新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京都立小児総合医療センター 循環器科 副院長

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医 日本小児循環器学会 小児循環器専門医・理事 日本成人先天性心疾患学会 暫定専門医・評議員 日本川崎病学会 運営委員会運営委員 日本小児臨床薬理学会 運営委員

三浦 大 みうら まさる 先生

公開日
2020/12/15

先天性心疾患、川崎病を中心に、小児循環器領域全般の診療を行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 【診療科】小児循環器科
  • 【疾患名】成人先天性心疾患、心筋疾患

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医
日本小児循環器学会 小児循環器専門医・理事
日本成人先天性心疾患学会 暫定専門医・評議員
日本川崎病学会 運営委員会運営委員
日本小児臨床薬理学会 運営委員
  • 東京都立小児総合医療センター 循環器科 副院長

所属病院

東京都立小児総合医療センター

  • アレルギー科 血液内科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器科 消化器科 腎臓内科 循環器科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 感染症内科 内分泌内科 代謝内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都府中市武蔵台2丁目8-29
  • JR武蔵野線 西国分寺 南口  バス:総合医療センター(府中メディカルプラザ)行き、西府駅行き 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車 徒歩15分 JR中央線(快速) 国立 府中駅行き 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車 バス10分
  • 042-300-5111
公式ウェブサイト
東京都立小児総合医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1985年 慶應義塾大学医学部 卒業、同小児科学教室 入局
1993年 横浜市立市民病院 小児科 医員
2000年 東京都立清瀬小児病院 循環器科 医長
2002年 米国Northwestern大学小児科 留学
2005年 東京都立清瀬小児病院 循環器科 医長に復帰
2010年 東京都立小児総合医療センター循環器科 医長
2011年 同部長、臨床試験科 兼務
2018年 同副院長

論文

  • 1.Kawasaki disease or Kawasaki-like disease: influence of SARS-CoV-2 infections in Japan. Acta Paediatr. 2020 (in press).

    Iio K, Uda K, Miura M, et al.

  • 2.Real-world safety and effectiveness of infliximab in pediatric patients with acute Kawasaki disease: A postmarketing surveillance in Japan (SAKURA Study). Pediatr Infect Dis J. 2020;39:41-47.

    Miura M, Kobayashi T, Igarashi T, et al.

  • 3.The impact of changes in clinical guideline on practice patterns and healthcare utilizations for Kawasaki disease in Japan. Front Pediatr. 2020;8:114.

    Okubo Y, Miura M, Kobayashi T, et al.

  • 4.Cardiofaciocutaneous syndrome with KRAS gene mutation presenting as chylopericardium. Am J Med Genet A. 2020;182:532-535.

    Akahoshi S, Hirano A, Miura M, et al.

  • 5.Decreased hemoglobin after initial treatment is associated with treatment resistance in Kawasaki disease in Kobayashi risk stratification. World J Pediatr. 2020;16:623-628.

    Atsumi Y, Sakakibara H, Miura M, et al.

  • 6.Acute rheumatic fever and Kawasaki disease occurring in a single patient. Front Pediatr. 2020;8:562.

    Iio K, Fukushima N, Miura M, et al.

  • 7.Clinical and structural aspects of tracheal stenosis and a novel embryological hypothesis of left pulmonary artery sling. Pediatr Pulmonol. 2020;55:747-753.

    Fukushima N, Shimojima N, Miura M, et al.

  • 8.Flecainide improves cardiac synchronization in an early infant with Wolff-Parkinson-White syndrome with left ventricular dyssynchrony. J Cardiol Cases. 2020;22:1-4.

    Sumitomo NF, Fukushima N, Miura M.

  • 9.Successful endocardial catheter ablation of a drug-resistant monomorphic ventricular tachycardia in a child with Brugada syndrome. HeartRhythm Case Rep. 2020;6:641-645.

    Nabeshima T, Sumitomo N, Miura M, et al.

  • 10.Prolonged PR interval in a patient with acute rheumatic fever. QJM. 2019;112(10):817-818.

    Uda K, Horikoshi Y, Miura M.

  • 11.Mode of death and predictors of mortality in adult Fontan survivors: A Japanese multicenter observational study. Int J Cardiol. 2019;276:74-80.

    Ohuchi H, Inai K, Miura M, et al.

  • 12.Efficacy and safety of intravenous immunoglobulin plus prednisolone therapy in patients with Kawasaki disease (Post RAISE): a multicentre, prospective cohort study. Lancet Child Adolesc Health. 2018;2:855-862.

    Miyata K, Kaneko T, Miura M, et al.

  • 13.Association of severity of coronary artery aneurysms in patients With Kawasaki disease and risk of later coronary events. JAMA Pediatr. 2018;172:e180030.

    Miura M, Kobayashi T, Kaneko T, et al.

  • 14.Nebulized hypertonic saline in infants hospitalized with moderately severe bronchiolitis due to RSV infection: A multicenter randomized controlled trial. Pediatr Pulmonol. 2018;53:358-365.

    Morikawa Y, Miura M, Furuhata MY, et al.

  • 15.Retrospective observational study indicates that the paediatric assessment triangle may suggest the severity of Kawasaki disease. Acta Paediatr. 2018;107:1049-1054.

    Kawai R, Nomura O, Tomobe Y, et al.

  • 16.Bradycardia associated with prednisolone in children with severe Kawasaki disease. J Pediatr. 2017;185:106-111.e1.

    Nagakura A, Morikawa Y, Miura M, et al.

  • 17.Study design for control of HEART rate in inFant and child tachyarrhythmia with heart failure Using Landiolol (HEARTFUL): A prospective, multicenter, uncontrolled clinical trial. J Cardiol. 2017;70:232-237.

    Sumitomo N, Horigome H, Miura M, et al.

  • 18.Nationwide survey of patients with giant coronary aneurysm secondary to Kawasaki disease 1999-2010 in Japan. 2017;82:239-246.

    Fukazawa R, Kobayashi T, Miura M, et al.

  • 19.Incidence of and risk factors for severe acute kidney injury in children with heart failure treated with renin-angiotensin system inhibitors. Eur J Pediatr. 2016;175:631-637. Hayakawa I, Miura M. Giant coronary aneurysms in incomplete Kawasaki disease With early spontaneous defervescence. J Clin Rheumatol. 2016;22:40.

    Terano C, Ishikura K, Miura M, et al.

  • 20.Patient-specific human induced pluripotent stem cell model assessed with electrical pacing validates S107 as a potential therapeutic agent for catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. PLoS One. 2016;11:e0164795.

    Sasaki K, Makiyama T, Miura M, et al.

  • 21.A neonatal prolonged QT syndrome due to maternal use of oral tricyclic antidepressants. Eur J Pediatr. 2016;175:1129-1132.

    Fukushima N, Nanao K, Miura M, et al.

  • 22.Development of coronary artery lesions in indolent Kawasaki disease following initial spontaneous defervescence: a retrospective cohort study. Pediatr Rheumatol Online J. 2015;13:44.

    Takahashi T, Sakakibara H, Miura M, et al.

著書

  • 1. 三浦 大,前田 潤,編集.はじめて学ぶ小児循環器(改訂第2版).診断と治療社,2020.

  • 2. 三浦 大.川崎病-増え続ける謎の小児疾患.弘文堂,2019.

  • 3.日本川崎病学会(編集代表).川崎病学.診断と治療社,2018.

その他

  • 【テレビ出演】NHK,Eテレ「今日の健康:川崎病」 2020/4/23

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。