰瘍の原因となりますが、頻度は稀です。

ストレスや喫煙は胃潰瘍の「誘因」

しばしばストレスや喫煙が胃潰瘍の原因となるといわれることがありますが、これらは誘因です。強度のストレス(重度の火傷や脳手術など)で胃潰瘍が発生することはありますが稀です。喫煙も胃粘膜の血流を障害し胃の防御因子を低下させることはあっても直接の原因とはなりません。胃潰瘍の誘因にはほかに、飲酒や香辛料、食塩、コーヒーなどのカフェイン摂取があります。

また、NSAIDs潰瘍の発生を助長する危険因子としては以下のようなものが挙げられます。

  • 胃潰瘍の既往(過去に罹患した経験)
  • 高齢
  • 複数もしくは高用量のNSAIDsの服用
  • ステロイド薬の併用
  • 抗血栓薬の併用
  • 心臓や肺、肝臓疾患の合併

東京慈恵会医科大学卒業後、東京慈恵会医科大学附属柏病院消化器・肝臓内科講師などを経て、現在は国際医療福祉大学塩谷病院にて消化器内科部長を務める。消化性潰瘍、胃食道逆流症、機能性胃腸症、大腸ポリープなどの診療にあたっている。

関連記事