しんきんえん

心筋炎

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

心筋炎とは、心臓の筋肉に炎症が発生した状態を指します。心筋炎が生じると心臓の本来持つポンプ機能が障害を受け、心不全の原因となります。また、心臓の電気回路にも異常が生じるようになり、致死的不整脈が生じることもあります。心不全や致死的不整脈が生じる心筋炎は、死にいたることもある重症な病気といえます。

心筋炎にはいくつかのタイプがありますが、風邪や胃腸炎を引き起こすウイルス感染症に関連して発症することが多いです。致死的な経過をたどりうる心筋炎では、さまざまな治療を組み合わせた集学的な治療が行われます。心筋炎は健康な人でも突然発症する可能性のある病気です。急激な経過をたどる可能性のある病気であるため、適切なタイミングで医療機関を受診することが重要です。

原因

心筋炎は、経過や重症度に応じて慢性・急性・劇症型などに分類されます。なかでも、もっとも多くみられるものは「急性心筋炎」です。急性心筋炎と劇症型心筋炎には明確な区分は存在せず、急性心筋炎のなかでもショックを伴い致死的なものを劇症型心筋炎と呼びます。

心筋炎のなかでも頻度が高い急性心筋炎は、風邪や胃腸風邪を引き起こすウイルスをきっかけとして発症することがもっとも多いです。ウイルス以外の感染症、すなわち細菌や真菌などへの感染も原因となることが知られています。その他、薬物による副作用、放射線による合併症、自己免疫疾患なども心筋炎の原因となります。ただし、明らかな原因を特定できないまま心筋炎を発症することもあります。

症状

心筋炎は、ウイルス感染症をきっかけとして発症することが多いため、前兆として現れる症状には風邪や胃腸炎などがあります。具体的には、鼻水や咳、下痢や嘔吐などが現れます。

こうした前兆である症状の経過中に心筋炎を発症すると、全身の倦怠感や活気の低下などがみられるようになります。嘔吐は胃腸炎症状として現れることもありますが、心筋炎が原因で吐き気が起こることもあります。

進行すると心不全の症状が現れ、呼吸困難や手足の冷たさ、尿量の低下などがみられます。また、心臓および近傍組織(きんぼうそしき)に炎症が生じていることを反映して、胸痛がみられることもあります。

さらに、心臓の電気経路において炎症が生じることから不整脈が起こることもあり、時に完全房室ブロックや心室細動などといった致死的な不整脈が生じることもあります。致死的不整脈を発症するとふらつきや失神が現れ、突然死にいたるケースもあります。

検査・診断

心筋炎では、以下のような検査が行われます。

  • 心電図
  • 胸部単純レントゲン写真
  • 心エコー
  • 血液検査
  • 心臓カテーテル検査
  • 心筋生検

など

集学的な治療が必要とされる心筋炎では、時間の経過とともに変化する経時的な心電図評価が重要です。また、心不全の評価を目的として胸部単純レントゲン写真も撮影され、心臓の大きさや肺でのうっ血(血液の流れが悪くなり、静脈内に血液がたまってしまうこと)状況などを確認します。

心エコーでは、心臓の動きを経時的に観察することが可能であり、心筋炎発症時における収縮機能を客観的に確認することが可能です。

また、心筋炎では心臓の周囲を覆う心嚢(しんのう)という空間に液体がたまる心タンポナーデを生じることがあり、心臓超音波検査で確認することができます。さらに、血液検査では、トロポニンTやCKといった心臓への損傷具合を確認するために特徴的な物質を測定します。

心臓カテーテル検査に関連して心筋生検が行われることもあります。心筋生検は心筋炎の原因を特定することができ、治療方針の決定に大きな情報を提供する検査であるといえます。

治療

心筋炎は急激な経過をたどることも多く、集学的な治療介入が必要とされます。ウイルス感染をきっかけとした心筋炎が多く、根本的な原因治療はできないことも多いですが、原因が好酸球性心筋炎や巨細胞性心筋炎であれば、ステロイドが使用されます。

心筋炎の経過中には、心不全や致死的不整脈への対応が必要とされます。これらに対応するために利尿剤や昇圧剤の使用、人工呼吸管理、補助循環装置、ペースメーカー治療などが行われます。また、心臓の働きを助ける補助循環のために大動脈バルーンパンピング、経皮的心肺補助装置、人工心臓などの開発・導入により、重症なタイプの心筋炎である劇症型心筋炎を救命することも可能となってきています。

「心筋炎」に関連する他の記事
もっと見る