寺田 正次 先生のプロフィール

寺田 正次 先生

てらだ まさつぐ

寺田 正次 先生

東京都立小児総合医療センター心臓血管外科部長

専門分野

先天性心疾患外科治療

紹介

東京女子医科大学日本心臓血圧研究所循環器科にて数多くの心疾患手術を経験後、東京都立清瀬小児病院心臓血管外科部長を経て2010年より現職。子どもの心臓を治療するには強い心構えとイメージトレーニングが大切だという考えのもと、少しでも良質で合併症の残らない手術を行うべく活躍している。

略歴

1982年 金沢大学医学部卒業
1982年 東京女子医科大学日本心臓血圧研究所循環器外科入局
1991年 東京女子医科大学医学博士取得
1995年 東京女子医科大学日本心臓血圧研究所循環器小児外科講師
2000年 横浜市立大学第一外科講師
2005年 横浜市立大学第一外科準教授
2007年 東京都立清瀬小児病院心臓血管外科部長
2010年 東京都立小児総合医療センター心臓血管外科部長

所属学会・資格・役職など

医学博士
心臓血管外科専門医
外科専門医
日本胸部外科学会指導医,日本外科学会指導医
日本小児循環器学界評議員

受賞・著書・論文など

【著書】
1)寺田正次,今井康晴.修正大血管転位症の外科治療-double-switch operation.「新外科学体系 追補3 胸部・血管の外科」幕内雅敏編.222-229.中山書店.1997
2)寺田正次,今井康晴.大血管転位症.「心臓血管外科」川島康生編.257-274. 朝倉書店.2000
3)寺田正次,今井康晴.修正大血管転位症.「心臓血管外科」川島康生編.274-278. 朝倉書店.2000
4)寺田正次.術中管理.「小児心臓外科・ICUマニュアル」門間和夫,今井康晴編.67-77.中外医学社.2001
5)寺田正次、高梨吉則.肺動脈弁、右室流出路異常. 心臓外科. 新井達太編.p 65-72.医学書院.2005
6)寺田正次、高梨吉則.小児外科領域の輸血.心臓手術.小児輸血学.大戸 斉,遠山 博編.p 153-164.中外医学社.2006

【論文】
1)Masatsugu Terada, Yasuharu Imai, Yoshinori Takanashi, Shuichi Hoshino, Kazuhiro Seo, Toshio Nakanishi. Surgical results of direct reconstruction of the pulmonary artery (Pacifico's methos) in the ar

【著書】
1)寺田正次,今井康晴.修正大血管転位症の外科治療-double-switch operation.「新外科学体系 追補3 胸部・血管の外科」幕内雅敏編.222-229.中山書店.1997
2)寺田正次,今井康晴.大血管転位症.「心臓血管外科」川島康生編.257-274. 朝倉書店.2000
3)寺田正次,今井康晴.修正大血管転位症.「心臓血管外科」川島康生編.274-278. 朝倉書店.2000
4)寺田正次.術中管理.「小児心臓外科・ICUマニュアル」門間和夫,今井康晴編.67-77.中外医学社.2001
5)寺田正次、高梨吉則.肺動脈弁、右室流出路異常. 心臓外科. 新井達太編.p 65-72.医学書院.2005
6)寺田正次、高梨吉則.小児外科領域の輸血.心臓手術.小児輸血学.大戸 斉,遠山 博編.p 153-164.中外医学社.2006

【論文】
1)Masatsugu Terada, Yasuharu Imai, Yoshinori Takanashi, Shuichi Hoshino, Kazuhiro Seo, Toshio Nakanishi. Surgical results of direct reconstruction of the pulmonary artery (Pacifico's methos) in the arterial switch operation. Proceedings of the second World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery. Edited by Yasuharu Imai, Kazuo Momma. 953-955. Futura. 1998
2)Masatsugu Terada, Kentaro Hotoda, Miki Toma, Seiichi Hirobe, Shoichiro Kamagata. Surgical management of congenital tracheal stenosis. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2009; 57: 175-83
3)Hiroshi Ninami, Yasuharu Imai, Kazuo Sawatari, Masatsugu Terada, Toshiharu Shinoka, Yoshitaka Sugiyama. Konno procedure for congenital aortic stenosis with a single coronary artery from the left coronary sinus. Journal of Cardiac Surgery. 7. 351-5. 1992
4)Toshio Nakanishi, Nobuo Momoi, Morihiro Satoh, Miho Yamada, Masatsugu Terada, Makoto Nakazawa, Kazuo Momma, Yasuhiro Imai. Growth of the neopulmonary valve annulus after arterial switch operation in transposition of the great arteries. Circulation 94(suppl II): II-27-II-31. 1996
5)Y. Takanashi, Y. Imai, J. Ohta, S. Hosino, K. Seo, M. Terada, M. Nagatsu, M, Aoki. Reoperation for extracardiac conduit obstruction after correction of congenital cardiac anomalies. XXX World Congress of the International College of Surgeons. Kyoto. Japan. 1895-8. 1996
6)Yasuharu Imai, Yoshinori Takanashi, Shuuichi Hosino, Masatsugu Terada, Jun Ohta. Modified Fontan procedure in ninety-nine cases of atrioventricular valve regurgitation. J Thorac Cardiovasc Surg. 113. 262-9. 1997
7)Takeshi Hiramatsu, Yasuharu Imai, Yoshinori Takanashi, Kazuhiro Seo, Masatsugu Terada, Makoto Nakazawa. Hemodynamic effects of human atrial natriuretic peptide after modified Fontan procedure. Ann Thorac Surg. 65. 761-4. 1998
8)Takeshi Hiramatsu, Yoshinori Takanashi, Yasuharu Imai, Shuichi Hoshino, Kazuhiro Seo, Masatsugu Terada, Yusuke Iwata, Hirofumi Tomimatsu. Atrial septal displacement for repair of anomalous pulmonary venous return into the right atrium. Ann Thorac Surg. 65. 1110-4. 1998
9)Takeshi Hiramatsu, Yasuharu Imai, Yoshinori Takanashi, Kazuhiro Seo, Masatsugu Terada, Mitsuru Aoki, Makoto Nakazawa. Time course of endothelin-1 and adrenomedullin after the Fontan procedure. Ann Thorac Surg. 68. 169-72. 1999
10)Yasuharu Imai, Kazuhiro Seo, Masatsugu Terada, Mitsuru Aoki, Toshiharu Shin’oka, Jun Ohta, Yuhsuke Iwata. Valvular repair for atrioventricular regurgitation in complex anomalies in modified Fontan procedure with reference to a single ventricule associated with a common atrioventricular valve. Pediatric Cardoiac Surgery Annual of the Seminars in Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2. 5-19. 1999
11)Hideaki Ohno, Yasuharu Imai, Masatsugu Terada, Takeshi Hiramatsu. The long-term results of commissure placation annuloplasty for congenital mitral insufficiency. Ann Thorac Surg. 68. 537-41. 1999
12)Hiroyuki Tsukui, Yasuharu Imai, Yoshinori Takanashi, Masatsugu Terada, Takeshi Hiramatsu. Anatomic biventricular correction by taking down bicaval Glenn shunt. Ann Thorac Surg. 69. 1268-70. 2000
13)Makoto Ando, Yasuko Tomizawa, Yasuharu Noishiki, Masatsugu Terada, Yasuharu Imai. Autologous tissue-fragmented extracardiac conduit with rapid, stable endothelialization due to angiogenesis. The Japanese Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 48. 153-60. 2000
14)Yukihisa Isomatsu, Toshiharu Shin’oka, Mitsuru Aoki, Masatsugu Terada, Takamasa Takeuchi, Shuichi Hoshino, Yoshinori, Takanashi, Yasuharu Imai, Hiromi, Kurosawa. Establishing right ventricle-pulmonary artery continuity by autologous tissue. An alternative approach for prosthetic conduit repair. Ann Thorac Surg. 78. 173-80. 2004
15)Isomatsu Y. Takanashi Y. Terada M, Kasama K. Persistent fifth aortic arch and four arch interruption in a 28-year-old women. Pediatric Cardiology. 25. 696-8. 2004
16)Muneaki Matsubara, Yuji Hiramatsu, Shintaro Sugita, Naotaka Atsumi, Masatsugu Terada, Yuzuru Sakakibara. Congenital-idiopathic superficial femoral artery aneurysm in a 7-year-old child. J Vasc Surg. 53. 1699-1701.2011
17)Naritaka Kimura, Muneaki Matsubara, Naotaka Atsumi, Masatsugu Terada. Successful surgical removal of a giant interventricular fibroma: Surgical approach without ventriculotomy. Ann Thorac Surg. 95. 1072-4. 2013
18)Naotaka Atsumi,Muneaki Matsubara, Naritaka Kimura. Fatal aortotracheal fistula combined with aortoesophaheal fistula in an infant with double aortic arch: a warning. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 63. 579-82. 2015

1)寺田正次,遠藤真弘,副島健市,福地晋治,斉藤 喬,山岸正秀,小柳 仁.血小板減少を伴ったNoonan症候群の再開心術に大量血小板輸注を行った1治験例.胸部外科. 38.37-40.1985 
2)寺田正次,今井康晴,高梨吉則,黒沢博身,星野修一,里見元義.今野法による乳児型大動脈弁狭窄症の1治験例.日本胸部外科学会雑誌.33.537-542.1985
3)寺田正次,飯田良直,土屋幸治,天野茂夫.肺動脈弁狭窄症に合併した冠静脈洞型心房中隔欠損症の1治験例.胸部外科.39.829-831.1986
4)寺田正次,飯田良直,土屋幸治,天野茂夫,相沢一徳,村田暢宏,三俣昌子,有輪六郎.術前に心筋梗塞を合併したAortitis with ARの1治験例.山梨医学.14.93-96.1986
5)寺田正次,高梨吉則,林 久恵.Jatene手術における大量血小板輸注療法.日本輸血学会誌.32:115-116,1986
6)寺田正次,今井康晴,黒沢博身,中江世明,星野修一,奥田浩史,中沢 誠,高尾篤良.右室性単心室に対するmodified Fontan手術.日本胸部外科学会雑誌.35.2094-2100.1987
7)寺田正次,今井康晴,黒沢博身,福地晋治,沢渡和男,里見元義.多脾症候群を伴うA(I)LL型完全大血管転位症の1根治手術例.日本胸部外科学会雑誌.36.1422-1426.1988
8)寺田正次,今井康晴,黒沢博身,中江世明,野島恵子,中沢 誠,高尾篤良.Fontan手術後の心房容積.日本胸部外科学会雑誌.36.2590-2597.1988
9)寺田正次,星野修一,竹村隆弘,久保英三.15年後に弁機能不全を来し緊急手術を要したSAM弁の1例.胸部外科. 42: 501-504, 1989
10)寺田正次,今井康晴,黒澤博身,藤原 直,松尾浩三,里見元義.心室中隔欠損症を伴う大動脈弓離断症の修復術後に進行した大動脈狭窄に対する.日本胸部外科学会雑誌.38.284-288.1990
11)寺田正次,今井康晴,黒澤博身,原田順和,河田政明,里見元義,中沢 誠.先天性大動脈狭窄症に対するKonno法の手術成績と左室機能.日本胸部外科学会雑誌.38.201-206.1990
12)寺田正次.先天性大動脈狭窄症に対する今野法術後の左室機能.東京女子医科大学雑誌.61.392-399.1991
13)寺田正次,今井康晴,星野修一,澤渡和男,中田誠介,三隅寛恭.心内膜床欠損症の再手術.臨床胸部外科.14.207-210.1994
14)寺田正次,今井康晴,高梨吉則,星野修一,中田誠介,瀬尾和宏,手塚光洋,青木 満,山田美14)保,門間和夫.心内膜床欠損症に合併した大動脈弁下狭窄の外科治療成績と形態の検討.日本小児循環器学会雑誌. 11.147-152.1995
15)寺田正次,今井康晴,高梨吉則,星野修一.僧帽弁閉鎖症に対するFenestrated Total Cavopulmonary Connection法.Cardiovascular Anesthesia.1.26-28.1997
16)寺田正次,今井康晴,高梨吉則,星野修一,瀬尾和宏,長津正芳,青木 満,平松健司,太田 淳,磯松幸尚,大野英昭,森島重弘,根本慎太郎.完全大血管転位症に対する心内修復術の遠隔成績.日本胸部外科学会雑誌.45.322-323.1998
17)寺田正次,高梨吉則,飛川浩治,国井佳文,岩本眞理,左近琢磨,瀧聞浄宏,西沢 崇,宮下徹也,伊那川 岳,藤本啓子,山口 修.先天性心臓病医学センターにおける先天性心疾患心内修復術97例の経験.横浜医学. 54. 165-172. 2003
18)寺田正次,保土田健太郎,小谷聡秀,厚美直孝,永沼 卓,知念詩乃,玉目琢也,松岡 恵,大木 寛生,三浦 大,佐藤正昭.先天性気管狭窄に対するslide tracheoplasty 16例の経験.日本小児循環器学会雑誌.25. 608-615. 2009
19)寺田正次,黒澤博身.チアノーゼ性先天性心疾患の治療方針と看護-肺血流量減少群-.ハートナーシング.2.1274-1277.1989
20)寺田正次,今井康晴.先天性大動脈弁狭窄.治療.74.570-574.1992
21)寺田正次,今井康晴.限局性大動脈弁下狭窄. 日本臨床(領域別症候群シリーズNo.13循環器症候群-その他の循環器疾患を含めて).82-84.1996
22)寺田正次,今井康晴,高梨吉則,平松健司,太田 淳,小出昌秋.新生児心大血管外科の進歩.日本外科学会雑誌.98.996-1000.1997
23)寺田正次,高梨吉則,今井康晴.小児期心臓血管外科における人工弁,ペースメーカー,人工血管の現状.小児外科.30.128-132.1998
24)寺田正次.小児外科はここまできた ファロー四徴症.日本医師会雑誌.124. 672. 2000
25)寺田正次,太田 淳,今井康晴.ソーリンBICARBON弁の臨床経験.学会新報.21. 3-5. 2000
26)寺田正次,今井康晴.修正大血管転位症のダブルスイッチ手術.Annual Review循環器2001. 230-233. 2001
27)寺田正次,高梨吉則.ECMO(体外式膜型人工肺). 最近話題の用語-知っておきたい豆知識-.小児科. 44. 35. 2003
28)寺田正次、高梨吉則、磯松幸尚、大高勝義. 小児心臓外科に役立つ手術材料、器具、装置-人工心肺法と役立つ補助器具についてー. 小児外科. 36. 1053-1057. 2004.
29)寺田正次、高梨吉則.イラストで術式&ケアを理解 心臓血管外科 術式別の術後ケア.ハートナーシング.フォンタン手術.メディカ出版.p 211-214.2005
30)寺田正次,高梨吉則.動脈スイッチ手術における肺動脈再建法について.日本小児循環器学会雑誌.22. 8-9. 2006
31)寺田正次.先天性心疾患を合併した先天性気管狭窄症に対する気管形成術.日本小児循環器学会雑誌.23. 474-5. 2007
32)寺田正次.篠原論文に対するEditorial Comment.心臓.140.457.2008
33)寺田正次.限局性大動脈弁下狭窄. 日本臨床(領域別症候群シリーズNo.7循環器症候群-その他の循環器疾患を含めて-.65-67.2008
34)寺田正次.三尖弁閉鎖の手術.病態と術式がわかる疾患別ナースのための心臓大血管手術.周術期管理のポイント.ハートナーシング.メディカ出版.P216-22. 2012

続きを見る

寺田 正次先生 の所属する医療機関

東京都立小児総合医療センター

TEL: 042-300-5111

東京都立小児総合医療センター

東京都府中市武蔵台2丁目8-29

JR武蔵野線「西国分寺駅」 南口 バスの利用も可能:総合医療センター(府中メディカルプラザ)行/西府駅行 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車すぐ 徒歩15分

JR中央本線「国立駅」 5番乗り場 府中駅行 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車すぐ バス10分

- -

受付時間: 9:00~17:00 土曜9:00~12:30 原則紹介・予約制 初診受付は8:30~16:00、土曜8:30~12:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: アレルギー科 血液内科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科

寺田 正次 先生 の記事