どうふぜんしょうこうぐん

洞不全症候群

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

洞不全症候群とは、心臓の電気活動の大元を担う「洞結節」と呼ばれる部分のはたらきが鈍くなったり、洞結節から心房への電気刺激の伝わり方が悪くなったりすることから引き起こされる病気を指します。脈が遅くなったり止まったりしてしまう危険性を伴う不整脈であり、徐脈性(脈が遅くなる)不整脈の一つです。

洞不全症候群で脈が遅くなっている状態であっても、必ずしも症状が現れるわけではありません。しかし、非常に重い洞不全症候群では、失神や徐脈による心不全の兆候などの症状が現れることがあります。洞不全症候群の治療では、症状や重症度を適切に評価しながら、ペースメーカー植え込みの適応などを検討することになります。

原因

洞不全症候群は、副交感神経が強い状況(スポーツ選手など)で起こることがあります。また、洞結節への血流障害がある場合や、心筋症、高血圧でも発症することがあります。

その他、心臓以外にも甲状腺機能低下症、腎機能障害などによる高カリウム血症、頭蓋内圧亢進(頭蓋内出血など)、低体温など全身状態を反映して洞不全症候群が発症することもあります。さらに、薬物(β遮断薬やジギタリス、モルヒネなど)などが原因となることもあります。

症状

洞不全症候群は、大きく分けて、(1) 洞性徐脈、(2) 洞停止または洞房ブロック、(3) 徐脈頻脈症候群(心房細動などの頻脈性不整脈が停止した後に生じるタイプの徐脈)の3つのタイプに分類されます。いずれのタイプでも脈が遅くなるという状況になります。

このため、洞不全症候群では、脈が遅くなることに関連した症状が現れることがあります。ただし、脈が遅くなるだけで必ずしも症状が現れるわけではなく、脈拍数や体動による脈の変化、併発する不整脈などによって症状は異なります。

長い間(たとえば10秒以上)脈が止まる場合には、脳への血液が十分供給されなくなるため、失神やめまいなどの症状が現れます。また、運動時にはそれに見合っただけの血液を全身に送る必要がありますが、洞不全症候群のためにうまく補えない場合には、運動時の息切れや疲労感を生じることがあります。また安静時であっても徐脈に関連して心不全が悪化し、呼吸困難として症状が現れる場合があります。

検査・診断

洞不全症候群の診断では、12誘導心電図を始めとした電気活動を確認する検査が行われます。

ホルター心電図

ホルター心電図は、より長時間、心臓の電気活動を観察するために行われることがあります。

心臓電気生理学的検査

心臓電気生理学的検査は、より詳細に洞不全症候群を確認するために行われることがあります。この検査は、心臓内にカテーテルを挿入して電気活動を記録する検査です。心臓の各部位での電気活動を観察することができます。治療方針を決めるための重要な情報が得られますが、患者さんへの負担がやや大きい検査でもあります。

治療

洞不全症候群を指摘された場合に、実際に治療対象になるかどうかは検査結果や症状に応じて異なります。

洞不全症候群は、身体活動の高い方(スポーツ選手など)や、高齢者の加齢現象として現れることがあります。この場合は必ずしも病的であるとはいえないこともあり、無治療で経過をみることになります。

一方、脈があまりにも遅く、失神やふらつきなどの症状がある場合、また徐脈頻脈症候群を認めるときにはペースメーカー(心臓の収縮リズムを、人工的にコントロールする機械)の適応になります。ペースメーカーを植え込むことで、これまで通りに日常生活を送ることが期待できます。心房や心室にリードとよばれる電極が固定されるまで、3か月程度はペースメーカーを植え込んだ側の腕を挙げることや激しい運動は控えたほうがよいですが、それ以降は特別な制限はありません。

「洞不全症候群」に関連する他の記事
もっと見る