東京都立小児総合医療センター

この病院の診療科

診療科
  • アレルギー科
  • 血液内科
  • 心療内科
  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器科
  • 消化器科
  • 腎臓内科
  • 循環器科
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 麻酔科
  • 感染症内科
  • 内分泌内科
  • 代謝内科
  • 児童精神科
  • 総合診療科
  • 病理診断科

認定/指定情報

法令による大臣または各都道府県知事承認・指定のあるもの

  • 小児がん拠点病院
  • 総合周産期母子医療センター

この病院の医師・医療スタッフ

  • の受診相談が可能

    東京都立小児総合医療センター 泌尿器科 医長

    佐藤 裕之 先生

    泌尿器科一般から先天異常における排尿障害、腎移植までを手掛ける小児泌尿器疾患治療のリーダー。特に先天性の障害である尿道下裂などに対しては、機能はもちろん患者の心の発達をふまえ、身体的・精神的双方から長期的にサポートする体制を築いている。

  • 東京都立小児総合医療センター 小児消化器科 

    立花 奈緒 先生

    小児消化器科を専門としている。東京都立小児総合医療センターに日々訪れる子どもに対して、数多くの内視鏡検査や消化管機能検査を行い、消化器疾患の患者を多く発見・治療してきた。障害児に対する栄養や小児の便秘に関しても積極的に関わり、食事摂取から排泄までのトータルケア・トータルサポートを行う。

  • 東京都立小児総合医療センター 心臓血管外科 非常勤

    寺田 正次 先生

    東京女子医科大学日本心臓血圧研究所循環器科にて数多くの心疾患手術を経験後、東京都立清瀬小児病院心臓血管外科部長を経て2010年より現職。子どもの心臓を治療するには強い心構えとイメージトレーニングが大切だという考えのもと、少しでも良質で合併症の残らない手術を行うべく活躍している。

  • 東京都立小児総合医療センター 内分泌・代謝科 部長

    長谷川 行洋 先生

    慶応義塾大学小児科学教室、都立清瀬小児病院小児科を経て、2010年より都立小児総合医療センター内分泌・代謝科。性分化疾患をはじめとして、成長・発達・ホルモン分泌など、子どもが成長するにあたって重要な点の疾患を数多く見守り、治療し続けてきた。性分化疾患の子どもの治療にはチーム医療が欠かせないとして、「フリージアの会」というチーム医療にも携わり、体と心の双方を長期的にサポートしていく姿勢を貫いている。

  • 東京都立小児総合医療センター 消化器科 部長

    村越 孝次 先生

    もともとは小児外科医で、旧都立八王子小児病院外科で18年間小児外科医療に携わり、特に障害児消化器疾患の検査と手術に関与してきた。東京都立小児総合医療センターへ統合移転してからは、小児消化器科医としてレジデントへの消化管内視鏡検査指導を手がけるとともに、小児外科疾患を含めた小児消化器疾患の診療窓口として院内外で活動している。独自のモットーを持ちながらも一つ一つの症例にしっかりと向き合い、患者に適切な治療を行っている。

  • 東京都立小児総合医療センター  呼吸器科

    石立 誠人 先生

    小児呼吸器疾患を専門とし、特に内視鏡検査の技術に長ける小児呼吸器検査のスペシャリスト。大人の検査とは全く異なる小児内視鏡検査を数多く行い、先天疾患から異物まで的確に原因を見抜く。日本小児呼吸器疾患学会・日本小児放射線学会にも所属している。

  • の受診相談が可能

    東京都立小児総合医療センター 形成外科医長

    玉田 一敬 先生

    先天形態異常の子どもの治療を専門とする形成外科医。東京都立小児総合医療センターでは口唇口蓋裂チームの一員であり、口唇口蓋裂患者の窓口となっている。「いつも最高の結果を求めつづける」というモットーのもと、口唇口蓋裂や頭蓋縫合早期癒合症などの頭蓋顔面外科分野に注力して手術に取り組んでいる。

  • の受診相談が可能

    東京都立小児総合医療センター 総合診療科/腎臓内科 部長

    幡谷 浩史 先生

    2016年より東京都立小児総合医療センター総合診療科部長。透析と腎移植を専門とする小児腎臓病のスペシャリスト。腎臓内科と総合診療科を兼務しており、腎臓の病気を中心にあらゆる角度から子どもの病気を診断する。同院院長の本田雅敬医師とともに移行期医療にも取り組み、子どもが成長してから健康な生活を送るための支援を行っている。

  • 東京都立小児総合医療センター 感染症科

    宇田 和宏 先生

    国保旭中央病院・東京都立小児総合医療センターで小児科研修を行い、小児科専門医を取得後、国立成育医療研究センター、東京都立小児総合医療センターで感染症診療に従事。重症感染症や特殊な感染症を中心に診療・研究を行っている。

  • 東京都立小児総合医療センター 新生児科 医長

    岡﨑 薫 先生
  • の受診相談が可能

    東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科 部長

    湯坐 有希 先生

    山形大学を卒業後、東京慈恵会医科大学附属病院を経て、2010年より小児がん拠点病院のひとつである東京都立小児総合医療センター血液・腫瘍科に入職。2020年現在、同科にて部長を務める。小児白血病治療のさらなる発展を目指し、JCCG(日本小児がん研究グループ)の次期APL臨床試験研究代表者として、現在特定臨床研究開始準備を進めている。

  • の受診相談が可能

    東京都立小児総合医療センター 循環器科 副院長

    三浦 大 先生

    先天性心疾患、川崎病を中心に、小児循環器領域全般の診療を行っている。

  • 東京都立小児総合医療センター 循環器科 部長

    前田 潤 先生

    先天性心疾患、先天異常症候群を中心に、小児循環器領域の診療を行っている。

  • の受診相談が可能

    東京都立小児総合医療センター 脳神経外科医長(診療科責任者)

    井原 哲 先生

    1997年より脳神経外科医師としてキャリアをはじめる。2005年より小児脳神経外科を専門とし、国立成育医療センター、筑波大学を経て2013年には東京都立小児総合医療センター脳神経外科医長に就任。小児脳神経外科手術を手がけている。

  • 東京都立小児総合医療センター 救命救急科

    萩原 佑亮 先生

    2005年弘前大学医学部を卒業後、様々な医療機関にて救急医として研鑽を積んだのち、東京都立小児総合医療センター救命救急科に着任。日本で数少ない、小児と救急両方のスペシャリストである小児救急医として、「小児救急は未来を救う救急」をモットーに小児救急の普及や若手育成に尽力している。また、社会のセーフティネットとしてERを機能させるべく、日本のERの多施設共同研究のネットワークを立ち上げるなど、専門を超えたハイブリッドな活動を行う。

  • 東京都立小児総合医療センター  臨床研究支援センター 医員/非常勤

    本田 雅敬 先生

    1976年慶応義塾大学医学部卒。小児の腎臓病治療に対するトップランナー。1981年に当時生存すらできない乳幼児に日本で初めて在宅透析を導入し、健常人に近い成人にすることを可能とし、1986年に小児PD研究会を立ち上げ、日本の小児透析の実態調査と治療の標準化を行ってきた。1997年から小児難治性腎疾患治療研究会の立ち上げを行い、日本から難治性ネフローゼ症候群を中心に治療法を開発し、世界へ治療エビデンスの発信を行ってきた。2010年より小児腎臓病学会理事長として活動し、現在は小児腎臓今日の早期発見や治療など、慢性腎臓病対策の啓発と小児施設から成人施設への移行医療について、厚生労働省・文部科学省などで活動している。

診療受付時間

受付時間

09:00-12:30
09:00-17:00
  • 9:00~17:00 土曜9:00~12:30  紹介・予約制  科により異なる  臨時休診あり

オンライン診療情報

保険対応 要問い合わせ
オンライン診療の手段

要問い合わせ

初診 / 再診

再診

薬について

要問い合わせ

新型コロナウイルスへの相談対応 要問い合わせ
セカンドオピニオン対応 要問い合わせ
対応する診療科 アレルギー科・血液内科・心療内科・神経内科・脳神経外科・呼吸器科・消化器科・腎臓内科・循環器科・心臓血管外科・小児科・小児外科・整形外科・形成外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・矯正歯科・小児歯科・麻酔科

  • ※厚生労働省のデータなどに基づく
  • ※詳しくは医療機関にお問い合わせください
オンラインでこの医療機関を受診する
お問い合わせはこちら
042-300-5111
公式ホームページを確認する
※医療機関の公式ホームページに遷移します

検診プラン powered by

その他の病院情報

公式サイト http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/
連絡先

TEL 042-300-5111

住所 〒183-8561 東京都府中市武蔵台2丁目8-29 GoogleMapで見る
アクセス JR武蔵野線 西国分寺 南口  バス:総合医療センター(府中メディカルプラザ)行き、西府駅行き 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車 徒歩15分
JR中央線(快速) 国立 府中駅行き 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車 バス10分

この病院の記事

メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、 お問い合わせフォーム からご連絡をいただけますようお願いいたします。ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。

オンライン診療に関するデータは、原則として「 新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて 」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。