新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

不整脈とはどんな状態?〜脈の乱れ方によって徐脈・頻脈・期外収縮に分けられる〜

不整脈とはどんな状態?〜脈の乱れ方によって徐脈・頻脈・期外収縮に分けられる〜
鈴木 誠 先生

横浜南共済病院 循環器内科 総括部長

鈴木 誠 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

不整脈は中年以降の方によく見られる状態で、ときに命の危険を伴い治療が必要となることがあります。そのため、不整脈が疑われる場合は、早めに適切な治療を受けることが重要です。では、不整脈とはどのような状態のことをいうのでしょうか。また、原因や治療には何があるのでしょうか。

不整脈とは、脈が一定でなくなる状態を指します。正常な脈拍数は1分間に50~100回ですが、これが50回以下の場合を“徐脈”、100回以上の場合を“頻脈”、さらに脈が飛ぶことを“期外収縮”といい、これら3つを不整脈と呼びます。

脈とは、血管が伝える心臓の拍動を指し、運動後や精神的興奮があったときなどに変動しますが、これは人間の体の正常な反応です。ただし、これ以外が原因で脈が乱れる場合には不整脈が疑われます。そもそも心臓は体の中を流れる電気刺激によって拍動を繰り返していますが、不整脈では電気刺激が正常につくられないか、伝わらなくなるため脈が乱れてしまうのです。

一般的に不整脈は、初期の段階には自覚症状がないといわれますが、程度がひどくなると多彩な自覚症状が現れます。

徐脈

徐脈とは脈が遅くなる状態を指し、洞不全症候群房室ブロックなどの病態が考えられます。数秒以上脈が途切れるような状態になると、めまいなどの症状が現れ、症状が重いケースでは意識がなくなり、倒れてしまうこともあります。また、脈が遅い状態が続くと体を動かすたびに息切れが生じるようになります。

頻脈

頻脈とは脈が速くなる状態を指し、心房細動発作性上室性頻拍心室頻拍心室細動などの病態が考えられます。脈の乱れなどにより動悸などの症状が見られ、脈が速くなりすぎると吐き気や冷や汗、意識が遠くなるなどの症状も見られます。

期外収縮

期外収縮とは脈が飛ぶ状態を指し、不整脈の中ではもっとも多く見られる状態です。上室性期外収縮、心室性期外収縮などの病態が考えられます。程度がひどくなっても症状が出ないこともありますが、脈が抜けるなどの胸部不快感や数十秒程度で収まる胸の痛みなどが見られます。

不整脈というと一般的に心臓に原因があると考える方もいますが、実はそれだけではありません。主な原因は加齢や自律神経の乱れ、ストレスの蓄積などが考えられており、中年以降では誰にでも起こりうる状態といえます。

ただし、その中でも心臓や肺、甲状腺の病気を抱えている方や高血圧などの生活習慣病の方は特に不整脈が生じやすいことが分かっています。また、QT延長症候群やブルガダ症候群など生まれつき不整脈が生じやすい病気の方もいます。

不整脈には患者によって治療が必要なものとそうでないものがあります。治療が必要な場合には、それぞれ以下のような治療が検討されます。

1分間の脈拍数が40回を下回るような徐脈があり、めまいや息切れなどの症状を伴う場合には、デバイス治療(ペースメーカーを体内に取り付ける治療)などが行われることがあります。ペースメーカーとは、心臓の外から電気刺激を与えることによって正常な拍動を促す医療機器のことで、局所麻酔下で体内に取り付けることができます。

急に意識がなくなったり突然動悸が生じたりするような頻脈では、薬物治療・カテーテル治療・デバイス治療・手術治療が検討されます。

頻脈性不整脈の種類に限らず、原因となる部位が明らかな場合には、アブレーション治療(カテーテルや風船などを用いる)が行われます。カテーテル・アブレーション治療では、血管にカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、不整脈の原因部位まで進め、熱を加えて原因部分を壊死(えし)させます。

心室細動や心拍細動など命に関わる病態の場合には、デバイス治療として植込み型除細動器(ICD)を取り付ける治療が検討されます。ICDとは不整脈を自動的に感知して、心臓に電気ショックを与えることで突然死を予防する医療機器です。ペースメーカーと同様に局所麻酔下で体内に取り付けます。

また、これらの治療が困難な心房細動心室頻拍などでは手術治療が検討されることもあります。

期外収縮の場合、治療は不要であることが一般的です。症状がある場合には、薬物治療によって症状を抑えることがあります。

また、心室性期外収縮ではまれに心筋梗塞(しんきんこうそく)()心筋症などの心臓の病気が原因で出現し、命に関わる不整脈に移行する可能性があるため、原疾患の心臓病に対する精査・治療が行われます。

不整脈の予防にはストレスをためないよう心がけ、規則正しい生活を送ることが大切です。カフェインやアルコールの摂取、喫煙などによって不整脈が誘発されることもあるため、注意しましょう。心臓の病気、高血圧など不整脈が生じやすい基礎疾患を持つ方は、これらの治療を行うことも不整脈の予防につながります。

不整脈には治療の必要がないものから、命に関わるものまでさまざまなタイプがあります。ただし、意識を失うことがあるほか、脈が遅くなって息切れがする、突然動悸がする場合には、治療の必要な不整脈が生じている可能性も考えられます。そのため、不整脈が疑われる症状があり、不整脈を生じやすいとされている心臓や肺、甲状腺の病気を抱えている方や、高血圧などの生活習慣病の方は、早めに医師に相談するようにしましょう。

受診について相談する
  • 横浜南共済病院 循環器内科 総括部長

    鈴木 誠 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が41件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「不整脈」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。