【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 af85ce67 1d23 4b91 9d5f 144e82960646
心臓弁膜症の症状−種類別の症状について解説
心臓弁膜症には、心臓にある弁がうまく閉じなくなる「閉鎖不全症」と、弁の開きが悪くなる「狭窄症」があります。閉鎖不全症では血液の逆流、狭窄症では血液のうっ滞(正常に流れずに一定の場所にとどまること...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

心臓弁膜症の症状−種類別の症状について解説

公開日 2017 年 12 月 13 日 | 更新日 2018 年 09 月 21 日

心臓弁膜症の症状−種類別の症状について解説
岡本 一真 先生

社会医療法人愛仁会 明石医療センター  心臓血管低侵襲治療センター長

岡本 一真 先生

目次

心臓弁膜症には、心臓にある弁がうまく閉じなくなる「閉鎖不全症」と、弁の開きが悪くなる「狭窄症」があります。閉鎖不全症では血液の逆流、狭窄症では血液のうっ滞(正常に流れずに一定の場所にとどまること)によって、息切れや胸苦しいといったさまざまな症状が現れます。本記事では、心臓弁膜症の種類別の症状について明石医療センター心臓血管外科 心臓血管低侵襲治療センター長の岡本一真先生にお話を伺いました。

心臓弁膜症とは

心臓には4つの弁がある

心臓弁幕

心臓には「右心房」「右心室」「左心房」「左心室」の4つの部屋があり、これらの部屋を流れる血液が一方向に流れるよう、4つの部屋をつなぐ箇所と血液が出ていく箇所に4つの弁があります。

心臓にある弁

  • 大動脈弁…左心室と大動脈の間にある
  • 僧帽弁…左心房と左心室の間にある
  • 肺動脈弁…右心室と肺動脈の間にある
  • 三尖弁…右心房と右心室の間にある

心臓弁膜症には「閉鎖不全症」と「狭窄症」がある

これらの弁が何らかの異常で正常に機能しなくなることを心臓弁膜症とよびます。

弁に起こる異常には以下の2パターンがあります。

弁に起こる異常

  • 閉鎖不全症…弁がうまく閉じずに血液の逆流が起こる。若年者での発症が多い。(僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症)
  • 狭窄症…弁がうまく開かずに血液の流れが障害される。動脈硬化が主な原因となることから高齢者に多くみられる。(僧帽弁狭窄症、大動脈弁狭窄症)

また、狭窄症と閉鎖不全症を合併している場合には「狭窄兼閉鎖不全症」とよばれます。

手術を行うかどうかは弁の種類によっても変わります。主に手術の対象となるものは左心室の前後にある「大動脈弁」と「僧帽弁」です。三尖弁は大動脈弁と僧帽弁に付随する形で手術を行うこともありますが、肺動脈弁が手術の対象となることは極めてまれです。

心臓弁膜症の種類別の症状

それでは、代表的な5つの心臓弁膜症で起こる症状についてそれぞれ解説していきます。

僧帽弁狭窄症の症状

僧帽弁狭窄

僧帽弁狭窄症は僧帽弁が硬化し開きづらくなることで、左心房から左心室へ血液が流れにくくなる疾患です。左心房で血液の流れが停滞してしまうので、左心房が徐々に拡大していきます。左心房の拡大が進むことで心房細動(心房が小刻みにけいれんして起こる不整脈の一種)が起こり、これによりドキドキする、脈が飛ぶなどの症状が現れます。

また、左心房は肺からの血液を受け入れる場所でもあるため、左心房が血液でパンパンに張ってしまうと肺からの血液も戻りづらくなります。すると、肺のなかでも血液の渋滞が起こり肺うっ血となり、息苦しさが現れます。

最初は運動したときや階段を登るときに息苦しさを感じる方が多くいます。しかし僧帽弁狭窄症が進行すると、肺に水がたまる肺水腫になり、安静にしていても息苦しさを感じるようになります。この状態になると、僧帽弁狭窄症はかなり進行していると考えられますので、早急に入院と手術治療が必要となります。

僧帽弁閉鎖不全症の症状

僧帽弁閉鎖症

僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁の閉まりが悪くなることで左心房と左心室の間を血液が行ったり来たりしてしまう疾患です。そのため、左心房と左心室が全体的に拡大していき、僧帽弁狭窄症に比べて心臓の負担が大きくなります。症状は僧帽弁狭窄症と同じく、肺うっ血による息苦しさや心房細動によりドキドキするなどの症状が現れます。

ただし、症状の現れ方に違いがみられることがあります。僧帽弁狭窄症では息苦しさなどの症状が徐々に現れていくことに対し、僧帽弁閉鎖不全症は急性発症して突然症状が現れることがあります。

僧帽弁には弁を支える「腱索(けんさく)」という紐が左心室の壁からつながっていますが、この腱索が何らかの理由で突然切れてしまう「腱索断裂」が起こることがあります。腱索断裂が起こると、断裂した瞬間に突然血液の逆流が起こり、短時間で僧帽弁閉鎖不全症が進行していくのです。

もちろん、僧帽弁閉鎖不全症の原因は腱索断裂だけとは限りません。腱索が少しずつ伸びることで徐々に僧帽弁閉鎖不全症が進行していくこともあります。この場合、僧帽弁狭窄症と同じように徐々に息苦しさやドキドキするなどの症状が現れます。

しかし、僧帽弁閉鎖不全症の病状がかなり進行している(血液の逆流の程度が大きい)場合でも、自覚症状がほとんど現れない患者さんも多くいます。ですから、症状がなくても心臓の心臓超音波検査(心エコー検査)などで重症と判断された時点で手術を受けることが重要です。

僧帽弁閉鎖不全症の手術治療については『僧帽弁閉鎖不全症の治療法「僧帽弁手術」とは?』、手術適応については『僧帽弁閉鎖不全症の手術適応』をご覧ください。

大動脈弁狭窄症の症状

大動脈弁狭窄

大動脈弁狭窄症は主に加齢性の変化によって大動脈弁に動脈硬化が起こり、開きが悪くなってしまう疾患です。高齢者の増加とともに患者さんの数は増加傾向にあります。

大動脈弁狭窄症では、左心室の出口が狭くなるので、左心室が頑張って血液を押し出そうとします。そのうちに左心室がどんどん筋肉質になり、左心室の壁が分厚くなっていきます。筋肉質になった左心室は通常よりも酸素需用量(必要とする酸素の量)が高くなり、この酸素需用量を満たすだけの酸素を供給することができなくなってきます。

すると、心筋の酸素不足が生じて胸痛や失神が起こります。また心室性の不整脈(心室細動や心室頻拍など)が生じるなどして突然死する事例も少なくありません。

大動脈弁閉鎖不全症の症状

大動脈弁閉鎖不全症

大動脈弁閉鎖不全症は、左心室の出口が完全に閉じなくなるために大動脈から左心室へ血液の逆流が起こります。すると左心室が風船のように大きく膨らんでいきます。

大動脈弁閉鎖不全症では、患者さんが自覚できる症状は出ないことが多いです。症状が出るとしたら、左心室の拡大が進むことでおこる心不全による息苦しさなどの症状であると考えます。

三尖弁閉鎖不全症の症状

三尖弁閉鎖不全症は単独で発症することはまれで、多くの場合僧帽弁や大動脈弁の弁膜症に伴い起こります。

たとえば、僧帽弁狭窄症により肺で血液のうっ滞が起こると、肺の手前にある右心房や右心室もだんだんと拡大していきます。すると、右心房と右心室をつなぐ三尖弁も徐々に広がり、弁の合わさりが悪くなり三尖弁閉鎖不全症を発症するのです。

三尖弁閉鎖不全症を発症すると右心房がパンパンになり、全身から戻ってくる血液を受け入れることができなくなります。

そうすると、右心房の手前にある頸静脈の部分(首の部分)や顔面が腫れてきます。また腹部、特に肝臓の血液の戻りも悪くなり、肝うっ血から肝不全になることもあります。また足の静脈から血液が戻りにくくなると、足が腫れ上がる症状がみられます。

心臓弁膜症が発見されるきっかけ

超音波

心臓弁膜症は、種類によって症状の現れ方が違いますが、共通して多くみられる症状である息切れや胸苦しさ、またドキドキするといった症状で初めて病院を受診される方が多くいます。このような自覚症状を訴えて来院される患者さんには、以下のような検査で心臓弁膜症がないか確認をします。

心臓弁膜症の検査

  • 心電図検査…心臓の動きをつかさどる電気的な活動状況をみる検査
  • 心臓超音波検査(心エコー検査)…超音波を利用して心臓の動きや形状をみる検査

心電図検査だけでは心臓弁膜症の診断をつけることはできませんので、心電図検査で何らかの異常がみられた患者さんに対して心臓超音波検査を行います。

心臓超音波検査は、侵襲(体を傷つけるような医療行為)もなく患者さんが感じる痛みもありません。ですから、「最近、なんだかドキドキする」「階段を登ると息苦しさを感じる」といった自覚症状がみられた場合には積極的に循環器科を受診し、心臓超音波検査を受けることをおすすめします。

心臓弁膜症の手術を行うタイミング

心臓弁膜症を根本的に治すためには手術治療を行う必要があります。手術を行うかどうかは心臓超音波検査で得られる所見が指標となります。たとえ無症状であっても、心臓超音波検査で重症と判断されたら手術を行うべきであるといわれています。

ただし、高齢の患者さんの場合には、全身麻酔で行う手術に耐えることのできる体力があるかについても、十分に考慮する必要があります。

引き続き、『心臓弁膜症の治療法−薬物治療や手術治療について』では心臓弁膜症の手術治療や薬物治療について解説します。
 

慶應大学卒業後、同大学病院で心臓外科医師としてのキャリアをスタート。ベルギー、イタリア、タイと海外の有名病院でフェローを務めあげ、手術実績ならびに研究業績をあげる。2010年より慶應義塾大学 外科(心臓血管)助教に就任。2012年に同専任講師となり、2016年より明石医療センターで心臓血管低侵襲治療センター長に着任。心臓血管低侵襲手術のパイオニアとして、自ら多くの症例を手がけるだけでなく、国内での手術手技普及にも貢献する。

関連記事