新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

近畿大学医学部 心臓血管学教室 准教授

日本心臓血管外科学会 心臓血管外科修練指導者・心臓血管外科専門医・評議員 日本外科学会 指導医・外科認定医・外科専門医

岡本 一真 おかもと かずま 先生

慶應大学卒業後、同大学病院で心臓外科医師としてのキャリアをスタート。ベルギー、イタリア、タイと海外の有名病院でフェローを務めあげ、手術実績ならびに研究業績をあげる。2010年より慶應義塾大学 外科(心臓血管)助教に就任、2012年に同専任講師となる。2016年より明石医療センターで心臓血管低侵襲治療センター長に就任。2021年4月から近畿大学病院 心臓血管学教室 准教授に着任。
心臓血管低侵襲手術のパイオニアとして、自ら多くの症例を手がけるだけでなく、国内での手術手技普及にも貢献する。

岡本先生のストーリー記事

日本を代表する心臓血管外科医になる
日本を代表する心臓血管外科医になる

トップランナーを目指し、心臓外科手術のスキルを磨き続ける岡本一真先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科

資格・学会・役職

日本心臓血管外科学会 心臓血管外科修練指導者・心臓血管外科専門医・評議員
日本外科学会 指導医・外科認定医・外科専門医
  • 難病 指定医
  • 兵庫県指定 身体障害者指定医(心臓)
  • 臨床研修 指導医
  • 共用試験OSCE 評価者認定
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術 実施医・指導医
  • 腹部ステントグラフト 実施医・指導医
  • 胸部ステントグラフト 実施医
  • 日本心臓血管外科学会 国際会員・評議員
  • 日本心臓病学会 会員
  • 日本冠動脈外科学会 会員
  • 日本再生医療学会 会員
  • 日本小児循環器学会 会員
  • 日本冠疾患学会 会員
  • 日本弁膜症学会 会員
  • 日本人工臓器学会 会員
  • 日本血管外科学会 会員
  • 日本胸部外科学会 関東甲信越地方会 会員
  • 関西胸部外科学会 評議員
  • The American Heart Association 会員
  • Fellow of the American Heart Association (FAHA) 会員
  • The Society of Thoracic Surgeons 会員
  • European Association For Cardio-Thoracic Surgery 会員
  • The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 会員
  • ASCVTS Home Page Working Group 所属
  • The International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery 会員
  • The Society for Heart Valve Disease 会員
  • CCT (Complex Cardiovascular Therapeutics) Surgical Course Director
  • JAPAN MICS Summit 幹事
  • ステントレス僧帽弁臨床研究会 世話人・幹事・適応委員会 委員
  • KCJL(近畿心血管治療ジョイントライブ)2017 Surgical 世話人
  • 一般社団法人世界手術教育フォーラム(令和元年5月20日) 設立時社員
  • 近畿大学医学部 心臓血管学教室 准教授
  • 日本循環器学会 会員
  • 日本小児外科学会 会員
  • 日本胸部外科学会 正会員・評議員

所属病院

近畿大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 大阪府大阪狭山市大野東377-2
  • 南海高野線「金剛駅」 南海コミュニティバス 狭山ニュータウン・泉ケ丘行き 近畿大学病院前下車 バス 泉北高速鉄道線「泉ヶ丘駅」 南海コミュニティバス 狭山ニュータウン・金剛行き 近畿大学病院前下車 バス
  • 072-366-0221
近畿大学病院

医療記事

岡本先生に無料で相談

近畿大学医学部 心臓血管学教室 准教授

こんなありませんか?

Check!
  • 心臓弁膜症の治療を検討している
  • 治療法について不安がある
  • 体への負担が少ない手術を希望している

岡本先生に
無料で相談してみましょう!

お問合せフォームで無料相談

来歴等

略歴

1999年 慶應義塾大学医学部 卒業
2002年 慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程 入学
2006年 慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程 単位取得退学
2009年 慶應義塾大学 博士(医学)第3207号
1999年 慶應義塾大学病院 研修医(外科学)
2000年 大田原赤十字病院 外科 医師
2001年 国立霞ヶ浦病院 外科 医師
2002年 慶應義塾大学病院 心臓血管外科 専修医
2003年 済生会宇都宮病院 心臓血管外科 専修医
2004年 慶應義塾大学医学部 21世紀COEプログラムリサーチアシスタント
2004年 国立成育医療センター研究所 生殖医療研究部 研究員
2004年 国立成育医療センター研究所 流動研究員
2005年 国立成育医療センター研究所 流動研究員
2006年 慶應義塾大学医学部 助手 (専修医)(外科学)
2007年 OLV Clinic, Cardiovascular and Thoracic Surgery, Belgium Clinical Fellow
2008年 IRCCS Policlinico San Donato, Cardiochirurgia, Italy Clinical Fellow
2009年 慶應義塾大学医学部 助教 (専修医)(外科学)
2010年 Chiang Mai University, Cardiothoracic surgery, Thailand Clinical fellow
2010年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)助教
2012年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)専任講師(有期・学部内)
2014年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)外来医長(兼任)
2016年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)外来医長(兼任)
2016年 社会医療法人愛仁会明石医療センター 心臓血管低侵襲治療 センター長
2016年 慶應義塾大学医学部 外科学講師(非常勤)
2019年 神戸大学医学部 臨床准教授
2021年 近畿大学医学部 心臓血管学教室 准教授

論文

  • 【原著】1.The significant cardiomyogenic potential of human umbilical cord blood-derived mesenchymal stem cells in vitro. Stem Cells 2007;25(8):2017-2024.

    Nishiyama N, Miyoshi S, Hida N, Uyama T, Okamoto K, Ikegami Y, Miyado K, Segawa K, Terai M, Sakamoto M, Ogawa S, Umezawa A.

  • 【原著】2.'Working' cardiomyocytes exhibiting plateau action potentials from human placenta-derived extraembryonic mesodermal cells. Experimental cell research 2007;313(12):2550-2562.

    Okamoto K, Miyoshi S, Toyoda M, Hida N, Ikegami Y, Makino H, Nishiyama N, Tsuji H, Cui CH, Segawa K, Uyama T, Kami D, Miyado K, Asada H, Matsumoto K, Saito H, Yoshimura Y, Ogawa S, Aeba R, Yozu R, Umezawa A.

  • 【原著】3.Serum-independent cardiomyogenic transdifferentiation in human endometrium-derived mesenchymal cells. Artificial organs 2010;34(4):280-288.

    Ikegami Y, Miyoshi S, Nishiyama N, Hida N, Okamoto K, Miyado K, Segawa K, Ogawa S, Umezawa A.

  • 【原著】4.Aggressive surgical strategy should be used for the treatment of thoracic aortic disease in patients with end-stage renal disease. Interactive cardiovascular and thoracic surgery 2011;12(3):384-388.

    Okamoto K, Shimizu H, Ueda T, Yozu R.

  • 【原著】5.Bridging annuloplasty for left atrioventricular valve of partial atrioventricular septal defect. Ann Thorac Surg 2012;93(5):e137-139.

    Aeba R, Kudo M, Okamoto K, Yozu R.

  • 【原著】6.The effectiveness of rigid pericardial endoscopy for minimally invasive minor surgeries: Cell transplantation, epicardial pacemaker lead implantation, and epicardial ablation. Journal of cardiothoracic surgery 2012;7:117.

    Kimura T, Miyoshi S, Okamoto K, Fukumoto K, Tanimoto K, Soejima K, Takatsuki S, Fukuda K.

  • 【原著】7.Loop-in-loop technique in mitral valve repair via minithoracotomy. Ann Thorac Surg 2012;93(4):1329-1330.

    Okamoto K, Yozu R, Kudo M.

  • 【原著】8.New innovative instruments facilitate both direct-vision and endoscopic-assisted mini-mitral valve surgery. J Thorac Cardiovasc Surg 2012;143(4 Suppl):S82-85.

    Yozu R, Okamoto K, Kudo M, Nonaka H, Adams DH.

  • 【原著】9.Cross-sectional survey on minimally invasive mitral valve surgery. Ann Cardiothorac Surg 2013;2(6):733-738.

    Misfeld M, Borger M, Byrne JG, Chitwood WR, Cohn L, Galloway A, Garbade J, Glauber M, Greco E, Hargrove CW, Holzhey DM, Krakor R, Loulmet D, Mishra Y, Modi P, Murphy D, Nifong LW, Okamoto K, Seeburger J, Tian DH, Vollroth M, Yan TD.

  • 【原著】10.The difference between arterial pressure waveform cardiac output versus thermo dilution cardiac output as a perioperative dynamic evaluation of the severity of aortic insufficiency. EC Anaesthesia 2015;2(3):131-138.

    Lorsomradee S, Lorsomradee S, Okamoto K, Yamada T, Morisaki H, Yozu R.

  • 【原著】12.Alternative peripheral perfusion strategies for safe cardiopulmonary bypass in atrial septal defect closure via a right minithoracotomy approach. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2016;64(3):131-137.

    Kitahara H, Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Ito T, Hayashi K, Inaba Y, Akamatsu Y, Shimizu H.

  • 【原著】13.Heterotopic transplantation of a decellularized and recellularized whole porcine heart. Interactive cardiovascular and thoracic surgery 2016;22(5):571-579.

    Kitahara H, Yagi H, Tajima K, Okamoto K, Yoshitake A, Aeba R, Kudo M, Kashima I, Kawaguchi S, Hirano A, Kasai M, Akamatsu Y, Oka H, Kitagawa Y, Shimizu H.

  • 【原著】14.Incidence, predictors, and mid-term outcomes of possible leaflet thrombosis after tavr. JACC Cardiovasc Imaging 2016.

    Yanagisawa R, Hayashida K, Yamada Y, Tanaka M, Yashima F, Inohara T, Arai T, Kawakami T, Maekawa Y, Tsuruta H, Itabashi Y, Murata M, Sano M, Okamoto K, Yoshitake A, Shimizu H, Jinzaki M, Fukuda K.

  • 【原著】15.Postoperative stroke after debranching with thoracic endovascular aortic repair. Ann Vasc Surg 2016;36:132-138.

    Yoshitake A, Hachiya T, Okamoto K, Kitahara H, Kawaguchi S, Nakatsuka S, Inoue M, Jinzaki M, Shimizu H.

  • 【原著】17.Comparison of clinical outcomes after transcatheter vs. Minimally invasive cardiac surgery closure for atrial septal defect. Circ J 2017;81(4):543-551.

    Kodaira M, Kawamura A, Okamoto K, Kanazawa H, Minakata Y, Murata M, Shimizu H, Fukuda K.

  • 【原著】18.Comparison of aortic arch repair using the endovascular technique, total arch replacement and staged surgerydagger. Eur J Cardiothorac Surg 2017;51(6):1142-1148.

    Yoshitake A, Okamoto K, Yamazaki M, Kimura N, Hirano A, Iida Y, Abe T, Shimizu H.

  • 【原著】19.Development of a transplant injection device for optimal distribution and retention of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes. The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation 2019;38(2):203-214.

    Tabei R, Kawaguchi S, Kanazawa H, Tohyama S, Hirano A, Handa N, Hishikawa S, Teratani T, Kunita S, Fukuda J, Mugishima Y, Suzuki T, Nakajima K, Seki T, Kishino Y, Okada M, Yamazaki M, Okamoto K, Shimizu H, Kobayashi E, Tabata Y, Fujita J, Fukuda K.

  • 【原著】20.食道癌の診断と治療 10年間の食道癌治療成績と術後の呼吸・循環管理. つくばシンポジウム 茨城県消化器病懇話会雑誌. 17: 24-29. 2002

    田村洋一郎、岡本一真、壁島康郎、亀山哲章、戸泉篤、影山隆久

  • 【総説】1.Designing innovative retractors and devices to facilitate mitral valve repair surgery. Ann Cardiothorac Surg 2015;4(4):364-369.

    Okamoto K, Yozu R.

  • 【総説】2.Minimally invasive cardiac surgery in japan: History and current status. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2018;66(9):504-508.

    Okamoto K.

  • 【総説】3.【ヘルニア-最新の治療】 大腿ヘルニアに対するプロリンヘルニアシステムの適応. 臨床外科 57(8): 1085-1090, 2002

    田村明彦,木村成卓,岡本一真,大関美穂,川久保博文,赤松秀敏,岡昭一,清水敦夫,水沼仁孝,松井淳一,雨宮哲,古泉桂四郎

  • 【総説】4.解説!心臓血管手術 完全大血管転位症手術. ハートナーシング 761-765, 2005

    岡本一真,饗庭了,四津良平

  • 【総説】5.【再生医学とリプロダクション】 胎盤由来の間葉系幹細胞の心筋分化. 産婦人科の世界 59(3): 243-250,2007

    三好俊一郎,岡本一真,四津良平,吉村泰典,小川聡

  • 【総説】6.骨髄以外のヒト間葉系細胞からの心筋分化. 心電図 28 (Suppl.3): S-3-37-48, 2008

    三好俊一郎,肥田直子,西山信大,池上幸憲,辻紘子,岡本一真,佐竹正樹,宇山太郎,瀬川薫,森泰昌,坂元亨宇,小川聡,梅澤明弘

  • 【総説】7.ロボット手術の心臓外科領域における現状. 小切開・鏡視外科学会 3(1): 51-54, 2012

    岡本一真,工藤樹彦,四津良平

  • 【総説】8.人工腱索再建を軸にした僧帽弁形成戦略. 胸部外科 65(4): 291-295, 2012

    岡本一真,工藤樹彦,四津良平

  • 【総説】9.心臓血管外科学 臨床医学の展望 2013. 日本医事新報. 2013;4638: 80-5.

    四津良平, 工藤樹彦, 岡本一真, 志水秀行, 吉武明弘, 饗庭了.

  • 【総説】10.弁形成術(僧帽弁閉鎖不全). 成人病と生活習慣病 44(7): 842-847, 2014

    岡本一真,四津良平

  • 【総説】11.人工腱索再建を軸とした僧帽弁形成. 心臓 46(8) : 1050-1053, 2014

    岡本一真,工藤樹彦,四津良平

  • 【総説】12.小切開心臓手術(右小開胸アプローチ). ハートナーシング 28(1): 54-58, 2015.

    岡本一真, 飯田雅美, 富岡久子

  • 【総説】13.特集:内科医に必要な心臓外科手術の知識 進歩する外科手術 MICSはここまで治せる? Heart View 19(10): 76-81, 2015

    岡本一真

  • 【総説】14.【心臓血管外科 前編】 術式別に学ぶ心臓血管手術 弁膜症と不整脈 三尖弁手術. Intensivist 7(4): 747-753, 2015

    岡本一真

  • 【総説】15.本邦における低侵襲心臓手術の現況 MICS僧帽弁形成術のルーチン化. 日本外科学会雑誌 117(2) : 124-129, 2016

    岡本一真,工藤樹彦,志水秀行

  • 【総説】16.右小開胸による直視下僧帽弁手術. 胸部外科 69(8) : 603-606, 2016

    岡本一真

  • 【総説】17.右小開胸僧帽弁手術における再膨張性肺水腫の発症機序とその治療法 日本医事新報 4835 53-54, 2016

    岡本一真

  • 【総説】18.冠動脈バイパス手術(cabg)における両側内胸動脈の利用 左冠動脈領域への利用が高齢者や糖尿病患者にも有用. 日本医事新報 2017(4843):60-61.

    福井寿啓, 岡本一真

  • 【総説】19.【病態関連mapではやわかり 心臓外科手術の術後ケア】 (第二部)備えよう!開心術後に起こる合併症の管理とケア 疾患別に起こりやすい合併症 弁膜症. ハートナーシング 2018;31(1):43-46.

    岡本一真

  • 【総説】20.右僧帽弁形成術における人工腱索再建. 胸部外科 2019;72(8) : 575

    岡本一真

  • 【総説】21.心臓血管低侵襲治療2018年の進歩. 日本心臓血管外科学会雑誌 2019;48(6) : 442-444

    岡本一真

著書

  • 【編著】1.心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【編著】2.心臓血管外科エキスパートが分析する“術中危機的状況” ピットフォールとリカバリー、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】1.Mini-Mitral Surgery, First Edition, 2-23, Keio Institute of Minimally Invasive Cardiovascular Intervention, Tokyo, 2012

  • 【共著・分担執筆】2.Mini-Mitral Surgery, Second Edition, 3-23, Keio Institute of Minimally Invasive Cardiovascular Intervention, Tokyo, 2012

  • 【共著・分担執筆】3.アプローチ:内視鏡補助直視下による右小開胸僧帽弁形成. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、27-32、南江堂、東京、2019/02/20

  • 【共著・分担執筆】4.症例選択基準 A 僧帽弁(右小開胸アプローチ). 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、52-57、南江堂、東京、2019/02/20

  • 【共著・分担執筆】5.三尖弁の手術:MICS三尖弁形成術. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、153-162、南江堂、東京、2019/02/20

  • 【共著・分担執筆】6.心房中隔欠損孔閉鎖. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、168-171、南江堂、東京、2019/02/20

  • 【共著・分担執筆】7.MICSにおける出血コントロール. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、180-182、南江堂、東京、2019/02/20

  • 【共著・分担執筆】8.開閉胸A to Z and pitfall (1)開胸法、心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、2-11、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【共著・分担執筆】9.開閉胸A to Z and pitfall (1)閉胸法、心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、12-22、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【共著・分担執筆】10.人工心肺着脱、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、22-37、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【共著・分担執筆】11.大動脈弁置換術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、152-165、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【共著・分担執筆】12.僧帽弁置換術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、176-189、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【共著・分担執筆】13.僧帽弁形成術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、190-199、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【共著・分担執筆】14.三尖弁形成術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、200-205、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 【共著・分担執筆】15.心室中隔欠損症(VSD) 外科治療、SHDインターベンションコンプリートガイド、有田武史、原英彦、林田健太郎、赤木禎治、白井伸一、細川忍、森野禎浩 264-267、医学書院、東京、2019/5/1

  • 【共著・分担執筆】16.心房中隔欠損症(ASD) 外科治療、SHDインターベンションコンプリートガイド、有田武史、原英彦、林田健太郎、赤木禎治、白井伸一、細川忍、森野禎浩 293-296、医学書院、東京、2019/5/1

  • 【共著・分担執筆】17.胸骨正中切開から視野の展開まで:成人、いまさら聞けない心臓血管外科基本手技、横山斉、福田幾夫、坂東興、田中千陽 16-18、南江堂、東京、2020/3/10

  • 【共著・分担執筆】18.静脈還流異常が存在する、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 2-4、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】19.体外循環開始前にACTが目標値まで上がらない、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 5-6、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】20.頭部rSO2が低下する、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 19-20、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】21.大動脈遮断後もすぐに心拍が再開する、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 35-37、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】22.体外循環終了後に急に血圧が低下した、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 40-43、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】23.三尖弁の視野展開不良、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 156-158、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】24.下行大動脈に著明な石灰化がある、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 162-163、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【共著・分担執筆】25.肺が邪魔で止血確認が困難、心臓血管外科エキスパートが分析する"術中危機的状況" ピットフォールとリカバリー、横山斉、夜久均 、種本和雄、東信良、志水秀行、福井寿啓、岡本一真 168-169、南江堂、東京、2020/11/1

  • 【原著】11.Preservation of mobility of the posterior mitral leaflet after mitral valve repair with neochordae using loop technique. Circ J 2016;80(3):663-667.

  • 【原著】16.Impact of subclinical vascular complications detected by systematic postprocedural multidetector computed tomography after transcatheter aortic valve implantation using balloon-expandable edwards sapien xt heart valve. Am J Cardiol 2017;119(7):1100-1105.

  • 【マスメディア】7.7. テレビ朝日スペシャルドラマ企画 名探偵・明智小五郎 医療監修 (2019/3/30-31)

受賞

  • 【受賞】1.慶應義塾大学医学部外科学教室 刀林賞 2010年「'Working' cardiomyocytes exhibiting plateau action potentials from human placenta-derived extraembryonic mesodermal cells.」

  • 【受賞】2.慶應義塾大学医学部外科学教室 刀林賞 2011年「透析患者に対する胸部大動脈手術の積極的手術適応」

  • 【受賞】3.日本心臓財団_「心臓」年間優秀査読賞 2015年1月

  • 【受賞】4.日本医療経営機構 平成30年度医療経営人材育成プログラム leadership award 2019年1月

学会発表

  • 【国際学会・教育講演】1.Yozu R, Kudo M, Okamoto K, Nemoto A and Yamabe K: Loop-technique for mitral valve repair. Joint meeting of 19thASCVTS and 21stATCSA, Phuket, Thailand, 2011

  • 【国際学会・教育講演】2.Okamoto K: Setting up a MICS program. Minimally invasive cardiac surgery workshop and wetlab, 22nd Annual meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery, Istanbul, Turkey, 2014

  • 【国際学会・教育講演】3.Okamoto K: For endoscopic assisted mitral valve repair as a routine practice, Anan Hospital, Tainan, Taiwan, 2018/11/14

  • 【国際学会・シンポジウム】1.Okamoto K: TAVI vs. SAVR in Intermediate-low Risk Patients: SAVR is Still the Gold Standard CVIT2016, Tokyo, 2016/07/07

  • 【国際学会・シンポジウム】2.Okamoto K, Yoshitai N, Tohma R, Watanabe T, Misato T, Hayashi T, Tobe S: The cuttingedge of minimally invasive mitral valve surgery in Japan, Symposium 6, Minimally invasive mitral valve procedures: MICS, MitraClip, NeoChord, and Transcatheter Mitral Valve Replacement, The 8th Meeting of the International Federation of Artificial Organs, Osaka, 2019/11/13

  • 【国際学会・ワークショップ】1.Yozu R, Okamoto K, Takaki H and Kudo M: Multiple neo-chordae creations with ‘Loop-in-Loop technique’ in mitral valve repair. 2012 AATS Mitral Conclave Workshop, Karuizawa, Japan, 2012

  • 【国際学会・ワークショップ】2.Okamoto K: What do we need to know about anatomy before starting TAVI? CCT 2013, Kobe, Japan, 2013

  • 【国際学会・ワークショップ】3.Okamoto K: The use of loop in loop technique in mitral valve repair. 2014 Shanghai Heart Valve Summit, Shanghai, China, 2014

  • 【国際学会・ワークショップ】 4.Okamoto K: Minimally invasive and arrhythmia surgery for atrial functional MV regurgitation. 2018 Heart Valve Disease Symposium 2018, Seoul, Korea, 2018

  • 【国際学会・一般演題】1.Kitahara H, Murata M, Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Tsuruta H, Itabashi Y, Fukuda K, Shimizu H. Preserved Mobility Of Posterior Mitral Leaflet After Mitral Valve Repair With Loop Technique Heart Valve Society Scientific Meeting 2016 New York 2016

  • 【国際学会・一般演題】2.Oka H, Yoshitake A, Kudo M, Okamoto K, Hirano A, Kasai M, Hayashida K, Fukuda K, Shimizu H. TRANSCATHETER AORTIC VALVE IMPLANTATION POST MVR The 24th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 台北 2016

  • 【国際学会・一般演題】3.Akamatsu Y, Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Oka H, Kawashima T, Kasai M, Hirano A, Shimizu H. LONG-TERM OUTCOMES OF THE LOOP TECHNIQUE IN MITRAL VALVULOPLASTY The 24th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 台北 2016

  • 【国際学会・一般演題】4.Shima Y, Kitahara H, Okamoto K, Yoshitake A, Nakane T, Shimizu H, Yagi H, Tajima K, Kitagawa Y. HETEROTOPIC TRANSPLANTATION OF A DECELLULARIZED WHOLE PORCINE HEART The 24th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 台北 2016

  • 【国際学会・一般演題】5.Yoshitake A, Okamoto K, Kitahara H, Kashima I, Kasai M, Hirano A, Hirano A, Akamatsu Y, Kawashima T, Shimizu H Staged Repair to the Patient with Ruptured Thoracic Aortic Aneurysm ISMICS Annual Scientific Meeting 2016 Montreal 2016/06/15

  • 【国際学会・一般演題】6.Yoshitake A, Okamoto K, Kitahara H, Kashima I, Kasai M, Hirano A, Hirano A, Akamatsu Y, Kawashima T, Shimizu H Staged Thoracic Endovascular Aortic Repair of Extensive Aortic Arch Aneurysm ISMICS Annual Scientific Meeting 2016 Montreal 2016/06/16

  • 【国際学会・一般演題】7.Akamatsu Y, Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Kasai M, Hirano A, Kashima I, Aeba R, Shimizu H. Concomitant Tricuspid Annuloplasty in Patients with Minimally Invasive Mitral Valve Repair ISMICS Annual Scientific Meeting 2016 Montreal 2016/06/16

  • 【国際学会・一般演題】8.Okamoto K, Hirabyashi N, Kudo M, Yoshitake A, Akamatsu Y, Hirano A, Kawashima T, Kasai M, Hirano A, Kitahara H, Kawaguchi S, Kashima I, Aeba R, Shimizu H. Prevention of Lower Limb Ischemia with Near-Infrared Spectroscopy Monitoring In Minithoracotomy Cardiac Surgery Under Femoral Artery Cannulation ISMICS Annual Scientific Meeting 2016 Montreal 2016/06/16

  • 【国際学会・一般演題】9.Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Akamatsu Y, Hirano A, Kawashima T, Kasai M, Hirano A, Kitahara H, Kawaguchi S, Kashima I, Aeba R, Shimizu H. Mitral Valve Repair Thorough Minithoracotomy As a First Choice Approach ISMICS Annual Scientific Meeting 2016 Montreal 2016/06/16

  • 【国際学会・一般演題】10.Hirano A, Kimura N, Okamoto K, IidaY, Ikebata K, Iio M, Asahara Y, Kawaguchi S, Yoshitake A, Aeba R, Shimizu H. Outcomes of Atrial septal defect closure via mini- thoracotomy ~a single center experience ISMICS 2016 Winter Workshop Kyoto 2016/10/28

  • 【国際学会・一般演題】11.Iio M, Yoshitake A, Okamoto K, Yamazaki M, Kimura N, IidaY Kawaguchi S, Mio Kasai, Hirano A, Ikebata K, Asahara Y. Hybrid Repair for Kommerell’s diverticulum with right-side aortic arch ISMICS 2016 Winter Workshop Kyoto 2016/10/28

  • 【国際学会・一般演題】12.Kawaguchi S, Yoshitake A, Okamoto K, Yamazaki M, Kimura N, IidaY, Hirano A, Mio Kasai, Ikebata K, Iio M, Shimizu H. Analysis of left subclavian artery occlusion in debranching with endovascular repair ISMICS 2016 Winter Workshop Kyoto 2016/10/28

  • 【国際学会・一般演題】13.Okamoto K, Ijuin S, Touma R, Misato T, Hayashi T, Yamaguchi M, Tobe S. A new right minithoracotomy cardiac surgery program can be launched safely. The 25th Annual Meeitng of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery Seoul 2017/03/25

  • 【国際学会・一般演題】14.Ijuin S, Okamoto K, Touma R, Misato T, Hayashi T, Tobe S, Yamaguchi M. Early outcome of mitral valve repair via right minithoracotomy during a launching period. The 25th Annual Meeitng of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery Seoul 2017/03/25

  • 【国際学会・一般演題】15.Okamoto K, Touma R, Ijuin S, Misato T, Hayashi T, Yamaguchi M, Tobe S. Non-Resection Repair for Broad Posterior Mitral Leaflet Prolapse with Multiple Neochordal Creations Using Loop-In-Loop Technique. The AATS Mitral Conclave, New York, 2017/04/28

  • 【国際学会・一般演題】16.Okamoto K, Touma R, Ijuin S, Misato T, Hayashi T, Yamaguchi M, Tobe S. Feasibility and Benefit of Right Minithoracotomy Approach in Cardiac Surgery in Patients with Previous Sternotomy ISMICS Annual Scientific Meeting 2017 Rome, 2017/06/8

  • 【国際学会・一般演題】17.Okamoto K, Shibata Y, Kano H, Oshiro S, Morishima T, Touma R, Ijuin S, Misato T, Hayashi T, Yamaguchi M, Tobe S. Monitoring Of Lower Leg Regional Oxygen Saturation during Groin Cannulation in Minimally Invasive Cardiac Surgery ISMICS Annual Scientific Meeting 2017 Rome, 2017/06/8

  • 【国際学会・一般演題】18.Okamoto K, Touma R, Sugiyama H, Misato T, Hayashi T, Tobe S. Feasibility and efficacy in fast track recovery of an immediate extubation in an operating room after mitral valve repair via minithoracotomy. ISMICS Annual Scientific Meeting 2018 Vancouver, 2018/7/12

  • 【国際学会・一般演題】19.Okamoto K, Touma R, Watanabe T, Sugiyama H, Misato T, Hayashi T, Tobe S. One Year Result Of A Modified Loop Technique (Loop‐in‐Loop Technique) For All Kinds Of Degenerative Mitral Valve Insufficiency. The AATS Mitral Conclave 2019, New York, 2019/05/02

  • 【国際学会・一般演題】20.Okamoto K, N Yoshitani, Touma R, Watanabe T, Misato T, Hayashi T, Tobe S. Two-years result of left atrial cryoablation concomitant with mitral valve surgery via right minithoracotomy ASCVTS 2020 (23020/2/9 ChiangMai)

  • 【国内学会・教育講演】1.四津良平,工藤樹彦,岡本一真,根本淳:Minimally invasive mitral valve surgery on a routine basis.第63回日本胸部外科学会 Techno-College,大阪,2010

  • 【国内学会・教育講演】2.岡本一真:小切開心臓手術の現状.日本人工臓器学会第28回教育セミナー,東京,2012

  • 【国内学会・教育講演】3.岡本一真:MICS 手術を如何に安全、確実、効果的に導入するか. 第57回関西胸部外科学会学術集会,大阪,2014

  • 【国内学会・教育講演】4.岡本一真:小切開心臓手術(MICS)の体外循環. 第31回日本人工臓器学会 教育セミナー『体外循環と補助循環』, 東京, 2015

  • 【国内学会・教育講演】5.岡本一真:小切開心臓手術(MICS)のpitfallとその対策. 第32回日本人工臓器学会 教育セミナー, 東京, 2016

  • 【国内学会・教育講演】6.岡本一真:保険加算がついた小切開心臓手術. 第34回日本人工臓器学会 教育セミナー, 東京, 2018

  • 【国内学会・教育講演】7.岡本一真:体外循環_応用編. 第4回 U-40 近畿 Basic Lecture Course Keynote Lecture II, 京都, 2018/09/15

  • 【国内学会・教育講演】8.岡本一真:Loop Technique. テクノアカデミー 僧帽弁 第71回日本胸部外科学会, 東京, 2018

  • 【国内学会・シンポジウム】1.岡本一真,工藤樹彦,四津良平:シンポジウム「小切開心臓手術(MICS法)の可能性と安全性」 内視鏡補助下右小開胸心臓手術の現在と未来.第61回日本心臓病学会学術集会,熊本,2013

  • 【国内学会・シンポジウム】2.岡本一真:若者よ、外に出よう! 特別企画6 海外で臨床修行を目指す若手循環器医師に向けて先輩たちが語る, 第63回日本心臓病学会学術集会 横浜 2015

  • 【国内学会・シンポジウム】3.加瀬川均、高梨秀一郎、澤芳樹、夜久均、橋本和弘、岡本一真、斉木佳克、梅津光生:新しいステントレス僧帽弁の開発と臨床研究:発案から実現までの道のり. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会, 神戸, 2015

  • 【国内学会・シンポジウム】4.岡本一真、工藤樹彦、吉武明弘、加島一郎、饗庭了、志水秀行:人工腱索を適切に用いた僧帽弁形成戦略. 第27回関東心臓外科手術手技研究会, 東京, 2015

  • 【国内学会・シンポジウム】5.志水秀行、林田健太郎、吉武明弘、岡本一真、北原大翔、前川裕一郎、村田光繁、鶴田ひかる、八島史明、藍公明:TAVRの工夫と合併症. 第27回関東心臓外科手術手技研究会, 東京, 2015

  • 【国内学会・シンポジウム】6.北原大翔、八木洋、田島一樹、岡本一真、吉武明弘、北川雄光、志水秀行:脱細胞化技術を用いた移植心臓の作成に向けて。-ブタ脱細胞心臓の異所性移植-. シンポジウム2「新しいコンセプトに基づく生体材料の創製」第53回日本人工臓器学会大会, 東京, 2015

  • 【国内学会・シンポジウム】7.平野暁教、吉武明弘、岡本一真、工藤樹彦、河西未央、赤松雄太、岡英俊、北原大翔、川口新治、志水秀行:冠動脈疾患を合併する弓部大動脈瘤患者の治療戦略. 第29回日本冠疾患学会学術集会, 札幌, 2015

  • 【国内学会・シンポジウム】8.北原大翔、岡本一真、吉武明弘、工藤樹彦、川口新治、平野暁教、河西未央、赤松雄太、岡秀俊、林田健太郎、 八島史明、村田光繁、鶴田ひかる、福田恵一、志水秀行 大動脈弁置換術および経カテーテル大動脈弁留置術の術後経過 -12 ヶ月後成績の比較- 第46回日本心臓血管外科学会学術会議, 名古屋, 2016

  • 【国内学会・シンポジウム】9.岡本一真、工藤 樹彦、吉武 明弘、赤松 雄太、岡 英俊、河西 未央、平野 暁教、北原 大翔、川口 新治、志水 秀行 右小開胸MICSは心臓手術の標準アプローチとなり得る 第116回日本外科学会定期学術集会 大阪 2016

  • 【国内学会・シンポジウム】10.志水 秀行、饗庭 了、吉武 明弘、岡本一真、山崎 真敬、木村 成卓、飯田 泰功、平野 暁教、河西 未央、 浅原 祐太、池端 幸起、飯尾みなみ Did outcomes of aortic arch neurysm repair improve? 第69回日本胸部外科学会定期学術集会 岡山 2016/09/29

  • 【国内学会・シンポジウム】11.岡本一真 心臓血管低侵襲治療センター開設にあたって 第一回愛仁会学術大会 大阪 2016/2/4

  • 【国内学会・シンポジウム】12.岡本一真、当广遼、伊集院真一、三里卓也、林太郎、山口眞弘、戸部智 僧帽弁に対する低侵襲治療の現状 医工学治療学会第33回学術大会 島根 2017/04/8

  • 【国内学会・シンポジウム】13.岡本一真 MICS 術後 fast track recovery を実現する手術室抜管 Symposium 1 MICSを科学する Japan MICS Summit 2017 東京 2017/07/15

  • 【国内学会・シンポジウム】14.岡本一真 実践!胸腔鏡下心臓手術~安全な普及をターゲットに~ 第49回日本心臓血管外科学会学術集会 岡山 2019/2/11

  • 【国内学会・シンポジウム】15.岡本一真、吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 僧帽弁形成術後の再手術から考える理想的な初回僧帽弁形成 第62回関西胸部外科学会学術集会 徳島 2019/06/14

  • 【国内学会・シンポジウム】16.岡本一真、吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 僧帽弁輪形成および三尖弁輪形成を併施した3D胸腔鏡下心房中隔欠損孔閉鎖 第4回日本低侵襲心臓手術学会学術集会 東京 2019/07/20

  • 【国内学会・シンポジウム】17.岡本一真 失敗しない胸腔鏡下僧帽弁形成 第31回関東心臓外科手術手技研究会 東京 2019/11/23

  • 【国内学会・シンポジウム】18.岡本一真 胸腔鏡下弁膜症手術の普及状況 第32回日本内視鏡外科学会総会 横浜 2019/12/07

  • 【国内学会・シンポジウム】19.森光晴、岡本一真、飯田泰功、三木隆久、岡英俊、蜂谷貴、三角隆彦 MICS MVP 開始までの道程 第32回日本内視鏡外科学会総会 横浜 2019/12/07

  • 【国内学会・シンポジウム】20.岡本一真 人工心肺に関連した術中危機的状況からのbailout 50周年企画2 エキスパートが分析する「術中危機的状況」:ピットフォールとリカバリー 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 福島 2020/8/18

  • 【国内学会・ワークショップ】1.志水秀行, 吉武明弘, 岡本一真, 工藤樹彦, 川口新治, 北原大翔, 灰田周史, 林田健太郎, 八島史明, 猪原拓, 村田光繁, 前川裕一郎, 鶴田ひかる, 福田恵一:新規参入施設におけるTAVIに対する取り組み 〜開始から半年を経て〜.第67回日本胸部外科学会定期学術集会,福岡,2014

  • 【国内学会・ワークショップ】2.岡本一真,北原大翔,川口新治,灰田周史,稲葉佑,林加奈子,山川輝記, 四津良平,工藤樹彦:右小開胸心臓手術の積極的標準手術化.第67回日本胸部外科学会定期学術集会,福岡,2014

  • 【国内学会・ワークショップ】3.岡本一真:MICSの合併症,CCT 2014 Surgical,神戸,2014

  • 【国内学会・ワークショップ】4.岡本一真,工藤樹彦:内視鏡手術技術の心臓血管領域への応用. 第27回日本内視鏡外科学会総会, 盛岡, 2014

  • 【国内学会・ワークショップ】5.志水秀行,吉武明弘,蜂谷貴,北原大翔,川口新治,灰田周史,稲葉佑,林可奈子,山川輝記,平野暁教,岡本一真,工藤樹彦,饗庭了:胸腹部大動脈瘤に対する外科治療における工夫. 第43回日本血管外科学会学術総会, 横浜, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】6.岡本一真:右小開胸僧帽弁手術に伴う再膨張性肺水腫の予防と治療. JAPAN MICS SUMMIT 2015, 東京, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】7.岡本一真:右小開胸僧帽弁置換術. JAPAN MICS SUMMIT 2015, 東京, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】8.平林則行,岡本一真,中村武瑠,冨永浩史,森田雅教,工藤樹彦,志水秀行:MICSの人工心肺中の下肢虚血における問題点について. JAPAN MICS SUMMIT 2015, 東京, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】9.赤松雄太,工藤樹彦,岡本一真,岡英俊,河西未央,平野暁教,北原大翔,川口新治,吉武明弘,志水秀行:脳合併症を有する活動期感染性心内膜炎に対する当院における治療戦略-至適手術介入時期の検討-. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会, 神戸, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】10.岡本一真,吉武明弘,工藤樹彦,岡英俊,赤松雄太,河西未央,平野暁教,北原大翔,川口新治,山邉健太朗,加島一郎,饗庭了,志水秀行:進化し続ける右小開胸僧帽弁形成術. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会, 神戸, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】11.岡英俊,吉武明弘,赤松雄太,河西未央,平野暁教,北原大翔,川口新治,岡本一真,工藤樹彦,志水秀行:当院における慢性閉塞性肺疾患(COPD)合併症例に対する胸腹部大動脈置換術の手術成績と検討. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会, 神戸, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】12.吉武明弘,岡本一真,平野暁教,河西未央,川口新治,北原大翔,岡英俊,赤松雄太,志水秀行:TEVAR後の再治療症例の検討. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会, 神戸, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】13.岡本一真:オリンパス手術内視鏡システムを用いたMICS. 手術用内視鏡選択と画像記録システムからみたMICSの未来像 CCT Surgical 2015, 神戸, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】14.吉武明弘,岡本一真,平野暁教,河西未央,川口新治,北原大翔,岡英俊,赤松雄太,志水秀行:TEVAR後再治療症例の検討 第53回日本人工臓器学会大会, 東京, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】15.岡本一真,吉武明弘,工藤樹彦,岡英俊,赤松雄太,河西未央,平野暁教,北原大翔,川口新治,山邉健太朗,加島一郎,饗庭了,志水秀行:右小開胸心臓手術に潜む危険性の検討と安全 戦略. 第53回日本人工臓器学会大会, 東京, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】16.吉武明弘,岡本一真,平野暁教,河西未央, 川口新治,北原大翔,林田健太郎,福田恵一, 志水秀行:当院における経カテーテル的大動脈弁置換術の現状. 第53回日本人工臓器学会大会, 東京, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】17.北原大翔,八木洋,田島一樹,岡本一真,吉武明弘,北川雄光,志水秀行:臓器移植における新規技術・機器の導入 脱細胞化ブタ心臓と間葉系幹細胞による移植心臓の作成. 第51回日本移植学会総会, 熊本, 2015

  • 【国内学会・ワークショップ】18.岡本一真:外科医から見た出血のマネージメント.Japan MICS Summit 2016,大阪,2016

  • 【国内学会・ワークショップ】19.岡本一真 ロボット手術・MICS手術の安全な導入 日本ロボット外科学会・日本低侵襲心臓手術学会・ロボット心臓手術関連学会協議会共同ワークショップ 第10回日本ロボット外科学会 東京 2018/02/10

  • 【国内学会・ワークショップ】20.坂東興、種本和雄、横山斉、夜久均、志水秀行、福井寿啓、田中啓之、齋木佳克、金岡裕司、岡本一真、本村昇、橋本和弘 Requirements for a successful bridge from retrospective JCVSD data analysis to a prospective multi-institutional study 第119回日本外科学会定期学術集会 大阪 2019/4/18

  • 【国内学会・パネルディスカッション】1.工藤樹彦,四津良平,古梶清和,山崎真敬,鈴木亮,岡本一真,武田尚一:手術ロボットと低侵襲化対策 心臓弁膜症に対するさらなる低侵襲化手術の試み、将来の完全内視鏡下手術に向けて Port-Access MICS 225症例の経験より.第44回日本人工臓器学会大会,横浜,2006

  • 【国内学会・パネルディスカッション】2.岡本一真,吉武明弘,工藤樹彦,岡英俊,赤松雄太,河西未央,平野暁教,北原大翔,川口新治,山邉健太朗,加島一郎,饗庭了,志水秀行:進化し続ける右小開胸僧帽弁形成術. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会,神戸,2015

  • 【国内学会・パネルディスカッション】3.岡英俊,吉武明弘,赤松 雄太,河西未央,平野暁教,北原大翔,川口新治,岡本一真,工藤樹彦,志水秀行:当院における慢性閉塞性肺疾患(COPD)合併症例に対する胸腹部大動脈置換術の手術成績と検討. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会,神戸,2015

  • 【国内学会・パネルディスカッション】4.赤松雄太,工藤樹彦,岡本一真,岡英俊,河西未央,平野暁教,北原大翔,川口新治,吉武明弘,志水秀行:脳合併症を有する活動期感染性心内膜炎に対する当院における治療戦略-至適手術介入時期の検討-. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会,神戸,2015

  • 【国内学会・パネルディスカッション】5.吉武明弘,岡本一真,平野暁教,河西未央,川口新治,北原大翔,岡英俊,赤松雄太,志水秀行:TEVAR後の再治療症例の検討. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会,神戸,2015

  • 【国内学会・パネルディスカッション】6.岡本一真, 当广療, 渡邊俊貴, 杉山博信, 三里卓也, 林太郎, 戸部智:右小開胸僧帽弁形成術における安全性と品質の確立. 第71回日本胸部外科学会, 東京, 2018

  • 【国内学会・パネルディスカッション】7.岡本一真:直視下MICSでもその低侵襲性は損なわれない. 第24回日本Advanced Heart & Vascular Surgery / OPCAB研究会, 東京, 2019/07/13

  • 【国内学会・その他講演】1.岡本一真:OPCAB時代に若手心臓血管外科医は冠動脈バイパスの術者になれるのか?〜私の歩み〜 第一回 Harvest Club 福岡 2016/7/14

  • 【国内学会・その他講演】2.岡本一真:2016年度当科における手術症例の推移ならびに降圧管理について 第11回信濃町Cariovascular Surgery 研究会 東京 2016/7/23

  • 【国内学会・その他講演】3.岡本一真:心房細動マネジメントにおける最近の話題 Cardiovascular Surgery Specialist Seminar 東京 2016/9/20

  • 【国内学会・その他講演】4.岡本一真:心臓や血管の病気を小さい傷で確実に治す〜低侵襲心臓血管治療の最前線〜平成29年度 明石医療センター・地域医療連携の会 兵庫 2017/09/14

  • 【国内学会・その他講演】5.岡本一真:右小開胸僧帽弁形成をroutine workとするために こまちハートカンファレンス 秋田 2017/10/20

  • 【国内学会・その他講演】6.岡本一真:低侵襲心臓血管治療の現状と今後の普及戦略 第16回薫風会 神戸 2017/12/02

  • 【国内学会・その他講演】7.岡本一真:心臓弁膜症 ちょっとだけ切る治療と切らない治療 すこやか広場 明石 2017/12/05

  • 【国内学会・その他講演】8.岡本一真:小切開僧帽弁手術が標準手術となる日 Akashi Heart Team Conference 明石 2017/12/07

  • 【国内学会・その他講演】9.岡本一真:心臓弁膜症に対する内視鏡手術 兵庫県三四会 神戸 2018/02/17

  • 【国内学会・その他講演】10.岡本一真:心房細動に対する低侵襲心臓外科治療 明石海峡カンファレンス 神戸 2018/03/29

  • 【国内学会・その他講演】11.岡本一真:胸腔鏡下僧帽弁形成をroutine workとするために P2P Excellence ~for the Best of Best (2018/04/15 川崎)

  • 【国内学会・その他講演】12.岡本一真:保険収載された胸腔鏡下弁形成術の可能性 Bridge Heart Conference (2018/06/21 神戸)

  • 【国内学会・その他講演】13.岡本一真:心臓治療最前線〜なるべく切らないハートフルな心臓手術〜 神戸慶應倶楽部6月例会 (2018/06/29 神戸)

  • 【国内学会・その他講演】14.岡本一真:胸腔鏡下僧帽弁形成をroutine practiceとするために 獨協医科大学 Valve Seminar (2019/01/20 栃木)

  • 【国内学会・その他講演】15.岡本一真:胸腔鏡下心臓手術のターゲット拡大への挑戦 第9回 GAPs meeting (2019/02/08 高崎)

  • 【国内学会・その他講演】16.岡本一真:思い描いた心臓血管外科医像、現実とのギャップ U-40特別企画:そして心臓血管外科医になる—理想と現実のギャップを探る− 第49回日本心臓血管外科学会学術総会 (2019/2/12 岡山)

  • 【国内学会・その他講演】17.岡本一真:医療現場からみたITベンチャー 第26回医療機器等事業化促進プラットフォームセミナー(第3回 薬機法勉強会 「デジタルヘルスと法規制」)(2019/6/26 神戸)

  • 【国内学会・その他講演】18.岡本一真:胸腔鏡下アプローチでも妥協しない僧帽弁形成術 第5回東部Heart Network Conference (2019/11/27 福岡)

  • 【国内学会・その他講演】19.岡本一真:待ったなし!胸腔鏡下僧帽弁形成術の標準術式化 広島MICSシンポジウム (2020/01/07 広島)

  • 【国内学会・その他講演】20.岡本一真:低侵襲手術時代における 弁膜症治療の至適介入時期について 2020 update 明石心臓弁膜症座談会 (2020/11/11 神戸)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】1.岡本一真、当广遼、渡邊俊貴、杉山博信、三里卓也、林太郎、 戸部智 胸腔鏡下僧帽弁形成に併施した三尖弁輪形成におけるリング縫着により右冠動脈遠位 部の高度狭窄を来した一例 第32回日本冠疾患学会学術集会 (2018/11/16 熊本)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】2.三里卓也、当广遼、渡邊俊貴、杉山博信、岡本一真、林太郎、 戸部智 感染性冠動脈瘤の一治療例 第32階日本冠疾患学会学術集会 (2018/11/16 熊本)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】3.当广遼、渡邊俊貴、杉山博信、三里卓也、岡本一真、林太郎、戸部智 「多発性脳出血を伴った大動脈弁位感染性心内膜炎の一例 第66回 神戸心臓外科研究会(KCCS)(2018/11/28 神戸)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】4.岡本一真、当广遼、渡邊俊貴、杉山博信、三里卓也、林太郎、 戸部智 弁輪拡大による僧帽弁閉鎖不全に対する僧帽弁輪形成におけるsemi-rigid partial band使用の妥当性 第9回日本心臓弁膜症学会 (2018/12/14 京都)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】5.渡邊俊貴、岡本一真、当广遼、杉山博信、三里卓也、林太郎、戸部智 右小開胸心臓手術における体外循環関連イベントの検討 第49回日本心臓血管外科学会学術総会 (2019/02/12 岡山)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】6.加納寛也、岡本一真、森島毅、戸部智 低肺機能患者に対する胸腔鏡下僧帽弁形成手術人工心肺離脱後 の機械的呼吸補助戦略 第49回日本心臓血管外科学会学術総会 (2019/02/12 岡山)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】7.柴田康成, 加納寛也, 大城秀太, 守田佳保里, 森島毅, 岡本一真, 当广遼, 渡邊俊貴, 杉山博信, 三里卓也, 林太郎, 戸部智 低肺機能患者に対する胸腔鏡下僧帽弁形成手術人工心肺離脱後の機械的呼吸補助戦略 第49回日本心臓血管外科学会学術総会 (2019/02/13 岡山)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】8.当广遼、渡邊俊貴、岡本一真、三里卓也、林太郎、戸部智 術中左房解離を呈した1例 第142回山陽循環器病懇話会 (2019/04/20 加古川)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】9.渡邊俊貴、吉谷伸幸、当广遼、岡本一真、三里卓也、林太郎、戸部智 経カテーテル大動脈弁留置術術前に発症した心タンポナーデの一例 第67回 神戸心臓外科研究会(KCCS) (2019/05/29 神戸)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】10.渡邊俊貴、吉谷伸幸、当广遼、岡本一真、三里卓也、林太郎、戸部智 B 型大動脈解離に対し PETTICOAT 法を施行した 2 例 第62回関西胸部外科学会学術集会 (2019/06/13 徳島)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】11.当广遼、岡本一真、吉谷伸幸、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 胸腔鏡下僧帽弁形成術、Maze手術(Cryo-ICE)において左房壁内血腫を呈した1例 第4回日本低侵襲心臓手術学会学術集会 東京 2019/07/20

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】12.吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、岡本一真、三里卓也、林太郎、戸部智 ベントール術後右冠動脈流を呈したマルファン症候群の一例 第143回山陽循環器病談話会 加古川 2019/9/28

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】13.岡本一真、吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 後尖病変に対する僧帽弁形成におけるnon resection policyの正当性 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 京都 2019/11/01

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】14.渡邊俊貴、吉谷伸幸、当广遼、岡本一真、三里卓也、林太郎、戸部智 心室中部閉塞性肥大型心筋症による難治性心室頻拍に対し、心外膜アブレーション及び心筋切除術が奏功した1例 第68回 神戸心臓外科研究会(KCCS) (2019/11/15 神戸)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】15.岡本一真、吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 Avalus生体弁の初期血行動態成績 第10回日本心臓弁膜症学会 (2019/11/30 東京)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】16.三里卓也、吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、岡本一真、林太郎、戸部智 診断に難渋した下腸間膜動脈瘤の一例 第82回 兵庫県血管外科研究会 (2020/1/18 神戸)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】17.岡本一真、吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 僧帽弁両尖病変に対する僧帽弁形成術の遠隔期成績 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 (2020/8 WEB開催)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】18.岡本一真、吉谷伸幸、当广遼、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 僧帽弁輪高度石灰化を伴う僧帽弁位感染性心内膜炎に対する自己心膜パッチによる弁輪再建を併用した胸腔鏡下僧帽弁置換術 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 (2020/8 WEB開催)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】19.渡邊俊貴、吉谷伸幸、当广遼、三里卓也、岡本一真、林太郎、戸部智 Type2エンドリーク予防目的の術中腰動脈塞栓を施行した腹部ステントグラフト内挿術 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 (2020/8 WEB開催)

  • 【国内学会・一般演題・ポスター発表】20.岡本一真、久保沙羅、吉谷伸幸、当广 遼、渡邊俊貴、三里卓也、林太郎、戸部智 適応拡大を主眼においた胸腔鏡下僧帽弁手術の標準化 第73回日本胸部外科学会定期学術集会 2020年10月31日 WEB開催

その他

  • 【症例報告】1.Ross-konno operation for patients with shone complex. Texas Heart Institute Journal 2010;37(2):240-241.

    Aeba R, Okamoto K, Yozu R.

  • 【症例報告】2.Hybrid treatment of a ruptured aneurysm in the distal aortic arch: Report of a case. Surg Today 2012;42(10):1019-1021.

    Shimizu H, Okamoto K, Yamabe K, Kotani S, Yozu R.

  • 【症例報告】3.Recurrent mitral regurgitation due to ruptured eptfe neochordae after mitral valve repair by the loop technique: A report of case. Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia 2014;20 Suppl:746-749.

    Kudo M, Yozu R, Okamoto K.

  • 【症例報告】4.Multidisciplinary approach to the treatment of cardiac aa amyloidosis and aortic stenosis due to castleman's disease: A hybrid therapy with tocilizumab and aortic valve replacement. Int J Cardiol 2014;173(2):e9-e11.

    Shirakawa K, Egashira T, Ieda M, Kawaguchi S, Okamoto K, Kudo M, Yokoyama K, Tsuruta H, Murata M, Mikami S, Anzai A, Hayashida K, Kohno T, Maekawa Y, Sano M, Yozu R, Fukuda K.

  • 【症例報告】5.Management of right atrial hemangioma in a patient with antithrombin deficiency. Ann Thorac Surg 2015;99(3):e53-55.

    Kitahara H, Kudo M, Okamoto K, Inaba Y, Sasaki A, Shimizu H.

  • 【症例報告】6.Hybrid thoracic endovascular aortic repair for intercostal patch aneurysm after thoracoabdominal aortic replacement. Ann Vasc Dis 2015;8(4):340-342.

    Kitahara H, Yoshitake A, Hachiya T, Okamoto K, Hirano A, Kasai M, Akamatsu Y, Oka H, Shimizu H.

  • 【症例報告】7.Cerebral protection during mitral valve repair in a patient with moyamoya syndrome. Ann Thorac Surg 2015;99(6):2208-2210.

    Okamoto K, Arai S, Hirabayashi N, Morita M, Kudo M, Yozu R, Shimizu H.

  • 【症例報告】8.Kinked graft and anastomotic stenosis-induced hemolytic anemia requiring reoperation. Ann Vasc Surg 2016;30:308 e301-304.

    Kitahara H, Yoshitake A, Hachiya T, Okamoto K, Kawaguchi S, Shimizu H.

  • 【症例報告】9.Constrictive pericarditis and protein-losing enteropathy: Is extremely severe hypoalbuminemia reversible by pericardiectomy? Circ Heart Fail 2016;9(12).

    Moriyama H, Kohno T, Nishiyama T, Hattori O, Maekawa Y, Yoshida K, Murata M, Okamoto K, Sano M, Shimizu H, Fukuda K.

  • 【症例報告】10.Endoscopic-assisted minimally invasive resection of a papillary muscle blood cyst in an adult patient. Interactive cardiovascular and thoracic surgery 2016;22(2):231-232.

    Okamoto K, Kudo M, Hayashi K, Shimizu H.

  • 【症例報告】13.Mitral valve repair via a minithoracotomy in a patient with pectus excavatum. Innovations (Phila) 2016;11(1):67-69.

    Takaki H, Okamoto K, Kudo M, Yozu R, Shimizu H.

  • 【症例報告】12.Periodic protrusion of right coronary cusp into left ventricular outflow tract due to detachment from the aortic annulus complicated with infective endocarditis. Echocardiography 2016;33(4):655-658.

    Tokuda H, Murata M, Yashima F, Kudo M, Tsuruta H, Okamoto K, Maekawa Y, Sano M, Fukushima H, Shimizu H, Fukuda K.

  • 【症例報告】13.Successful management of severe unilateral re-expansion pulmonary edema after mitral valve repair with mini-thoracotomy using extracorporeal membrane oxygenation. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2017;65(3):164-166.

    Kitahara H, Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Hayashi K, Inaba Y, Ai K, Suzuki T, Morisaki H, Shimizu H.

  • 【症例報告】14.Modified transiliac artery approach for transcatheter aortic valve implantation. Cardiovasc Interv Ther 2017;32(2):196-198.

    Kitahara H, Yoshitake A, Okamoto K, Hayashida K, Fukuda K, Shimizu H.

  • 【症例報告】15.Staged repair of a ruptured thoracic aortic aneurysm having an aorto-parenchymal fistula. Innovations (Phila) 2017;12(5):e13-e15.

    Yoshitake A, Okamoto K, Kasai M, Shimizu H.

  • 【症例報告】16.A tale of two sisters with hypertrophic cardiomyopathy and recurrent embolism: When is the optimal timing of the intervention for left atrial appendage? Heart Lung. 2019;48(3):198-200.

    Kimura M, Kohno T, Makino S, Okuda S, Nawata K, Yanagisawa R, Kojima H, Nishiyama T, Aizawa Y, Yuasa S, Murata M, Maekawa Y, Okamoto K, Shimizu H, Fukuda K.

  • 【症例報告】17.Right heart failure caused by direct pressure of distal arch aneurysm. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2019;67(2):263-265.

    Sugiyama H, Tohma R, Misato T, Okamoto K, Hayashi T, Tobe S, Matsuo T, Tsunemi K, Oka T, Tanimura N.

  • 【症例報告】18.A rare post-lobectomy complication of right-to-left shunt via foramen ovale. General Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2019.

    Arai N, Kawachi R, Nakazato Y, Tachibana K, Nagashima Y, Tanaka R, Okamoto K, Kondo H.

  • 【症例報告】19.急性期多発性広範囲脳出血を合併した活動期感染性心内膜炎症例に対する人工心肺の経験 人工臓器 2018 47(3): 244-249.

    加納寛也、守田佳保里、大城秀太、柴田康成、森島毅、当广遼、林太郎、三里卓也、岡本一真、戸部智

  • 【症例報告】20.左開胸アプローチによる弓部下行大動脈人工血管置換術を行った慢性大動脈解離切迫破裂の1例. 愛仁会医学研究誌. 2018;49: 35-7.

    杉山博信, 当广遼, 三里卓也, 岡本一真, 林太郎, 戸部智.

  • 【その他著作】1.Reply. The Annals of thoracic surgery. 2016;101:1632-1633.

    Okamoto K, Arai S, Hirabayashi N, Morita M, Kudo M, Yozu R and Shimizu H.

  • 【その他著作】2.厚生労働科学研究費補助金(再生医療実用化研究事業)低侵襲・ヒト幹細胞デリバリーシステムによる重症心不全治療実用化基盤技術の開発 平成23年度 総括分担研究報告書, 2012

    岡本一真、四津良平、三好俊一郎、五條理志

  • 【その他著作】3.厚生労働科学研究費補助金(再生医療実用化研究事業)低侵襲・ヒト幹細胞デリバリーシステムによる重症心不全治療実用化基盤技術の開発 平成22~23年度 総合研究報告書, 2012

    岡本一真、四津良平、三好俊一郎、五條理志

  • 【その他著作】4.僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する小切開手術の定着、およびロボット心臓手術の進歩.臨床医学の展望 2013 心臓血管外科学 日本医事新報 4638: 83, 201

    岡本一真、四津良平

  • 【その他著作】5.冠動脈 'Heart Team'アプローチによる冠血行再建の幕開け.臨床医学の展望 2013 心臓血管外科学 日本医事新報 4638: 83-84, 2013

    岡本一真、四津良平

  • 【その他著作】6.小切開での僧帽弁置換術 ATSバイリーフレット人工心臓弁を用いた僧帽弁置換術における手術手技テクニック.Medical Device Update, 2013

    岡本一真

  • 【その他著作】7.2013年7大注目ニュース ハイブリッド手術室.ハートナーシング 26(12): 108-109, 2013

    岡本一真

  • 【その他著作】8.森論文に対するEditorial Comment.心臓 46(6):797-798, 2014

    岡本一真

  • 【その他著作】9.用語解説 ステントレス生体弁 Normo. 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 22(2): 192, 2014

    岡本一真

  • 【その他著作】10.村松論文に対するEditorial Comment.心臓 46(10): 1398-1398, 2014

    岡本一真

  • 【その他著作】11.行ってきました!海外留学 ベルギー Onze-Lieve-Vrouwziekenhuisクリニック 胸部外科 68(2): 106-107, 2015.

    岡本一真

  • 【その他著作】12.行ってきました!海外留学 イタリア Policlinico San Donato 胸部外科 68(3): 216-217, 2015

    岡本一真

  • 【その他著作】13.行ってきました!海外留学 タイ チェンマイ大学病院胸部外科 胸部外科 68(4): 308-309, 2015

    岡本一真

  • 【その他著作】14.【ミニ特集】低侵襲だからこそ必要なケアがある Q&Aで押さえる MICS徹底ナビ . ハートナーシング 28(8): 79, 2015

    岡本一真

  • 【その他著作】15.ナースが知りたい さまざまなMICSとそのケア Q&A. ハートナーシング 28(8): 94-96, 2015

    岡本一真

  • 【その他著作】16.特集4 心臓血管外科専門医のための模擬試験問題 血管外科 34: 130-135, 2015

    岡本一真

  • 【その他著作】17.工藤樹彦、吉武明弘、加島一郎、饗庭了、志水秀行:人工腱索を適切に用いた僧帽弁形成戦略 第27回関東心臓外科手術手技研究会抄録 : 1-13, 2015

    岡本一真

  • 【その他著作】18.Adams-Yozu Cygnet® 遮断鉗子の使用経験.Medical Device Update, 2016

    岡本一真

  • 【その他著作】19.脳および下肢血流の「見える化」右小開胸心臓手術(MICS)におけるNear-infrared spectroscopy(NIRS)の有用性 Medtronic Respiratory & Monitoring Solutions メールマガジン vol. 75 2016/6/13

    岡本一真

  • 【その他著作】20.まい・てくにっく MICS僧帽弁手術における右胸壁機器配置のコツ. 胸部外科 70(3): 175, 2017

    岡本一真

  • 【マスメディア】1.留学、してみる? Nikkei Medical Cadetto, 2: 26, 2011

    岡本一真

  • 【マスメディア】2.狭心症 健康アプリ 週刊エコノミスト 42(4364): 106, 2014

    岡本一真、塚﨑朝子

  • 【マスメディア】3.僧帽弁治療における内科・外科の連携. 心臓財団 虚血性心疾患セミナー ラジオNIKKEI第1, 2014

    岡本一真

  • 【マスメディア】4.2016年版 国民のための名医ランキング. p47, 桜の花出版, 2015

    岡本一真

  • 【マスメディア】5.WhytRunner 輝き続ける専門医 Vol. 05

    岡本一真

  • 【マスメディア】6.2018年版 国民のための名医ランキング. p110, 桜の花出版, 2017

    岡本一真

  • 【マスメディア】8.Medical Note テレビCM(2019)

  • 【査読】1.Surgical Techniques Development

  • 【査読】2.心臓

  • 【査読】3.Japanese Journal of Cardiovascular Surgery

  • 【査読】4.Journal of Thoracic Disease

  • 【査読】5.Therapeutics and Clinical Risk Management

  • 【査読】6.General Thoracic and Cardiovascular Surgery

  • 【査読】7.Heart and Vessels

  • 【査読】8.European Medical Journal

  • 【査読】9.Open Access Surgery

  • 【査読】10.Asian Cardiovascular and Thoracic Annals

  • 【査読】11.Reviews in Cardiovascular merdicine

  • 【編集委員】1.Journal of Thoracic Disease, Editorial Board (Thoracic Surgery)

  • 【編集委員】2.AME Medical Journal, Editorial Board

  • 【コメンテーター・指定討論者】1.「Live Demonstration:複合心臓手術」 第20回日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会 (2015/07/11 京都)

  • 【コメンテーター・指定討論者】2.「TAVIにおける合併症」 ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2015(2015/9/27 東京))

  • 【コメンテーター・指定討論者】3.「AS治療を考える」Heart Failure Meeting (2015/10/14 東京)

  • 【コメンテーター・指定討論者】4.「AS患者に対する治療戦略検討の流れ」 TAVI Update 2016 (2016/1/29 東京)

  • 【コメンテーター・指定討論者】5.ビデオシンポジウム1 OPCAB名人達はどうして進化してきたか? 指定討論者 第21回日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会 アカデミック学術集会(2016/7/16 福岡)

  • 【コメンテーター・指定討論者】6.「ACHD (ASD/VSD/PDA)」ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2016 (2016/10/7 京都)

  • 【コメンテーター・指定討論者】7.「HD チャレンジ 2(後天性)」ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2016 (2016/10/8 京都)

  • 【コメンテーター・指定討論者】8.「徹底的にイメージング:MitraClip の導入を見据えて」 ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2017 (2017/11/04 福岡)

  • 【コメンテーター・指定討論者】9.ビデオライブ 3「TSc-TAVI:Evolut R」 ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2017 (2017/11/04 福岡)

  • 【コメンテーター・指定討論者】10.「MitraClip」第10回 ストラクチャークラブ・ジャパン 近畿・中四国支部会 (2018/03/17 神戸)

  • 【コメンテーター・指定討論者】11.TRENDジョイントセッション「TRENDの軌跡」 ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2018 (2018/9/29 岡山)

  • 【コメンテーター・指定討論者】12.ビデオライブ「MitraClip」 ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2018 (2018/9/29 岡山)

  • 【コメンテーター・指定討論者】13.「Sapien(S3 alternative)」第12回 ストラクチャークラブ・ジャパン 近畿・中四国支部会 (2019/04/6 松山)

  • 【コメンテーター・指定討論者】14.JCCケースカンファレンス【地域医療/実地医家活動委員会企画】関西チーム(弁膜症)第67回日本心臓病学会学術集会 (2019/9/15 名古屋)

  • 【コメンテーター・指定討論者】15.CCT 2019 surgical, Surgical Live Demonstration 1, 手術室コメンテーター(2019/10/25 神戸)

  • 【コメンテーター・指定討論者】16.TAVI合併症セッション「最恐のナイトメアはどれだ?」ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2019 (2019/11/9 仙台)

  • 【コメンテーター・指定討論者】17.Heart team for the structural heart disease, PCR Tokyo Valve 2020 (2020/2/5 東京)

  • 【コメンテーター・指定討論者】18.東京ハートラボ企画 こんなときどうする?成人シャント性心疾患の診断と治療 (2020/9/19 WEB)

  • 【コメンテーター・指定討論者】19.ディスカッサント(クリニカルビデオセッション 心臓1 MICS)第73回日本胸部外科学会定期学術集会 2020年10月31日

  • 【コメンテーター・指定討論者】20.Commentator Medtronic Mitral Academy Japan 2020 2020年10月30日

  • 【国際学会・座長】1.Okamoto K, Surgical Therapy for Valvular Heart Disease Ⅵ American Heart Association Scientific Sessions 2012, Los Angeles Convention Center, Nov 5, 2012

  • 【国際学会・座長】2.Okamoto K Tarmizi Hakim and Mate Dzsinich INVITED LECTURES & FREE PAPER SESSION, 23rd Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery, Hong Kong, 2015/5/13

  • 【国際学会・座長】3.Okamoto K, Challenging Case Presentation, ISMICS 2016 Winter Workshop, Codinator, (2016/10/28 京都)

  • 【国際学会・座長】4.Selection of the 2020 best clinical cases, PCR Tokyo Valve 2020 (2020/2/6 東京)

  • 【国内学会・座長】1.Case Presentation, CCT2017 (2017/10/28 神戸)

  • 【国内学会・座長】2.一般演題「Case TAVI(4)」ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2017 (2017/11/04 福岡)

  • 【国内学会・座長】3.第5回明石Heart Valve Conference (2017/11/16 神戸)

  • 【国内学会・座長】4.「A弁とM弁の弁輪膿瘍、Manouguian法」 KCJL Surgical (2018/4/14 大阪)

  • 【国内学会・座長】5.シンポジウム③ 大動脈疾患の血流解析 第10回血流会 (2018/07/01 長野)

  • 【国内学会・座長】6.第23回日本冠動脈外科学会学区術大会 一般演題口演9 (2018/06/07 和歌山)

  • 【国内学会・座長】7.Rapid Responce9 僧帽弁 第71回日本胸部外科学会定期学術集会 (2018/10/4 東京)

  • 【国内学会・座長】8.Surgical Live Demonstration 今時のAVR CCT surgical 2018 (2018/10/27 神戸)

  • 【国内学会・座長】9.ランチタイム対談企画 Post平成時代の心臓血管外科キャリアメーキング~みんな這い上がったんだ!~ CCT surgical 2018 (2018/10/27 神戸)

  • 【国内学会・座長】10.シンポジウム「内視鏡下心臓手術の幕開け〜胸腔鏡下小切開心臓手術とロボット支援心臓手術をどう使い分けるか?」第31回日本内視鏡外科学会総会 (2018/12/7 福岡)

  • 【国内学会・座長】11.ランチョンセミナー「ロボットでの僧帽弁形成の手技」 KCJL Surgical (2019/4/13 大阪)

  • 【国内学会・座長】12.ディベートセッション「この症例どうする?」 KCJL Surgical (2019/4/13 大阪)

  • 【国内学会・座長】13.ドライラボ・ライブデモンストレーション 第4回日本低侵襲心臓手術学会学術集会 東京 2019/07/20

  • 【国内学会・座長】14.CCT 2019 surgical, Case presentation(2019/10/25 神戸)

  • 【国内学会・座長】15.CCT 2019 surgical, Surgical Live Demonstration 2, 座長(2019/10/26 神戸)

  • 【国内学会・座長】16.ポスター55(成人心臓) 僧帽弁1 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/11/2 京都)

  • 【国内学会・座長】17.一般演題(ポスターセッション)「大動脈弁3・先天性」 第10回日本心臓弁膜症学会 (2019/11/30 東京)

  • 【国内学会・座長】18.胸腔鏡下弁膜症手術プログラムの立ち上げ 第32回日本内視鏡外科学会 (2019/12/7 横浜)

  • 【国内学会・座長】19.会長要望演題 小切開心臓血管手術を長期成績から検証する 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 (2020/8 WEB開催)

  • 【国内学会・座長】20.特別企画 50周年企画2 エキスパートが分析する「術中危機的状況」:ピットフォールとリカバリー 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 福島 2020/8/18

  • 【研究費・公的機関】1.文部科学省科研費若手B 「ヒト胎児組織を用いた小児重症心不全に対する幹細胞移植システム基盤の構築」(研究代表者) ¥3,500,000 (2005-2007)

  • 【研究費・公的機関】2.平成22年度 厚生労働省Global臨床研究拠点整備事業補助金 「低侵襲・内視鏡下心臓弁膜症手術で世界をリードするための標準化・普及事業」(研究代表者)¥16,000,000 (2010-2011)

  • 【研究費・公的機関】3.平成22年度 厚生労働科学研究費補助金(再生医療実用化研究事業)「低侵襲・ヒト幹細胞デリバリーシステムによる重症心不全治療実用化基盤技術の開発」(H2-再生-若手-004)(研究代表者)¥13,000,000 (2010-2011)

  • 【研究費・公的機関】4.文部科学省科学研究費 基盤研究(C) 「ヒト胎児付属物由来間葉系細胞と心筋分化誘導分子による重症心不全治療の実現」(研究代表者)5,700,000 (2011-2013)

  • 【研究費・公的機関】5.文部科学省科学研究費 基盤研究(C)「死体心の脱細胞化三次元細胞骨格とヒト胎児由来間葉系細胞を用いた移植心の創造」(研究分担者)5,330,000 (2012-2014)

  • 【研究費・公的機関】6.日本医療研究開発機構研究費 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 『技術開発個別課題』「幹細胞パッケージングを用いた臓器再生技術と新規移植医療の開発 」 (研究分担者)250,000,000 (2013-2017)

  • 【研究費・公的機関】7.日本医療研究開発機構研究費 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 『再生医療の実現化ハイウェイ 課題B』「iPS細胞を用いた再生心筋細胞移植による重症心不全治療法の確立」 (研究分担者)455,350,000 (2014-2016)

  • 【研究費・公的機関】8.日本医療研究開発機構研究費 「自己心膜製ステントレス僧帽弁置換術の安全性と効果に関する研究」(研究分担者)31,700,000 (2015-2016)

  • 【研究費・公的機関】9.文部科学省科学研究費 基盤研究(C)「脱細胞心臓・血管マトリックスへの分化細胞生着による移植グラフトの作成」(研究分担者)4,810,000 (2015-2017)

  • 【研究費・財団等】1.三越海外留学渡航費助成「慢性心不全に対する間葉系幹細胞移植の臨床応用」(研究代表者)¥500,000 (2006)

  • 【研究費・財団等】2.坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金 医学国際交流事業「チェンマイ大学留学」(研究代表者)¥500,000 (2009)

  • 【研究費・財団等】3.慶應義塾学事振興資金「低侵襲心臓血管治療分野の国際拠点施設化を支える部門横断型臨床研究データベース整備」(研究代表者)¥1,400,000 (2011)

  • 【研究費・財団等】4.財団法人宮田心臓病研究振興基金「母から子へ〜母体由来間葉系幹細胞を用いた小児重症心不全に対する細胞移植システム整備」奨励金(研究代表者)¥1,000,000(2011)

  • 【研究費・財団等】5.成人血管病研究振興財団 学術研究支援助成金「胸部大動脈瘤に対するDebranch stent-graft治療」(研究代表者)¥500,000(2011)

  • 【研究費・財団等】6.内視鏡医学研究財団 研究助成(B)「低侵襲内視鏡下心臓手術の普及を目指した標準手術システムの構築」(研究代表者)¥500,000 (2012)

  • 【研究費・財団等】7.内視鏡医学研究財団 研究助成(B) 「心臓CTを用いた内視鏡下僧帽弁形成術の術前シミュレーション」(研究代表者)¥500,000 (2015)

  • 【招聘手術・手術指導】1.胸腔鏡下心房中隔欠損孔閉鎖、山口大学、2012/8/24

  • 【招聘手術・手術指導】2.胸腔鏡下僧帽弁形成、久留米大学、2015/1/13

  • 【招聘手術・手術指導】3.胸腔鏡下僧帽弁形成、福岡大学、2015/2/25

  • 【招聘手術・手術指導】4.胸腔鏡下僧帽弁形成、久留米大学、2016/3/24

  • 【招聘手術・手術指導】5.胸腔鏡下僧帽弁形成、明石医療センター、2016/8/8

  • 【招聘手術・手術指導】6.胸腔鏡下僧帽弁形成、神戸大学、2017/5/29

  • 【招聘手術・手術指導】7.胸腔鏡下僧帽弁形成、東京医科歯科大学、2018/6/24

  • 【招聘手術・手術指導】8.胸腔鏡下僧帽弁形成、Anan Hospital、Tainan、Taiwan、2018/11/14

  • 【招聘手術・手術指導】9.胸腔鏡下僧帽弁形成、済生会横浜市東部病院、2019/2/20

  • 【招聘手術・手術指導】10.胸腔鏡下僧帽弁形成、済生会横浜市東部病院、2019/3/6

  • 【招聘手術・手術指導】11.胸腔鏡下僧帽弁形成、済生会横浜市東部病院、2019/4/11

  • 【招聘手術・手術指導】12.胸腔鏡下僧帽弁形成、済生会横浜市東部病院、2019/5/16

  • 【招聘手術・手術指導】13.胸腔鏡下僧帽弁形成、山形県立中央病院、2019/9/3

  • 【招聘手術・手術指導】14.胸腔鏡下僧帽弁形成、山形県立中央病院、2019/11/19

  • 【招聘手術・手術指導】15.胸腔鏡下僧帽弁形成、広島大学、2019/11/25

  • 【招聘手術・手術指導】16.胸腔鏡下僧帽弁形成、広島大学、2019/12/2

  • 【招聘手術・手術指導】17.胸腔鏡下僧帽弁形成、済生会横浜市東部病院、2019/12/6

  • 【招聘手術・手術指導】18.胸腔鏡下僧帽弁形成、広島大学、2020/01/08

  • 【招聘手術・手術指導】19.胸腔鏡下僧帽弁形成、加古川中央市民病院、2020/10/12

  • 【外部委員等】1.平成27年度医薬品等審査迅速化事業 革新的医薬・医療機器・再生医療等製品実用化促進事業 『革新的医療機器実用化のためのEngineering Based Medicineに基づく非臨床評価系と評価方法の確立』 検索機能を有する人工僧帽弁の拍動流性能試験法標準化検討会 委員 (早稲田大学先端生命医科学センター)2015年12月 - 2016年3月

  • 【外部委員等】2.世界手術教育フォーラム 委員 (2017年2月 - 現在)

  • 【外部委員等】3.成人心臓血管外科手術における術中因子が早期及び遠隔期予後に及ぼす影響に関する前向きコホート研究 jBLADE study-3 jBLADE-3 術中・術後イベント評価委員会【僧帽弁手術】副委員長 2018年10月26日

  • 【外部委員等】4.神戸医療産業都市推進機構 アドバイザー (2019年1月- 現在)

  • 【企業委員等】1.MEDTRONIC JAPANESE EMERGING LEADER SURGICAL ADVISORY BOARD

  • 【学会役員】1.日本心臓血管外科学会 評議員(2018年〜現在)

  • 【学会役員】2.日本心臓血管外科学会 広報・啓発委員会 委員(2020年〜)

  • 【学会役員】3.若手心臓外科医の会 副代表 2009年4月 - 2014年3月

  • 【学会役員】4.CCT (Complex Cardiovascular Therapeutics) Surgical Course Director 2013年 - 現在

  • 【学会役員】5.ASCVTS (Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery) Working Group of ASCVTS Home Page  2013年 - 現在

  • 【学会役員】6.ステントレス僧帽弁臨床研究会 世話人(2014年4月〜2016年10月)

  • 【学会役員】7.ステントレス僧帽弁臨床研究会 幹事(2016年11月〜現在)

  • 【学会役員】8.ステントレス僧帽弁臨床研究会 適応委員会 委員 2014年4月 - 現在

  • 【学会役員】9.JAPAN MICS SUMMIT 世話人 2014年4月 - 現在

  • 【学会役員】10.JAPAN MICS SUMMIT 幹事 2014年4月 - 現在

  • 【学会役員】11.公益財団法人神戸国際医療交流財団OPCABトレーニングコース Educational board 2014年9月 - 現在

  • 【学会役員】12.日本Advanced Heart & Vascular Surgery / OPCAB研究会 若手正会員代表および運営幹事 2015年11月 - 2017年7月

  • 【学会役員】13.日本Advanced Heart & Vascular Surgery / OPCAB研究会 幹事 2017年8月 - 現在

  • 【学会役員】14.KCJL(近畿心血管治療ジョイントライブ)2017 Surgical 世話人 2016年11月 - 現在

  • 【学術集会等役員】1.2012 AATS MITRAL CONCLAVE WORKSHOP Secretary General 2012年 - 2012年

  • 【学術集会等役員】2.Keio Mini-Mitral Workshop 2013 Secretary General 2013年 - 2013年

  • 【学術集会等役員】3.第24回日本心エコー図学会学術集会 小切開僧帽弁形成術ライブセッション local faculty 2013年 

  • 【学術集会等役員】4.MINIMALLY INVASIVE CARDIAC SURGERY WORKSHOP AND WETLAB, 22nd Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery Faculty 2014年4月

  • 【学術集会等役員】5.2014 Shanghai Heart Valve Summit International Faculty 2014年6月

  • 【学術集会等役員】6.Edwards Heart Valve Front Line 2014 Faculty 2014年7月

  • 【学術集会等役員】7.バクスター株式会社 Blood Management Advisory Board 2014年9月

  • 【学術集会等役員】8.ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2014 Faculty 2014年9月

  • 【学術集会等役員】9.第20回日本冠動脈外科学会学術大会 第12回OPCABコンテスト Educational board 2015年7月

  • 【学術集会等役員】10.第29回日本内視鏡外科学会総会 プログラム委員 2014年8月 

  • 【学術集会等役員】11.ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2015 Faculty 2015年9月

  • 【学術集会等役員】12.ISMICS 2016 Winter Workshop Program committee 2016年10月

  • 【学術集会等役員】13.第30回日本内視鏡外科学会総会 プログラム委員 2016年8月

  • 【学術集会等役員】14.第31回日本内視鏡外科学会総会 プログラム委員 2017年8月

  • 【学術集会等役員】15.ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2017 Faculty 2017年11月

  • 【学術集会等役員】16.第32回日本内視鏡外科学会総会 プログラム委員 2018年8月

  • 【学術集会等役員】17.ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2018 Faculty 2018年9月

  • 【学術集会等役員】18.CCT (Complex Cardiovascular Therapeutics) Surgical Representative Course Director 2018年10月

  • 【学術集会等役員】19.WCES 2020 第17回世界内視鏡外科学会総会 プログラム委員 2018年11月 _ 現在

  • 【学術集会等役員】20.ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2019 Faculty 2019年11月

  • 【学術集会等役員】21.PCR Tokyo Valves 2020 2020年2月

  • 【チューター/インストラクター】1.メドトロニック アカデミア トレーニングプログラム P2P Excellence for the Best of Best 最良の治療をエキスパートともに考える (2015/8/30 東京)

  • 【チューター/インストラクター】2.第68回日本胸部外科学会定期学術集会 ハンズオンセミナー(OPCAB-DryLab in Kobe)インストラクター (2015/10/17 神戸)

  • 【チューター/インストラクター】3.第6回早稲田心臓外科塾 特別講師 (2016/9/10 東京)

  • 【チューター/インストラクター】4.Off-pump coronary bypass dry lab bootcamp, ISMICS 2016 Winter Workshop, Instructor, (2016/10/28 京都)

  • 【チューター/インストラクター】5.Hands-on for MICS MVP training systems, ISMICS 2016 Winter Workshop, Instructor, (2016/10/29 京都)

  • 【チューター/インストラクター】6.第22回日本冠動脈外科学会学術大会 特別企画Off-the-Job Training講師 (2017/07/14 大阪)

  • 【チューター/インストラクター】7.Japan MICS Summit 2017, 内視鏡下僧帽弁弁輪形成のドライラボ (2017/07/15 東京)

  • 【チューター/インストラクター】8.第22回日本Advanced Heart & Vascular Surgery / OPCAB研究会 併設企画 「人工腱索ループテクニックを伝授」 (2017/08/05 大阪)

  • 【チューター/インストラクター】9.第1回世界手術教育フォーラム Off-JT Bootcamp (2017/12/9 神戸)

  • 【チューター/インストラクター】10.Course 09: Minimally Invasive Aortic and Mitral Surgery, STS University Course 9: Minimally Invasive Aortic and Mitral Valve Surgery, the STS 54th Annual Meeting, (2018/1/31, Fort Lauderdale)

  • 【チューター/インストラクター】11.JMICS共催 MICS MVP, EVHセミナー(2018/3/11 福島)

  • 【チューター/インストラクター】12.P2P Excellence ~for the Best of Best (2018/04/15 川崎)

  • 【チューター/インストラクター】13.ACADEMIA MICS Training Program (2018/07/22 川崎)

  • 【チューター/インストラクター】14.ふくしまMICS MVP Off-JTセミナー (2018/9/9 福島)

  • 【チューター/インストラクター】15.第4回 U-40 近畿 Basic Lecture Course (2018/09/15 京都)

  • 【チューター/インストラクター】16.ACADEMIA MICS Training Program (2018/12/08 川崎)

  • 【チューター/インストラクター】17.Course 09: Minimally Invasive Aortic and Mitral Surgery, STS University Course 9: Minimally Invasive Aortic and Mitral Valve Surgery, the STS 55th Annual Meeting, (2019/1/27, San Diego)

  • 【チューター/インストラクター】18.Evening Hans-0n Seminar「末梢吻合」 KCJL Surgical (2019/4/13 大阪)

  • 【チューター/インストラクター】19.Off the Job Training 第24回 日本冠動脈外科学会学術集会

  • 【チューター/インストラクター】20.Techno Camp ASCVTS 2020 (2020/2/8 ChiangMai)

  • 【ライブ手術デモンストレーター】1.Keio Mini-Mitral Workshop 2013 2013/4/27 (第24回心エコー図学会学術集会・小切開僧帽弁形成術ライブセッション)

  • 【倫理申請】1.「重症心不全患者に対する、自己骨髄由来間葉系細胞を用いた細胞移植治療」 慶應義塾大学倫理委員会承認(17-92(4)) 分担医師

  • 【倫理申請】2.「心臓大血管手術における低侵襲心拍出量モニタリング法の比較検討」慶應義塾大学倫理委員会(#20120469) 実務責任者

  • 【倫理申請】3.「自己心膜を用いたステントレス生体弁による僧帽弁手術」慶應義塾大学倫理委員会 (#20120130) 実務責任者

  • 【倫理申請】4.「右小開胸低侵襲心臓手術のライブ中継」慶應義塾大学倫理委員会 (#20120535) 実務責任者

  • 【倫理申請】5.「心臓血管外科手術における先端湾曲ビデオスコープ内視鏡の使用」慶應義塾大学倫理委員会(#20130220) 実務責任者

  • 【倫理申請】6.「日本低侵襲手術学会MICSレジストリへの症例登録」 明石医療センター倫理委員会(#30-15) 研究代表者

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】1.電子カルテ手術 ワーキンググループ

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】2.電子カルテ入院 ワーキンググループ

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】3.輸血療法適正化委員会 委員 2012/11/1-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】4.中央手術部実務委員会 委員 2012/11/1-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】5.オールラウンド型リーディング大学院プログラム「超成熟社会発展のサイエンス」ダヴィンチ運営委員会 ワーキンググループ 2012/11-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】6.新病院棟開設準備に関するワーキングメンバー 平成25年5月1日〜平成27年9月30日

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】7.病床管理推進委員 2013/4-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】8.病院ウェブサイト運営委員会 実務者 2014/1-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】9.外来医長 2014/7-2015/9

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】10.研修医担当主任 2014/7-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】11.専修医担当主任 2014/7-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】12.臨床実習担当者 2014/7-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】13.カリキュラム委員会 委員 2014/7-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】14.診断学実習コーディネーター 2014/9-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】15.慶應義塾大学外科専門研修プログラム 実務委員 2015/10-

  • 【慶應義塾大学・学内委員会】16.高難度新規医療技術等導入検討委員会 2015/10/1-2016/9/30

  • 【教育】1.慶應義塾大学病院 新研修医ワークショップ タスクフォース 2012/4/3

  • 【教育】2.OSCE前実習_外科手技 2015/2/10

  • 【教育】3.OSCE本試験内部評価者 2015/2/22

  • 【教育】4.OSCE評価者認定講習会終了(基本的臨床手技) (15-04-06-0276)

  • 【教育】5.OSCE外部評価者(千葉大学 2015/12/12 基本的臨床手技)

  • 【教育】6.OSCE基本的臨床手技ステーションリーダー (2016/2/21)

  • 【FD参加】1.慶應義塾大学医学部新任医学教員のためのFDセミナー 2015/1/29

  • 【FD参加】2.慶應義塾大学医学部FDシリーズ 2015年度第1回 教員と慶應義塾医学教育の将来を語り合う(鈴木光明先生 ハワイ大学医学部医学教育部門) 2015/4/7

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

心臓弁膜症でお悩みの方へ

岡本先生に無料で相談する