新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
うしんふぜん

右心不全

最終更新日
2021年04月30日
Icon close
2021/04/30
掲載しました。

概要

右心不全とは、心臓を構成する右心房・右心室・左心房・左心室という4つの部屋のうち、主に右心房や右心室の機能が低下することにより、全身に血液が停滞した状態になることです。右心不全は、心筋梗塞(しんきんこうそく)心筋炎など心臓の筋肉にダメージが生じたときや弁膜症によって引き起こされますが、左心不全に引き続いて起こる場合も多くあります。そのため、右心不全は1つの病名として捉えられることはなく、病気によって引き起こされる症状の1つと考えるのが一般的です。

心臓は全身に血液を送り、全身を巡って心臓に戻ってきた血液を肺に送り出す“血液のポンプ機能”を担う臓器です。心臓は筋肉でできており、収縮と弛緩(しかん)を繰り返すことでポンプ機能を維持しています。そのため、心臓の筋肉に何らかのダメージが加わったり、過度な負担が長期間加わったりして筋肉が疲弊すると、ポンプ機能は低下していくこととなります。

心臓は4つの部屋に分かれていますが、左心室は全身に血液を送り出す部位です。左心室から動脈に送り出され全身を巡った血液は静脈を通って右心房に戻り、さらに右心室に流れ肺へ送り出されます。右心不全では、この右心室のはたらきが低下するため、肺のほうに血液が送り出されず静脈に血液がうっ滞した状態となります。その結果、むくみや体重増加などの症状を引き起こすようになるのです。

右心不全は単独で発症するケースもありますが、左心不全に続発して重度の心機能低下を引き起こすことも少なくありません。

原因

右心不全は、右心房や右心室など心臓を構成する4つの部屋のうち、“右側”の機能が低下することによって引き起こされます。

主な原因は、心筋梗塞心臓弁膜症心筋炎先天性心疾患などの心臓の病気のほか、肺気腫(はいきしゅ)などの慢性閉塞性肺疾患肺血栓塞栓症などが挙げられますが、多くはさまざまな原因によって起こった左心不全に続発します。また、そのほかにも体液量(血液量)の増加を引き起こす腎不全や、睡眠時無呼吸症候群なども心臓の機能を低下させる原因となります。

症状

上でも述べたとおり、右心室のポンプ機能が低下すると血液を肺へ送り出すことができなくなって血液が“渋滞”し、その結果、全身を巡った血液が心臓に戻りにくくなるのです。

血液が血管(静脈)内に過剰に存在する状態になると、血管外に水分が押し出されるようになるため、むくみを生じるようになります。特に右心不全では、下肢のむくみが目立つようになり、さらに悪化すると肝臓などの臓器にもむくみが生じるようになることも少なくありません。そのため、お腹の張り、吐き気、食欲不振などの症状を引き起こすこともあります。

また、右心不全はさらに重症化すると、食事量の減少などに伴ってエネルギー不足に陥り、体重減少や筋肉量の減少が生じる“心臓悪液質”という状態になることがあります。その結果、さらに心不全が悪化するといった負のスパイラルに陥るケースも少なくないのです。

検査・診断

右心不全が疑われるときは次のような検査が行われます。

画像検査

右心不全を発症すると心臓が拡大するため、心臓が全体的に大きくなります。そのため、心臓の大きさなどを簡易的に評価する目的で、右心不全が疑われる場合は胸部X線検査(レントゲン検査)が行われるのが一般的です。

血液検査

心不全を発症すると、体内では脳性(B型)ナトリウム利尿ペプチド(BNP)と呼ばれるホルモンが多く産生されるようになります。そのため、心不全が疑われる場合は血液検査で血中のBNP濃度を調べ、心不全の有無や重症度を調べるのが一般的です。また、そのほかにも貧血や炎症の有無など心不全を引き起こす原因がないか調べることも少なくありません。

心臓超音波検査

心臓の大きさや動き、血液の拍出量などを調べることができる検査です。外来などでも簡便に体への負担なく検査することができるため、右心不全が疑われるときは広く行われています。

心電図検査

心臓の筋肉の電気的な活動を体表面に装着した電極が読み取り、波形として記録する検査です。右心不全そのものを診断することはできませんが、心臓の筋肉に異常がないか評価することができるため、診断の手がかりの1つとなります。

その他の検査

心筋梗塞狭心症心筋炎など、心不全の原因を明らかにするために、CT検査、MRI検査、心臓カテーテル検査などを実施することもあります。

治療

右心不全の治療は、基本的には体液量を減らして心臓への負担を軽減する利尿薬、心臓の機能を補う強心薬、心臓を保護するアンジオテンシン変換酵素阻害薬、β遮断薬などによる薬物療法が行われます。

また、右心不全は上で述べたような病気によって引き起こされる症状であるため、それぞれの原因疾患を改善するための治療が行われます。

一方で、左心不全を伴った非常に重症な場合には呼吸困難を引き起こすため、酸素投与や人工呼吸器での呼吸管理が必要となることも少なくありません。

予防

右心不全を予防するには、上で述べたような発症原因となる病気を予防することが大切です。発症の原因となる病気は生活習慣の乱れや喫煙によって引き起こされることが多いため、右心不全を予防するには食生活や運動習慣の見直し、規則正しい生活、禁煙、ストレスや疲れをためないことなどが重要です。

「右心不全」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。