東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科 部長

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医 日本小児血液・がん学会 小児血液・がん専門医・小児血液・がん指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医 日本輸血・細胞治療学会 細胞治療認定管理師

湯坐 有希 ゆざ ゆうき 先生

山形大学を卒業後、東京慈恵会医科大学附属病院を経て、2010年より小児がん拠点病院のひとつである東京都立小児総合医療センター血液・腫瘍科に入職。2020年現在、同科にて部長を務める。小児白血病治療のさらなる発展を目指し、JCCG(日本小児がん研究グループ)の次期APL臨床試験研究代表者として、現在特定臨床研究開始準備を進めている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 湯坐先生の小児急性白血病の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植
  • 腎芽腫

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医
日本小児血液・がん学会 小児血液・がん専門医・小児血液・がん指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医
日本輸血・細胞治療学会 細胞治療認定管理師
  • 東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科 部長

所属病院

東京都立小児総合医療センター

  • アレルギー科 血液内科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器科 消化器科 腎臓内科 循環器科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 感染症内科 内分泌内科 代謝内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都府中市武蔵台2丁目8-29
  • JR武蔵野線 西国分寺 南口  バス:総合医療センター(府中メディカルプラザ)行き、西府駅行き 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車 徒歩15分 JR中央線(快速) 国立 府中駅行き 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車 バス10分
  • 042-300-5111
公式ウェブサイト
東京都立小児総合医療センター
所属病院について

東京都小児がん診療連携協議会事務局として、都内において小児がん診療の充実、政策提言を実施している。

所属診療科について(血液・腫瘍科)

小児がんのみならず、血友病や良性血液疾患も幅広く診療しており、血友病診療地域中核病院にも指定されている。

医療記事

来歴等

略歴

1993年 山形大学医学部 卒業
1993年 東京慈恵会医科大学附属病院 初期研修
1995年 東京慈恵会医科大学小児科学講座 入局
1998年 東京慈恵会医科大学附属病院 勤務 血液・腫瘍専門
2003年 Dana-Farber Cancer Institute, Medical Oncology 留学(Dr. Matthew Meyersonのもと、「肺がんにおけるEGFR遺伝子変異と分子標的薬の薬剤感受性」について研究)
2006年 東京慈恵会医科大学附属病院 勤務
2010年 東京都立小児総合医療センター血液・腫瘍科 医長
2016年 東京都立小児総合医療センター血液・腫瘍科 部長

論文

  • Genetic Profile and Microsatellite Instability in a Case of Secondary Esophageal Squamous Cell Carcinoma 12 Years After Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Aplastic Anemia. J Pediatr Hematol Oncol. 2018 Nov 28. doi: 10.1097/MPH.0000000000001355.

    Akiyama M, Yamaoka M, Ohyama W, Yokoi K, Ashizuka S, Aizawa D, Ikegami M, Suzuki H, Ozaki K, Ida H, Yuza Y.

  • Sequential use of second-generation tyrosine kinase inhibitors following imatinib therapy in pediatric chronic myeloid leukemia: A report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Pediatr Blood Cancer. 2018 Dec;65(12):e27368. doi: 10.1002/pbc.27368.

    Kurosawa H, Tanizawa A, Muramatsu H, Tono C, Watanabe A, Shima H, Ito M, Yuza Y, Hamamoto K, Hotta N, Okada M, Saito AM, Manabe A, Mizutani S, Adachi S, Horibe K, Ishii E, Shimada H.

  • Kidney-protective Effect of Magnesium Supplementation in Cisplatin-containing Chemotherapy for Pediatric Cancer: A Retrospective Study. J Pediatr Hematol Oncol. 2018 Jul;40(5):379-381. doi: 10.1097/MPH.0000000000001159.

    Matsui M, Saito Y, Yamaoka S, Yokokawa Y, Morikawa Y, Makimoto A, Yuza Y.

  • Anemia Due to ABO Incompatibility in a Neonate. Indian J Pediatr. 2018 Sep;85(9):810-811. doi: 10.1007/s12098-018-2663-7.

    Atsumi Y, Sakakibara H, Suzuki S, Yuza Y.

  • Regional evaluation of childhood acute lymphoblastic leukemia genetic susceptibility loci among Japanese. Sci Rep. 2018 Jan 15;8(1):789. doi: 10.1038/s41598-017-19127-7.

    Urayama KY, Takagi M, Kawaguchi T, Matsuo K, Tanaka Y, Ayukawa Y, Arakawa Y, Hasegawa D, Yuza Y, Kaneko T, Noguchi Y, Taneyama Y, Ota S, Inukai T, Yanagimachi M, Keino D, Koike K, Toyama D, Nakazawa Y, Kurosawa H, Nakamura K, Moriwaki K, Goto H, Sekinaka Y, Morita D, Kato M, Takita J, Tanaka T, Inazawa J, Koh K, Ishida Y, Ohara A, Mizutani S, Matsuda F, Manabe A.

  • 当院における高リスク神経芽腫に対する導入化学療法rapid COJEC の治療毒性に関する症例研究 日本小児血液・がん学会雑誌 第55 巻第3 号(2018 年)

    斎藤雄弥,松井基浩,山岡祥子,横川裕一,牧本敦,湯坐有希

  • 検査入院時のバイタルサイン測定で高血圧を発見し、神経節芽腫と診断した1例 小児科臨床 (0021-518X)71巻10号 Page1751-1755(2018.10)

    吉田賢司, 大谷岳人, 苑田輝一郎, 菊永佳織, 佐藤祐子, 横井健太郎, 山口克彦, 藤原優子, 湯坐有希

  • 骨髄信号が診断の一助になった急性リンパ芽球性白血病の一例 日本小児放射線学会雑誌 (0918-8487)33巻2号 Page133-137(2018.04)

    富所由佳, 藤田和俊, 並木洋子, 松井基浩, 湯坐有希

  • 左主気管支の圧迫を来した縦隔原発明細胞肉腫の一例 日本小児血液・がん学会雑誌 第55 巻第5 号(2018 年)

    奥山舞,横川裕一,斎藤雄弥,石丸紗恵,齊藤修,新津健裕,清水直樹,石立誠人,宮川知士,金子隆,湯坐有希

  • 重度の肝機能障害を伴う、川崎病による二次性血球貪食性リンパ組織球症の一例.,日本小児血液・がん学会雑誌2017;54:143-8.

    高杉 奈緒, 斎藤 雄弥, 榊原 裕史, 幡谷 浩史, 三浦 大, 谷内江 昭宏, 湯坐 有希

  • First report of an Asian family with hemoglobin Evans [α2 62 (E11) Val → Met].,Pediatr Int.2016;58(4):301-3

    Ishimaru S, Saito Y, Yokokawa Y, Yuza Y, Kaneko T.

  • Effects of deletion polymorphism in UGT2B17 gene on prognosis in pediatric cancer.,Pediatr Int.2016;doi: 10.1111/ped.13198

    Ishimaru S, Yuza Y, Kaneko T, Urashima M

  • High event-free survival rate with minimum-dose-anthracycline treatment in childhood acute promyelocytic leukaemia: a nationwide prospective study by the Japanese Paediatric Leukaemia/Lymphoma Study Group,Br J Haematol.2016;174(3):437-43

    Takahashi H, Watanabe T, Kinoshita A, Yuza Y, Moritake H, Terui K, Iwamoto S, Nakayama H, Shimada A, Kudo K, Taki T, Yabe M, Matsushita H, Yamashita Y, Koike K, Ogawa A, Kosaka Y, Tomizawa D, Taga T, Saito AM, Horibe K, Nakahata T, Miyachi H, Tawa A, Adachi S

  • Leukostasis in Children and Adolescents with Chronic Myeloid Leukemia: Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group,Pediatr Blood Cancer.2016;63(3):406-11

    Kurosawa H, Tanizawa A, Tono C, Watanabe A, Shima H, Ito M, Yuza Y, Hotta N, Muramatsu H, Okada M, Kajiwara R, Moriya Saito A, Mizutani S, Adachi S, Horibe K, Ishii E, Shimada H.

  • 小児がんサバイバーに対する長期フォローアップ―晩期合併症対策、移行医療の側面から―、癌と化学療法、41巻1号、15-9頁、2014年

    湯坐有希

  • Functional mutation analysis of EGFR family genes and corresponding lymph node metastases in head and neck squamous cell carcinoma. Clin Exp Metastasis. 29: 19-25, 2012.

    Hama T, Yuza Y, Suda T, Saito Y, Norizoe C, Kato T, Moriyama H, Urashima M.

  • Glioblastoma-derived epidermal growth factor receptor carboxyl-terminal deletion mutants are transforming and are sensitive to EGFR-directed therapies. Cancer Res. 71: 7587-96, 2011.

    Cho J, Pastorino S, Zeng Q, Xu X, Johnson W, Vandenberg S, Verhaak R, Cherniack AD, Watanabe H, Dutt A, Kwon J, Chao YS, Onofrio RC, Chiang D, Yuza Y, Kesari S, Meyerson M.

  • Validation of the Japanese version of the Pediatric Quality of Life Inventory (PedsQL) Cancer Module. Health Qual Life Outcomes. 2011 Apr 10;9:22. doi: 10.1186/1477-7525-9-22.

    Tsuji N, Kakee N, Ishida Y, Asami K, Tabuchi K, Nakadate H, Iwai T, Maeda M, Okamura J, Kazama T, Terao Y, Ohyama W, Yuza Y, Kaneko T, Manabe A, Kobayashi K, Kamibeppu K, Matsushima E.

  • Allele-dependent variation in the relative cellular potency of distinct EGFR inhibitors. Cancer Biol Ther. 6(5):661-7, 2007. PMID: 17495523

    Yuza Y, Glatt KA, Jiang J, Greulich H, Minami Y, Woo MS, Shimamura T, Shapiro G, Lee JC, Ji H, Feng W, Chen TH, Yanagisawa H, Wong KK, Meyerson M.

  • 頑固な便秘、不明熱を初発症状として診断された神経芽細胞腫(Ganglioneuroblastoma, nodular)の1男児例 東京小児科医会報. 27(2):83-87, 2008.

    湯坐 有希、山岡 正慶、瀬戸 愛生、西山 由梨佳、横川 裕一、横井 健太郎、秋山 政晴、井田 博幸

  • Sensitive mutation detection in heterogeneous cancer specimens by massively parallel picoliter reactor sequencing. Nat Med, 12:852-5, 2006.

    Thomas RK, Nickerson E, Simons JF, Jänne PA, Tengs T, Yuza Y, Garraway LA, LaFramboise T, Lee JC, Shah K, O'Neill K, Sasaki H, Lindeman N, Wong KK, Borras AM, Gutmann EJ, Dragnev KH, DeBiasi R, Chen TH, Glatt KA, Greulich H, Desany B, Lubeski CK, Brockman W, Alvarez P, Hutchison SK, Leamon JH, Ronan MT, Turenchalk GS, Egholm M, Sellers WR, Rothberg JM, Meyerson M.

  • A common signaling cascade may underlie "addiction" to the Src, BCR-ABL, and EGF receptor oncogenes. Cancer Cell, 10:425-35, 2006.

    Sharma SV, Gajowniczek P, Way IP, Lee DY, Jiang J, Yuza Y, Classon M, Haber DA, Settleman J.

  • Epidermal growth factor receptor activation in glioblastoma through novel missense mutations in the extracellular domain. PLoS Med, 3:e485, 2006.

    Lee JC, Vivanco I, Beroukhim R, Huang JH, Feng WL, DeBiasi RM, Yoshimoto K, King JC, Nghiemphu P, Yuza Y, Xu Q, Greulich H, Thomas RK, Paez JG, Peck TC, Linhart DJ, Glatt KA, Getz G, Onofrio R, Ziaugra L, Levine RL, Gabriel S, Kawaguchi T, O'Neill K, Khan H, Liau LM, Nelson SF, Rao PN, Mischel P, Pieper RO, Cloughesy T, Leahy DJ, Sellers WR, Sawyers CL, Meyerson M, Mellinghoff IK.

  • Epidermal growth factor receptor variant III mutations in lung tumorigenesis and sensitivity to tyrosine kinase inhibitors. Proc Natl Acad Sci U S A , 103:7817-7822, 2006.

    Ji H, Zhao X, Yuza Y, Shimamura T, Li D, Protopopov A, Jung BL, McNamara K, Xia H, Glatt KA, Thomas RK, Sasaki H, Horner JW, Eck M, Mitchell A, Sun Y, Al-Hashem R, Bronson RT, Rabindran SK, Discafani CM, Maher E, Shapiro GI, Meyerson M, Wong KK.

  • Allogenic bone marrow transplantation for late-infantile neuronal ceroid lipofuscinosis. Pediatr Int. 47(6):681-3, 2005. PMID: 16354224

    Yuza Y, Yokoi K, Sakurai K, Ariga M, Yanagisawa T, Ohashi T, Hoshi Y, Eto Y.

  • Detection of oncogenic mutations in the EGFR gene in lung adenocarcinoma with differential sensitivity to EGFR tyrosine kinase inhibitors. Cold Spring Harb Symp Quant Biol, 70:73-81, 2005.

    Thomas RK, Greulich H, Yuza Y, Lee JC, Tengs T, Feng W, Chen TH, Nickerson E, Simons J, Egholm M, Rothberg JM, Sellers WR, Meyerson ML.

  • An alternative inhibitor overcomes resistance caused by a mutation of the epidermal growth factor receptor. Cancer Res, 65:7096-7101, 2005.

    Kobayashi S, Ji H, Yuza Y, Meyerson M, Wong KK, Tenen DG, Halmos B.

  • Gene and protein expression profiling during differentiation of neuroblastoma cells triggered by 13-cis retinoic acid. J Pediatr Hematol Oncol. 25(9):715-20, 2003. PMID: 12972807

    Yuza Y, Agawa M, Matsuzaki M, Yamada H, Urashima M.

  • Max protein expression is associated with survival of children with lymphoblastic lymphoma. Pediatr Int. 41(6):637-40, 1999. PMID: 10618883

    Yuza Y, Kawakami M, Takagi K, Yamazaki Y, Urashima M.

  • 1980年から1997年の18年間に当科で経験した特発性血小板減少性紫斑病28例の検討 厚木病院医誌. 18(1):54-60, 1997

    湯坐 有希、長谷川 頼康、樋口 薫、河村 研一、太田 秀臣、永倉 俊和、岡部 武史

著書

  • 【共著】湯坐有希:頸部痛,帰してはいけない小児外来患者2 子どもの症状別 診断へのアプローチ,医学書院.2018.191-193

  • 【共著】湯坐有希:小児がん患者、造血細胞移植患者の口腔ケア(好中球減少時、晩期合併症に対するケア),小児歯科臨床2017;22(11):84-9

  • 【共著】湯坐有希:白血球検査-白血球数、分画、形態異常,小児内科増刊号(小児臨床検査のポイント2017 2017;49増刊号:70-5

  • 【共著】湯坐有希:小児悪性腫瘍における早期発見・早期診断の意義-診断・治療を急ぐ場合、急がなくてよい場合,小児内科 2017;49(12):1718-24

  • 【共著】湯坐有希:7章 支持療法 CQ9腫瘍崩壊症候群の標準的治療は何か,日本小児血液・がん学会編 小児白血病・リンパ腫診療ガイドライン2016年版,金原出版.2016:161-8

  • 【共著】湯坐有希.第1章 抗がん剤の副作用と治療 18.晩期障害 B.二次発がん がん化学療法 副作用対策ハンドブック 改訂版.東京:羊土社、2015:

  • 【共著】湯坐有希.突然の嘔吐、眼球運動異常を来たした6カ月男児 続・イメージからせまる小児神経疾患50 -症例から学ぶ 診断・治療プロセス-.東京:診断と治療社、2015:61-62

  • 【共著】湯坐有希.第Ⅰ部 総論、第4章 支持療法、1 がん緊急 d.代謝:腫瘍崩壊症候群など 日本小児血液・がん学会編集 小児血液・腫瘍学.東京:診断と治療社、2015:216-220

  • 【共著】湯坐有希: 2 急性骨髄性白血病(小児)第2版 Ⅲ.小児APLの移植の適応とそのエビデンスレベル、造血細胞移植学会ガイドライン 第3巻、東京、医薬ジャーナル社、2014.8

  • 【分担執筆】湯坐有希.日本臨床腫瘍学会編 腫瘍崩壊症候群(TLS)診療ガイダンス, 金原出版, 2013.

その他

  • 【受賞】平成30年度 公益信託日本白血病研究基金一般研究賞(日本白血病研究基金臨床医学特別賞)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師