だいどうみゃくべんきょうさくしょう

大動脈弁狭窄症

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

大動脈弁狭窄症とは、大動脈弁の炎症や動脈硬化により、大動脈弁が開きにくくなった状態です。左心室から大動脈に血液を送り出しにくくなり、左心室は肥大(心臓の壁が分厚くなる)します。重症の大動脈弁狭窄が長期間に及ぶと、左心室は拡大(心臓そのものが大きくなる)し、左心室の収縮が弱くなります。典型的な症状は胸痛や失神、呼吸困難などですが、これらの症状は大動脈弁狭窄症が進行してから現れます。

治療方法には、胸を開けて直接大動脈弁にアプローチをする手術や、経カテーテル大動脈弁置換術と呼ばれる方法があります。大動脈弁狭窄症は高齢者や基礎疾患を持っている方に多いため、軽カテーテル大動脈弁置換術は負担を軽減した治療方法として注目が集まっています。

原因

大動脈弁狭窄症の原因は、大きく2つあります。ひとつは、動脈硬化の進展による弁の石灰化、もうひとつは先天的な疾患である二尖弁(にせんべん・先天性大動脈二尖弁)です。

心臓は全身や肺に血液を送るポンプとしての機能を持っています。心臓には4つの部屋が存在していますが、そのなかでも全身に血液を送るためには「左心室」が適切に機能し「大動脈」に十分な血液を送り出す必要があります。左心室と大動脈の間には「大動脈弁」と呼ばれる組織が存在しており、血液が適切に流れるように調整する働きを担っています。大動脈弁狭窄症が起きている場合、この弁が何かしらの原因で狭くなっており、全身への血液の流れが障害されています。

症状

大動脈弁狭窄症の典型的な症状は、胸痛、失神、呼吸困難の3つといわれています。しかし、これらの症状はすべて現れるわけではありません。また、症状は進行した状態ではじめて現れるため、症状がある場合は早急に治療を行う必要があります。

無症状であっても健康診断で指摘されることもあります。また、普段できていたことができなくなった(たとえば階段が疲れて昇れないなど)という症状で始まることもあります。こうした症状は、自分でも異常であると気付きにくいため、注意が必要です。また、大動脈弁狭窄症に関連した症状は、ある程度の活動度があってはじめて出現するものであり、いつも座っていて、あまり運動をしない状態では現れにくいという特徴があります。普段から運動を心がけて、気になる症状がある場合には、胸痛、失神、呼吸困難といった典型症状がない場合でも病院を受診し、相談しましょう。

検査・診断

胸の音を聴く聴診、採血などの一般的な検査、さまざまな画像検査を行い診断します。以下は大動脈弁狭窄症の診断のために行われる画像検査です。

経胸壁心エコー

超音波を使って弁の狭窄や逆流の原因を調べ、心機能を含めて定量的に評価します。検査技師や医師が胸に小さい装置をあてて、胸の中にある心臓を画像化し、計測します。

経食道心エコー検査

胃カメラのような機械を口から入れて、食道から心臓を観察することで、詳しい診断をつけることができます。経胸壁心エコー図では十分に観察できない場合などに行われています。

造影CT検査

造影CTを行い大動脈・大動脈弁複合体の石灰化の分布や大動脈の蛇行を評価します。弁膜症の診断だけでなく、治療にともなうリスクを診断するために、重要性が増している検査です。このほかに、心電図や採血検査など各種検査が行われることになります。

治療

大動脈弁狭窄症の治療には、内科的なものと外科的なものに分けられます。

内科的治療

心不全があれば利尿剤、高血圧があれば降圧薬などを用いて、全身の管理と症状の緩和に努めます。ただし、狭窄自体を食い止め、改善させるような薬物治療がないため、根本的な治療のためには外科的治療が必要です。大動脈弁狭窄症の外科的治療には、「大動脈弁置換術」と「経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR:Transcatheter aortic valve replacement)」の2つがあります。

外科的治療

大動脈弁置換術

大動脈弁置換術とは、傷んだ大動脈弁を切り取って、人工弁(人工的に作った弁)を植え込む手術です。大動脈弁狭窄症の場合、弁が石灰化して硬くなっているため、石灰化部分をきれいに取り除くことが重要です。大動脈弁置換術は、人工心肺という機械を使って、心臓を止めて行います。通常は胸骨を切って行いますが、胸骨を半分だけ切る方法や肋骨の間から行う方法もあります。

経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)

TAVRとは、足の付け根や左胸からカテーテルを入れ、狭くなった弁を風船で広げ、傷んだ弁のなかに新たな弁(人工弁の一種である生体弁)を入れる治療法です。傷んだ弁のなかに新たな弁を植え込むため、傷んだ弁を切除して人工弁を針と糸で縫い付ける手術とは異なります。

こちらも気になることはありますか?
▶︎カテーテル治療について詳しく知りたい方はこちら