S414x320 ed6a72dd d6a2 468f 99e3 c3aab37f122d

インタビュー

公開日 : 2017 年 01 月 09 日
更新日 : 2017 年 09 月 14 日

心臓移植とはどのような治療法か-適応される患者さんや待機中の治療とは?

心臓移植」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、その実態はあまり知られていません。心臓移植というと、成功率が低く非常に危険であるというイメージを持たれる方も少なくないでしょう。しかし、日本の心臓移植は成功率が高く、患者さんの生存率は世界の中でも飛び抜けて高いと言います。

今回は長年心臓移植に携わってこられた東京大学医学部附属病院の小野稔先生に、移植が適応される患者さんについて、そして、心臓移植の概要とその生存率や移植後の治療についてお話をお伺いしました。

心臓移植とはどのような治療法か

心臓移植とは、脳死(脳の機能が完全に失なわれた状態)になった方から心臓の提供を受け、その心臓を自分の心臓のかわりに植え込むことで心不全から脱却し、延命とQOL(生活水準)の改善を可能にする治療法です。

心臓

心臓移植を受けるには、日本臓器移植ネットワーク(JOT)に移植希望者として登録する必要があります。移植施設において必要な検査と審査を経て移植の適応があると判断され、患者さんご自身も同意された場合、JOTに登録することができます。登録された方の中から登録順に血液型や体格などの条件を考慮して、心臓移植が実施されます。

心臓移植の手術は、全身麻酔下でおこなわれ、手術時間は5〜6時間ほどです。しかし、わが国の大多数の患者さんのように補助人工心臓を装着している場合には、10時間程度かかります。

心臓移植が必要な病気とは?

特発性心筋症

様々な病態の患者さんが心臓移植を必要としますが、最も多いケースは特発性心筋症の患者さんです。特発性心筋症とは、心筋が徐々に変性して線維に置き代わり収縮力や拡張能が低下して、最終的には体に十分な血液を送り出せなくなる病気ですが、原因はまだ解明されていません。

特発性心筋症の中でも、拡張型心筋症の患者さんが移植適応と認定されることが最も多く、日本の心臓移植の約3分の2が拡張型心筋症の患者さんです。拡張型心筋症とは、特に左心室の筋肉の収縮する能力が低下することにより左心室が拡張してしまう病気です。

特発性心筋症の中には拡張型心筋症以外にも拡張相肥大型心筋症や拘束型心筋症があります。数は多くありませんが、これらの病気の患者さんが移植適応とされる場合があります。

血液

虚血性心疾患やウイルス感染に伴う心筋炎など

次いで多いのが虚血性心疾患で、日本では移植に到達する患者さんの約10%程度です。先天性心疾患においても心臓移植が必要になる場合があります。また、数は多くはありませんが心筋炎と呼ばれるウイルス感染を伴うものがあります。ウイルス感染に伴って起こる急性心筋炎のうちほとんどの場合は回復しますが、回復しなくなり拡張型心筋症と似たような症状になると移植が必要となる場合があります。

心臓移植の適応には総合判断が必要

上記の様々な病気の患者さん全員に心臓移植が必要かというと、そうではありません。内服治療を十分におこなっても心機能が低下して全身の循環を維持することができなくなった場合、患者さんの症状を総合的に診て、心臓移植が必要かどうか判断します。

心筋症のページへ

連載記事

関連記事