新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

浜松医科大学 皮膚科学講座 准教授

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医

伊藤 泰介 いとう たいすけ 先生

浜松医科大学医学部附属病院皮膚科にて准教授を務める。「脱毛症外来」を担当しており、AGAや円形脱毛症など、脱毛症のエキスパートとして全国的にもその名を知られている。症状改善に注力するのみならず、抜け毛により深く悩む患者さんの心にも寄り添う二人三脚の治療を行っており、患者さんやご家族から高い信頼と評価の声を得ている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科
  • 皮膚アレルギー

資格・学会・役職

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医
  • 浜松医科大学 皮膚科学講座 准教授
  • 医学博士 取得
  • 日本皮膚科学会  代議員
  • 日本研究皮膚科学会 評議員
  • 日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会 評議員
  • 日本臨床皮膚科医学会 会員
  • 日本免疫学会 会員
  • 日本皮膚悪性腫瘍学会 会員
  • 欧州研究皮膚科学会 会員
  • 日本毛髪科学研究会 理事
  • 日本乾癬学会 会員
  • 日本美容皮膚科学会 評議員
  • 日本褥瘡学会 会員

所属病院

浜松医科大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 免疫・リウマチ内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 静岡県浜松市東区半田山1丁目20-1
  • JR東海道本線(熱海~浜松)「浜松駅」 北口 遠鉄バス 13番のり場 (50)市役所山の手医大行 医科大学下車すぐ バス35分
  • 053-435-2111
浜松医科大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 静岡県立藤枝東高等学校 卒業
1989年 産業医科大学医学部 入学
1995年 産業医科大学医学部 卒業
1995年 浜松医科大学皮膚科 研修医
1996年 静岡県立総合病院皮膚科 研修医
1997年 浜松医科大学皮膚科 助手
2002年 ドイツ ハンブルグ大学エッペンドルフ病院皮膚科留学
2004年 浜松医科大学皮膚科 助手 復職
2006年 浜松医科大学皮膚科 講師、病棟医長
2009年 浜松医科大学皮膚科 講師、医局長、外来医長
2015年 浜松医科大学皮膚科 病院准教授・講師、医局長、病棟医長
2015年 浜松医科大学皮膚科 病院准教授・講師、医局長、外来医長
2019年 浜松医科大学皮膚科学 准教授

論文

Ito T, Ito N, Bettermann A, Tokura Y, Takigawa M, Paus R: Collapse and restoration of MHC class-I-dependent immune privilege: exploiting the human hair follicle as a model. Am J Pathol 164: 623-634, 2004.
Paus R, Nickoloff BJ, Ito T: A “hairy” privilege. Trends Immunol 26: 32-40, 2005.
Ito T, Ito N, Saathoff M, Bettermann A, Takigawa M, Paus R: IFN-γ is a potent inducer of catagen-like changes in cultured human anagen hair follicles. Br J Dermatol 152: 623-631, 2005.
Ito T, Ito N, Saathoff M, Stampachiacchiere B, Bettermann A, Bulfone-Paus S, Takigawa M, Nickoloff BJ, Paus R: Immunology of the human nail apparatus: The nail matrix is a site of relative immune privilege. J Invest Dermatol. 2005 Dec;125(6):1139-48.
Ito T, Ito N, Saatoff M, Hashizume H, Fukamizu H, Nickoloff BJ, Takigawa M, Paus R. Maintenance of hair follicle immune privilege is linked to prevention of NK cell attack. J Invest Dermatol. 2008 May;128(5):1196-206.
Ito T. Advances in the management of alopecia areata. J Dermatol 2012 Jan;39(1):11-7.
Ito T, Hashizume H, Shimauchi T, Funakoshi A, Ito N, Fukamizu H, Takigawa M, Tokura Y. CXCL10 produced from hair follicles induces Th1 and Tc1 cell infiltration in the acute phase of alopecia areata followed by sustained Tc1 accumulation in the chronic phase. J Dermatol Sci 2013 Feb;69(2):140-7.
Ito T, Shimada S, Mori T, Tokura Y. Alopecia areata possibly induced by autoimmune reaction in a patient with HTLV-I-associated myelopathy. J Dermatol. 2013 May;40(5):399-401.
Ito T, Bertolini M, Funakoshi A, Ito N, Takayama T, Biro T, Paus R, Tokura Y. Birth, life, and death of the MAGE3 hypothesis of alopecia areata pathobiology. J Dermatol Sci. 2013 Dec;72(3):327-30.
Ito T, Tokura Y. The role of cytokines/chemokines in T cell-mediated autoimmune inflammation: Lessons from hair loss in alopecia areata. Exp Dermatol 2014 in press
Ito T, Shimomura Y, Hayashi R, Tokura Y: Identification of a novel mutation, c.686delAins18 (p.Asp229Glyfs*22), in the LIPH gene as a compound heterozygote with c.736T>A (p.Cys246Ser) in autosomal recessive woolly hair/hypotrichosis.J Dermatol. 2015 Jul;42(7):752-3.

著書

おもしろサイエンス 薄毛の科学
板見 智(監修) 乾重樹、植木理恵、伊藤泰介、倉田荘太郎、大山 学
第4章円形脱毛症 pp64-89, 2016.2.25初版第一刷発行 日刊工業新聞社
伊藤泰介: 褥瘡. 山口 徹、北原光男、福井次矢(編)今日の治療指針 2013, 医学書院, pp. 1187, 2015.
伊藤泰介:痛風. 瀧川雅浩、渡辺晋一(編)皮膚疾患最新の治療 2013-2014, 南江堂, pp154, 2013.
伊藤泰介: 脱毛症-特に円形脱毛症. 山口 徹、北原光男、福井次矢(編)今日の治療指針 2013, 医学書院, pp1071, 2014.
伊藤泰介: 脱毛症研究の新知見 円形脱毛症. 大山 学(編) Derma update-最新知見と臨床の実際, 全日本病院出版会, pp19-24, 2012.

その他

  • 【受賞】第36回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会ポスター賞 銅賞

  • 【受賞】第4回ラロッシュポゼアジアパシフィック基金 皮膚科分野における基礎研究プロジェクト

  • 【受賞】第22回コスメトロジー研究助成

  • 【受賞】Journal of Dermatology Awardees for Most Downloaded Articles in 2012

  • 【受賞】第19回日本臨床毛髪学会 学会賞「平山賞」

  • 【受賞】2014年European Society for Dermatological Research, National Alopecia Areata Foundation Travel Fellowship

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。