社会医療法人愛仁会 明石医療センター 心臓血管低侵襲治療センター長

日本外科学会 外科指導医・外科認定医・外科専門医 日本心臓血管外科学会 心臓血管外科修練指導者・心臓血管外科専門医

岡本 一真 おかもと かずま 先生

  • 兵庫県
  • 心臓血管外科

慶應大学卒業後、同大学病院で心臓外科医師としてのキャリアをスタート。ベルギー、イタリア、タイと海外の有名病院でフェローを務めあげ、手術実績ならびに研究業績をあげる。2010年より慶應義塾大学 外科(心臓血管)助教に就任。2012年に同専任講師となり、2016年より明石医療センターで心臓血管低侵襲治療センター長に着任。心臓血管低侵襲手術のパイオニアとして、自ら多くの症例を手がけるだけでなく、国内での手術手技普及にも貢献する。

S120x120 a62ffbc4 1823 4f82 870a d1c3f975ab2f
日本を代表する心臓血管外科医になる

トップランナーを目指し、心臓外科手術のスキルを磨き続ける岡本一真先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 心臓血管外科

受診可能な病気と得意な領域

  • 大動脈弁狭窄症
    詳細
    岡本先生の大動脈弁狭窄症に関する得意な領域
    • 小切開低侵襲心臓弁膜症手術 (MICS)
  • 狭心症
    詳細
  • 心筋梗塞
    詳細
  • 心臓弁膜症
    詳細
  • 僧帽弁閉鎖不全症
    詳細

資格・所属学会

日本外科学会 外科指導医・外科認定医・外科専門医
日本心臓血管外科学会 心臓血管外科修練指導者・心臓血管外科専門医

役職など

  • 難病 指定医
  • 兵庫県指定 身体障害者指定医(心臓)
  • 臨床研修 指導医
  • 共用試験OSCE 評価者認定
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術 実施医
  • 腹部ステントグラフト 実施医
  • 胸部ステントグラフト 実施医
  • 日本心臓血管外科学会 国際会員・評議員
  • 日本心臓病学会 会員
  • 日本冠動脈外科学会 会員
  • 日本再生医療学会 会員
  • 日本小児循環器学会 会員
  • 日本冠疾患学会 会員
  • 日本弁膜症学会 会員
  • 日本人工臓器学会 会員
  • 日本血管外科学会 会員
  • 日本胸部外科学会 関東甲信越地方会 会員
  • 関西胸部外科学会 評議員
  • The American Heart Association 会員
  • Fellow of the American Heart Association (FAHA) 会員
  • The Society of Thoracic Surgeons 会員
  • European Association For Cardio-Thoracic Surgery 会員
  • The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 会員
  • ASCVTS Home Page Working Group 所属
  • The International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery 会員
  • The Society for Heart Valve Disease 会員
  • CCT (Complex Cardiovascular Therapeutics) Surgical Course Director
  • JAPAN MICS Summit 幹事
  • ステントレス僧帽弁臨床研究会 世話人・幹事・適応委員会 委員
  • KCJL(近畿心血管治療ジョイントライブ)2017 Surgical 世話人
  • 一般社団法人世界手術教育フォーラム(令和元年5月20日) 設立時社員
  • 社会医療法人愛仁会 明石医療センター 心臓血管低侵襲治療センター長
  • 日本循環器学会 会員
  • 日本小児外科学会 会員
  • 日本胸部外科学会 正会員

所属病院

明石医療センター
明石医療センター
  • 内科 外科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 泌尿器科 産婦人科 眼科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 兵庫県明石市大久保町八木743-33
  • 山陽電鉄本線「中八木駅」 徒歩8分 JR神戸線(神戸~姫路)「大久保駅」 徒歩15分
所属病院について

医療記事

来歴等

略歴

1999年 慶應義塾大学医学部 卒業
2002年 慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程 入学
2006年 慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程 単位取得退学
2009年 慶應義塾大学 博士(医学)第3207号
1999年 慶應義塾大学病院 研修医(外科学)
2000年 大田原赤十字病院 外科 医師
2001年 国立霞ヶ浦病院 外科 医師
2002年 慶應義塾大学病院 心臓血管外科 専修医
2003年 済生会宇都宮病院 心臓血管外科 専修医
2004年 慶應義塾大学医学部 21世紀COEプログラムリサーチアシスタント
2004年 国立成育医療センター研究所 生殖医療研究部 研究員
2004年 国立成育医療センター研究所 流動研究員
2005年 国立成育医療センター研究所 流動研究員
2006年 慶應義塾大学医学部 助手 (専修医)(外科学)
2007年 OLV Clinic, Cardiovascular and Thoracic Surgery, Belgium Clinical Fellow
2008年 IRCCS Policlinico San Donato, Cardiochirurgia, Italy Clinical Fellow
2009年 慶應義塾大学医学部 助教 (専修医)(外科学)
2010年 Chiang Mai University, Cardiothoracic surgery, Thailand Clinical fellow
2010年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)助教
2012年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)専任講師(有期・学部内)
2014年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)外来医長(兼任)
2016年 慶應義塾大学 外科(心臓血管)外来医長(兼任)
2016年 社会医療法人愛仁会明石医療センター 心臓血管低侵襲治療 センター長
2016年 慶應義塾大学医学部 外科学講師(非常勤)
2019年 神戸大学医学部 臨床准教授

論文

  • Nishiyama N, Miyoshi S, Hida N, Uyama T, Okamoto K, Ikegami Y, Miyado K, Segawa K, Terai M, Sakamoto M, Ogawa S, Umezawa A. The significant cardiomyogenic potential of human umbilical cord blood-derived mesenchymal stem cells in vitro. Stem Cells 2007;25(8):2017-2024.

  • Okamoto K, Miyoshi S, Toyoda M, Hida N, Ikegami Y, Makino H, Nishiyama N, Tsuji H, Cui CH, Segawa K, Uyama T, Kami D, Miyado K, Asada H, Matsumoto K, Saito H, Yoshimura Y, Ogawa S, Aeba R, Yozu R, Umezawa A. 'Working' cardiomyocytes exhibiting plateau action potentials from human placenta-derived extraembryonic mesodermal cells. Experimental cell research 2007;313(12):2550-2562.

  • Ikegami Y, Miyoshi S, Nishiyama N, Hida N, Okamoto K, Miyado K, Segawa K, Ogawa S, Umezawa A. Serum-independent cardiomyogenic transdifferentiation in human endometrium-derived mesenchymal cells. Artificial organs 2010;34(4):280-288.

  • Okamoto K, Shimizu H, Ueda T, Yozu R. Aggressive surgical strategy should be used for the treatment of thoracic aortic disease in patients with end-stage renal disease. Interactive cardiovascular and thoracic surgery 2011;12(3):384-388.

  • Aeba R, Kudo M, Okamoto K, Yozu R. Bridging annuloplasty for left atrioventricular valve of partial atrioventricular septal defect. Ann Thorac Surg 2012;93(5):e137-139.

  • Kimura T, Miyoshi S, Okamoto K, Fukumoto K, Tanimoto K, Soejima K, Takatsuki S, Fukuda K. The effectiveness of rigid pericardial endoscopy for minimally invasive minor surgeries: Cell transplantation, epicardial pacemaker lead implantation, and epicardial ablation. Journal of cardiothoracic surgery 2012;7:117.

  • Okamoto K, Yozu R, Kudo M. Loop-in-loop technique in mitral valve repair via minithoracotomy. Ann Thorac Surg 2012;93(4):1329-1330.

  • Yozu R, Okamoto K, Kudo M, Nonaka H, Adams DH. New innovative instruments facilitate both direct-vision and endoscopic-assisted mini-mitral valve surgery. J Thorac Cardiovasc Surg 2012;143(4 Suppl):S82-85.

  • Misfeld M, Borger M, Byrne JG, Chitwood WR, Cohn L, Galloway A, Garbade J, Glauber M, Greco E, Hargrove CW, Holzhey DM, Krakor R, Loulmet D, Mishra Y, Modi P, Murphy D, Nifong LW, Okamoto K, Seeburger J, Tian DH, Vollroth M, Yan TD. Cross-sectional survey on minimally invasive mitral valve surgery. Ann Cardiothorac Surg 2013;2(6):733-738.

  • Lorsomradee S, Lorsomradee S, Okamoto K, Yamada T, Morisaki H, Yozu R. The difference between arterial pressure waveform cardiac output versus thermo dilution cardiac output as a perioperative dynamic evaluation of the severity of aortic insufficiency. EC Anaesthesia 2015;2(3):131-138.

  • Kitahara H, Murata M, Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Tsuruta H, Itabashi Y, Fukuda K, Yozu R, Shimizu H. Preservation of mobility of the posterior mitral leaflet after mitral valve repair with neochordae using loop technique. Circ J 2016;80(3):663-667.

  • Kitahara H, Okamoto K, Kudo M, Yoshitake A, Ito T, Hayashi K, Inaba Y, Akamatsu Y, Shimizu H. Alternative peripheral perfusion strategies for safe cardiopulmonary bypass in atrial septal defect closure via a right minithoracotomy approach. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2016;64(3):131-137.

  • Kitahara H, Yagi H, Tajima K, Okamoto K, Yoshitake A, Aeba R, Kudo M, Kashima I, Kawaguchi S, Hirano A, Kasai M, Akamatsu Y, Oka H, Kitagawa Y, Shimizu H. Heterotopic transplantation of a decellularized and recellularized whole porcine heart. Interactive cardiovascular and thoracic surgery 2016;22(5):571-579.

  • Yanagisawa R, Hayashida K, Yamada Y, Tanaka M, Yashima F, Inohara T, Arai T, Kawakami T, Maekawa Y, Tsuruta H, Itabashi Y, Murata M, Sano M, Okamoto K, Yoshitake A, Shimizu H, Jinzaki M, Fukuda K. Incidence, predictors, and mid-term outcomes of possible leaflet thrombosis after tavr. JACC Cardiovasc Imaging 2016.

  • Yoshitake A, Hachiya T, Okamoto K, Kitahara H, Kawaguchi S, Nakatsuka S, Inoue M, Jinzaki M, Shimizu H. Postoperative stroke after debranching with thoracic endovascular aortic repair. Ann Vasc Surg 2016;36:132-138.

  • Kakefuda Y, Hayashida K, Yamada Y, Yashima F, Inohara T, Yanagisawa R, Tanaka M, Arai T, Kawakami T, Maekawa Y, Tsuruta H, Itabashi Y, Murata M, Sano M, Okamoto K, Yoshitake A, Shimizu H, Jinzaki M, Fukuda K. Impact of subclinical vascular complications detected by systematic postprocedural multidetector computed tomography after transcatheter aortic valve implantation using balloon-expandable edwards sapien xt heart valve. Am J Cardiol 2017;119(7):1100-1105.

  • Kodaira M, Kawamura A, Okamoto K, Kanazawa H, Minakata Y, Murata M, Shimizu H, Fukuda K. Comparison of clinical outcomes after transcatheter vs. Minimally invasive cardiac surgery closure for atrial septal defect. Circ J 2017;81(4):543-551.

  • Yoshitake A, Okamoto K, Yamazaki M, Kimura N, Hirano A, Iida Y, Abe T, Shimizu H. Comparison of aortic arch repair using the endovascular technique, total arch replacement and staged surgerydagger. Eur J Cardiothorac Surg 2017;51(6):1142-1148.

  • Tabei R, Kawaguchi S, Kanazawa H, Tohyama S, Hirano A, Handa N, Hishikawa S, Teratani T, Kunita S, Fukuda J, Mugishima Y, Suzuki T, Nakajima K, Seki T, Kishino Y, Okada M, Yamazaki M, Okamoto K, Shimizu H, Kobayashi E, Tabata Y, Fujita J, Fukuda K. Development of a transplant injection device for optimal distribution and retention of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes. The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation 2019;38(2):203-214.

  • 田村洋一郎、岡本一真、壁島康郎、亀山哲章、戸泉篤、影山隆久: 食道癌の診断と治療 10年間の食道癌治療成績と術後の呼吸・循環管理. つくばシンポジウム 茨城県消化器病懇話会雑誌. 17: 24-29. 2002

  • Okamoto K, Yozu R. Designing innovative retractors and devices to facilitate mitral valve repair surgery. Ann Cardiothorac Surg 2015;4(4):364-369.

  • Okamoto K. Minimally invasive cardiac surgery in japan: History and current status. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2018;66(9):504-508.

  • 田村明彦,木村成卓,岡本一真,大関美穂,川久保博文,赤松秀敏,岡昭一,清水敦夫,水沼仁孝,松井淳一,雨宮哲,古泉桂四郎:【ヘルニア-最新の治療】 大腿ヘルニアに対するプロリンヘルニアシステムの適応. 臨床外科 57(8): 1085-1090, 2002

  • 岡本一真,饗庭了,四津良平:解説!心臓血管手術 完全大血管転位症手術. ハートナーシング 761-765, 2005

  • 三好俊一郎,岡本一真,四津良平,吉村泰典,小川聡:【再生医学とリプロダクション】 胎盤由来の間葉系幹細胞の心筋分化. 産婦人科の世界 59(3): 243-250,2007

  • 三好俊一郎,肥田直子,西山信大,池上幸憲,辻紘子,岡本一真,佐竹正樹,宇山太郎,瀬川薫,森泰昌,坂元亨宇,小川聡,梅澤明弘:骨髄以外のヒト間葉系細胞からの心筋分化. 心電図 28 (Suppl.3): S-3-37-48, 2008

  • 岡本一真,工藤樹彦,四津良平:ロボット手術の心臓外科領域における現状. 小切開・鏡視外科学会 3(1): 51-54, 2012

  • 岡本一真,工藤樹彦,四津良平:人工腱索再建を軸にした僧帽弁形成戦略. 胸部外科 65(4): 291-295, 2012

  • 四津良平, 工藤樹彦, 岡本一真, 志水秀行, 吉武明弘, 饗庭了. 心臓血管外科学 臨床医学の展望 2013. 日本医事新報. 2013;4638: 80-5.

  • 岡本一真,四津良平:弁形成術(僧帽弁閉鎖不全). 成人病と生活習慣病 44(7): 842-847, 2014

  • 岡本一真,工藤樹彦,四津良平:人工腱索再建を軸とした僧帽弁形成. 心臓 46(8) : 1050-1053, 2014

  • 岡本一真, 飯田雅美, 富岡久子:小切開心臓手術(右小開胸アプローチ). ハートナーシング 28(1): 54-58, 2015.

  • 岡本一真:特集:内科医に必要な心臓外科手術の知識 進歩する外科手術 MICSはここまで治せる? Heart View 19(10): 76-81, 2015

  • 岡本一真:【心臓血管外科 前編】 術式別に学ぶ心臓血管手術 弁膜症と不整脈 三尖弁手術. Intensivist 7(4): 747-753, 2015

  • 岡本一真,工藤樹彦,志水秀行:本邦における低侵襲心臓手術の現況 MICS僧帽弁形成術のルーチン化. 日本外科学会雑誌 117(2) : 124-129, 2016

  • 岡本一真:右小開胸による直視下僧帽弁手術. 胸部外科 69(8) : 603-606, 2016

  • 岡本一真:右小開胸僧帽弁手術における再膨張性肺水腫の発症機序とその治療法 日本医事新報 4835 53-54, 2016

  • 福井寿啓, 岡本一真. 冠動脈バイパス手術(cabg)における両側内胸動脈の利用 左冠動脈領域への利用が高齢者や糖尿病患者にも有用. 日本医事新報 2017(4843):60-61.

  • 岡本一真. 【病態関連mapではやわかり 心臓外科手術の術後ケア】 (第二部)備えよう!開心術後に起こる合併症の管理とケア 疾患別に起こりやすい合併症 弁膜症. ハートナーシング 2018;31(1):43-46.

  • 【査読】Surgical Techniques Development

  • 【査読】心臓

  • 【査読】Japanese Journal of Cardiovascular Surgery

  • 【査読】Journal of Thoracic Disease

  • 【査読】Therapeutics and Clinical Risk Management

  • 【査読】General Thoracic and Cardiovascular Surgery

  • 【査読】Heart and Vessels

  • 【査読】European Medical Journal

  • 【査読】Open Access Surgery

著書

  • 岡本一真:小切開心臓手術の現状、日本人工臓器学会教育セミナー、28回人工臓器、西村元延、67-73、一般社団法人日本人工臓器学会、東京、2012

  • 岡本一真、四津良平:PCPSおよび低侵襲心臓外科手術(MICS)の体外循環、【先端医療シリーズ43】循環器疾患の最新医療、永井良三、許俊鋭、鄭忠和、澤芳樹、堀正二、小川聡、田林晄一、佐野俊二、天野篤、筒井裕之、小川久雄、寺田弘司、190-193、寺田国際事務所/先端医療技術研究所、東京、2012

  • 岡本一真、四津良平:低侵襲僧帽弁手術の現状、Annual Review 循環、小室一成、佐地勉、坂田隆造、赤阪隆史、中外医学社、255-262、中外医学社、東京、2013

  • 岡本一真:低侵襲心臓手術(MICS)での人工心肺、 人工心肺(CE 技術シリーズ)、四津良平、平林則行、南江堂、159-166、東京、2015

  • 岡本一真:小切開心臓手術(MICS)の体外循環、日本人工臓器学会教育セミナー 31回体外循環と補助循環、西村元延、19-26、一般社団法人日本人工臓器学会、東京、2015

  • 岡本一真:慶應義塾大学病院の医師100人と学ぶ病気の予習帳、塚﨑朝子、16-17、講談社、東京、2015

  • 岡本一真:心臓外科手術と術後ケア 術式別ポイントチェック、志水秀行、50-64、メディカ出版、大阪、2016

  • 岡本一真:ハートチームのための心臓血管外科手術周術期管理のすべて 、國原孝、306-315、MEDICAL VIEW、東京、2017

  • 岡本一真:僧帽弁形成術(MVP)1、心臓手術チームのための経食道心エコー、村田光繁、山田達也、88-99、文光堂、東京、2017

  • 岡本一真:低侵襲心臓手術(MICS)、心臓手術チームのための経食道心エコー、村田光繁、山田達也、158-165、文光堂、東京、2017

  • 岡本一真:外科医から見たTAVIの適応、TAVI実践マニュアル、林田健太郎, OCEAN-SHD研究会, 山本真功, 渡邊雄介、19-21、南江堂、東京、2018

  • 岡本一真:僧帽弁形成術(右前側方小開胸)、心臓・大動脈外科手術、小坂眞一、292-296、医学書院、東京、2018

  • 岡本一真:僧帽弁手術トラブル、心臓血管外科 専攻医・専門医必修! Off the Job Trainingテキスト、日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会・日本血管外科学会、292-296、医学書院、東京、2018

  • 岡本一真:保険加算がついた小切開心臓手術(mics)とロボット手術. 日本人工臓器学会教育セミナー 2018;34回(人工臓器):95-104.

  • 岡本一真: アプローチ:内視鏡補助直視下による右小開胸僧帽弁形成. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、27-32、南江堂、東京、2019/02/20

  • 伊藤敏明、岡本一真. 症例選択基準 A 僧帽弁(右小開胸アプローチ). 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、52-57、南江堂、東京、2019/02/20

  • 岡本一真:三尖弁の手術:MICS三尖弁形成術. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、153-152、南江堂、東京、2019/02/20

  • 岡本一真:心房中隔欠損孔閉鎖. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、168-171、南江堂、東京、2019/02/20

  • 岡本一真:MICSにおける出血コントロール. 低侵襲心臓手術の基本と実践、日本低侵襲手術学会、宮本伸二、柴田利彦、180-182、南江堂、東京、2019/02/20

  • 岡本一真:開閉胸A to Z and pitfall (1)開胸法、心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、2-11、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 岡本一真:開閉胸A to Z and pitfall (1)閉胸法、心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、12-22、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 岡本一真:人工心肺着脱、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、22-37、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 岡本一真:大動脈弁置換術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、152-165、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 岡本一真:僧帽弁置換術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、176-189、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 岡本一真:僧帽弁形成術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、190-199、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 岡本一真:三尖弁形成術、 心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、152-165、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • 岡本一真:心室中隔欠損症(VSD) 外科治療、SHDインターベンションコンプリートガイド、岡本一真、264-267、医学書院、東京、2019/5/1

  • 岡本一真:心房中隔欠損症(ASD) 外科治療、SHDインターベンションコンプリートガイド、岡本一真、293-296、医学書院、東京、2019/5/1

  • 【編集委員】Journal of Thoracic Disease, Editorial Board (Thoracic Surgery)

  • 岡本一真:心臓血管外科手術のまずはここから、岡本一真、メジカルビュー社、東京、2019/2/20

  • Yozu R, Okamoto K, Kudo M: Mini-Mitral Surgery, First Edition, 2-23, Keio Institute of Minimally Invasive Cardiovascular Intervention, Tokyo, 2012

  • Yozu R, Okamoto K, Kudo M: Mini-Mitral Surgery, Second Edition, 3-23, Keio Institute of Minimally Invasive Cardiovascular Intervention, Tokyo, 2012

その他

  • 【受賞】慶應義塾大学医学部外科学教室 刀林賞 2010年「'Working' cardiomyocytes exhibiting plateau action potentials from human placenta-derived extraembryonic mesodermal cells.」

  • 【受賞】慶應義塾大学医学部外科学教室 刀林賞 2011年「透析患者に対する胸部大動脈手術の積極的手術適応」

  • 【受賞】日本心臓財団 「心臓」年間優秀査読賞 2015年1月

  • 【受賞】日本医療経営機構 平成30年度医療経営人材育成プログラム leadership award 2019年1月

  • 【マスメディア】岡本一真:留学、してみる? Nikkei Medical Cadetto, 2: 26, 2011

  • 【マスメディア】岡本一真、塚﨑朝子:狭心症 健康アプリ 週刊エコノミスト 42(4364): 106, 2014

  • 【マスメディア】岡本一真:僧帽弁治療における内科・外科の連携. 心臓財団 虚血性心疾患セミナー ラジオNIKKEI第1, 2014

  • 【マスメディア】岡本一真:2016年版 国民のための名医ランキング. p47, 桜の花出版, 2015

  • 【マスメディア】岡本一真:WhytRunner 輝き続ける専門医 Vol. 05

  • 【マスメディア】岡本一真:2018年版 国民のための名医ランキング. p110, 桜の花出版, 2017

  • 【マスメディア】テレビ朝日スペシャルドラマ企画 名探偵・明智小五郎 医療監修

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。