そうぼうべんへいさふぜんしょう

僧帽弁閉鎖不全症

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

僧帽弁閉鎖不全症とは、主に動脈硬化や心筋梗塞、リウマチ熱などを原因として発症する、僧帽弁(そうぼうべん)の閉まりが悪くなった状態です。僧帽弁は、左心房と左心室の間に位置する心臓の弁のひとつです。僧帽弁の機能が悪くなると、左心房から左心室に送り出された血液の一部が左心房に逆流してしまいます。

軽症の場合には無症状であり、健康診断で逆流の指摘を受けて診断されることもありますが、進行すると心不全症状が現れることがあります。また、心房細動という不整脈が現れて動悸を自覚することもあります。さらに、心房細動にともない心臓内に血栓(血の塊)が形成され、脳梗塞を引き起こす危険性もあります

治療方法としては、心不全や不整脈、血栓に対しての内科的な治療があります。また僧帽弁の逆流を解除するために、カテーテル治療や手術などが行われることもあります。

原因

心臓は、全身や肺に血液を送るポンプとしての機能を果たしています。心臓には4つの部屋が存在していますが、左心房は肺から戻ってくる、豊富な酸素を含んだ血液を受け入れる部屋です。左心房に戻ってきた血液は左心室へと送られ、その後、大動脈を介して全身に血液が送られます。

僧帽弁閉鎖不全症とは、この弁が何かしらの原因で機能不全を起こし、左心室から左心房へ血液が逆流してしまう病気です。その結果、肺うっ血と呼ばれる状態を引き起こします。

僧帽弁閉鎖不全症は僧帽弁そのものが傷むことで起こる一次性僧帽弁閉鎖不全症と、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など、心臓に血液が十分行き渡っていない疾患)や心筋症などが原因で左心室が傷むことにより、結果として僧帽弁も傷んでしまう二次性僧帽弁閉鎖不全症に分けられます。また、一部の僧帽弁閉鎖不全症は、バーロー症候群と呼ばれる先天性の疾患により起こることがわかっています。バーロー症候群とは、生まれつき僧帽弁がふやけたような柔らかい形状をしている病気です。

症状

軽症の僧帽弁閉鎖不全症では、特に症状を感じることはありません。しかし、進行すると階段や坂道の昇り降りで息切れを感じるようになります。さらに進行すると、平地を歩くだけでも息切れを感じるようになり、やがて安静にしていても息切れするようになります。これは病気が進んでいることを意味します。

さらに進行すると、夜寝たとき急に息切れが起こる夜間発作性呼吸困難や、横になっただけで息苦しくなり、常に体を起こした姿勢でいるしかなくなる起座呼吸(きざこきゅう)と呼ばれる状態に陥ることもあります。重症例では、激しく咳き込み、ピンク色の痰が出るようになるため、ただちに医療機関を受診したほうがよいとされています。

また、僧帽弁閉鎖不全症は、心房細動と呼ばれる不整脈を併発することがあります。心房細動は初期のほうが、自覚症状が重くなる傾向があります。具体的な症状としては、動悸・胸部不快感・胸痛・立ちくらみ(めまい)・全身倦怠感などです。また、脈を計ると脈が速い・遅い・不規則になっている、ということが確認できます。

心房細動が慢性に経過すると、左心房内に血栓(けっせん)と呼ばれる血の塊が形成されることもあります。血栓が左心室から全身に移動すると、脳梗塞を引き起こすこともあります。

検査・診断

治療方針を決定するためには胸の音を聴く聴診、採血などの一般的な検査だけでなく、さまざまな画像検査を行います。

経胸壁心エコー

経胸壁心エコーは、最初の検査でもっとも大切な検査です。超音波を使って、弁の逆流の原因を調べ、心機能を含めて定量的に評価します。胸に小さい装置をあてて、胸の中にある心臓を画像化し計測します。

経食道心エコー検査

経食道心エコー検査では、胃カメラのような機械を口から入れて、食道から心臓を観察することで、明瞭な画像による詳細な診断が可能です。経食道心エコー検査は、経胸壁心エコー図では十分に心臓を観察できない場合や、よりよい治療選択を目指して行われています。

僧帽弁閉鎖不全症に合併する心房細動に伴い、左心房内に血栓(けっせん)が形成されることもあります。エコー検査では血栓の状況についても評価することが可能です。

そのほか、心臓カテーテル検査を行い、逆流の程度などをさらに詳細に評価します。また、僧帽弁閉鎖不全症では、心房細動と呼ばれる不整脈を併発することもあり、心電図で状況を評価します。さらに、血液検査で全身臓器の状況を含めて心不全の程度(BNPなど)などを評価します。

治療

僧帽弁閉鎖不全症は、急性と慢性により治療の流れが異なります。

急性の場合

急性の場合は、多くが心不全になっている可能性があります 。ただちに入院し、心不全に対しての集中的な薬物治療を開始します。その後、原因疾患に応じた治療が選択され、必要であれば適切な時期に手術を行います。

慢性の場合

慢性の場合、まずは逆流の重症度を判定します。

軽症の場合

外来で経過観察をおこない、薬は用いません。

軽症と重症の間の中等症である場合

薬物を用いた内科的治療を行いながら経過観察し、逆流や心機能が悪化すれば手術を行います。

重症の場合

外科的治療を行います。利尿薬や血管拡張薬などの薬による内科的治療も行いますが、これらは心不全に対しての対症療法であり、問題となっている僧帽弁そのものを修復することはできません。僧帽弁の修復を行うためには外科的治療による介入が必要です。手術方法には大きく分けて弁形成術と弁置換術がありますが、状況に応じて適宜手術方法は検討されます。

また、僧帽弁閉鎖不全症では心房細動という不整脈を合併することで、血栓が形成されることもあるため、血栓に対する治療薬が併用されます。