しんぞうべんまくしょう

心臓弁膜症

別名:弁膜症
心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

心臓弁膜症とは、心臓に存在する弁に機能障害が生じる病気を指します。心臓の弁は4種類存在しており、それぞれの弁において機能障害が生じる可能性がありますが、心臓弁膜症はこれら機能障害を包括的に含む疾患概念です。心臓弁膜症を発症すると弁膜症のタイプに応じて、心不全症状(易疲労感や呼吸苦、浮腫など)や失神などが現れます。

内科的な治療が行われますが、弁膜症の重症度によっては手術も検討されます。手術によってもともとの弁を修復することもあれば、全く機能していない弁に対しては弁の置換術を選択することもあります。どのような治療方法を選択するかは、病気の進行度や年齢的な要素などを複合的に加味したうえで最終決定されます。

原因

心臓の構造を詳しくみると、右心房、右心室、左心房、左心室があります。全身から還ってきた血液は右心房へと入り、順次右心室から肺へと送られます。肺で酸素と二酸化炭素のガス交換が行われた後、酸素を多く含んだ血液は左心房へと戻ってきます。左心房から左心室へと血液が送られ、全身へと送り出されます。

心臓の中の血液の流れは基本的に一方通行になるようになっており、右心房と右心室、右心室と肺動脈、左心房と左心室、左心室と大動脈に弁が存在することで血液の流れは保たれています。これら4つの弁はそれぞれ、三尖弁(さんせんべん)・肺動脈弁・僧帽弁(そうぼうべん)・大動脈弁と呼ばれますが、これら弁の働きに異常が生じることを原因として心臓弁膜症は発症します。

弁の機能障害の形態としては、(1)血液が逆流する(逆流症・閉鎖不全症)、(2)血液の流れが悪くなる(狭窄症)の2つの種類があります。つまり、各種弁と機能障害の形態に応じていくつか病気がありますが、代表的なのは、僧帽弁狭窄症・僧帽弁閉鎖不全症・大動脈弁狭窄症・大動脈弁閉鎖不全症です。

僧帽弁狭窄症

僧帽弁狭窄症の原因は、リウマチ熱が主体です。A群連鎖球菌に感染することで発症する病気ですが、現在(2017年時点)の日本においては抗菌薬の使用もあり頻度は減少しています。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症の原因は、僧帽弁逸脱症、感染性心内膜炎、外傷、リウマチ性心疾患、虚血性心疾患、心筋症などが挙げられます。

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症の原因は、先天性な二尖弁、石灰化などが挙げられます。

大動脈弁閉鎖不全症

大動脈弁閉鎖不全症の原因は、感染性心内膜炎、大動脈の拡大、先天性二尖弁、石灰化などが挙げられます。

症状

弁膜症の種類によっても異なりますが、易疲労感や呼吸困難、浮腫(ふしゅ)(むくみ)などの心不全症状が現れます。横になると重力の関係から肺への血流分布が増加し、呼吸障害が増強されることがあります。そのため起座呼吸(座って呼吸をすること)を好むようになります。この起座呼吸のため、夜間就寝中に呼吸苦が増悪(悪化)することもまれではありません。

僧帽弁狭窄症や僧房弁閉鎖不全症では心房細動という不整脈が現れることがあります。心房細動を発症すると動悸や脈の飛ぶ感じを自覚することがあります。さらに、心房内に血栓(けっせん)が形成されてしまい、血流に乗って脳を栄養する血管まで飛ばされ血管閉塞をきたすことがあります。その結果、脳梗塞を発症し、麻痺や感覚障害、言語障害などの症状が現れることがあります。大動脈弁狭窄症では大動脈からの血流流出が妨げられるため、失神症状がみられることもあります。

心臓弁膜症では異常血流が存在することから、感染性心内膜炎の発症リスクが高いといえます。感染性心内膜炎を発症すると発熱や倦怠感などの症状、塞栓症状などが現れます。

検査・診断

心臓弁膜症では、レントゲン写真、心電図、心臓超音波検査(心エコー検査)などの検査が行われます。これらの検査を行うことで、心不全の状況や不整脈、弁の機能障害の状況などを確認することができます。また、手術の際には、より詳細な血行動態の評価も必要とされるため、経食道エコー検査や心臓カテーテル検査も行われます。

治療

内科的な治療と手術による治療が検討されます。内科的な治療としては心不全や不整脈、血栓に対しての治療介入が重要です。それぞれ利尿剤や降圧剤、抗不整脈薬、抗凝固療法などが行われます。

また、内科的な治療が奏功しない場合、手術的な治療介入も検討されます。心臓弁膜症は、弁の機能障害をきたす疾患であるため、弁に対しての治療介入が根治術になります。ご自身がもともと有する弁を修復する形の手術である弁形成術、もしくは、生体弁や機械弁といわれる弁をもちいて完全に弁を置き換える弁置換術の大きく分けて2つの方法があります。それぞれメリットやデメリットがあり、年齢的なものや症状の程度などを総合的に加味したうえで方針を決定します。

こちらも気になることはありますか?
▶︎カテーテル治療について詳しく知りたい方はこちら