クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Heart
僧帽弁狭窄症
主にリウマチ熱の後遺症として発症し、僧帽弁が狭くなる疾患です。僧帽弁は心臓の左心房と左心室の間に位置し、この部分が狭くなることで、左心房から左心室に血液を送り出しにくい状態になります。 無...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
心臓
更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

主にリウマチ熱の後遺症として発症し、僧帽弁が狭くなる疾患です。僧帽弁は心臓の左心房と左心室の間に位置し、この部分が狭くなることで、左心房から左心室に血液を送り出しにくい状態になります。

無症状で進行する期間が長いですが、左心房の負荷が強くなると心不全症状をきたすことがありますし、心房細動という不整脈が発症して動悸を覚えることもあります。また心房細動にともない心臓内に血栓(血の塊)が形成され、この血栓が脳に飛ぶことで脳梗塞を引き起こす危険性もあります。

治療方法としては心不全や不整脈、血栓に対しての内科的な治療があります。また僧帽弁の狭窄をなくすために、カテーテル治療や手術などが行われることもあります。

原因

心臓は、全身や肺に血液を送るポンプとしての機能を持っています。心臓には4つの部屋が存在していますが、「左心房」とは肺から戻ってくる酸素が豊富な血液を受け入れる部屋です。左心房に戻ってきた血液は「左心室」へと送られ、その後「大動脈」を介して全身に血液が供給されます。僧帽弁狭窄症では、この弁が何かしらの原因で狭くなっているために、左心室への血液供給が滞ってしまいます。また左心房で血液が滞るため、肺から左心房への血液の戻りにも悪影響が出てしまい、肺の血管に血液がたまる「肺うっ血」を引き起こします。

僧帽弁狭窄症の原因は、リウマチ熱が主流です。リウマチ熱は、A群連鎖球菌感染症にともなって発症する合併症のひとつです。A群連鎖球菌に関連した疾患としては、咽頭炎などがあります。咽頭炎は小児期を中心にとてもありふれた疾患ですが、日本を始めとする先進諸国においては的確な診断・抗生物質のおかげもあり、リウマチ熱を合併症として発症することはまれです。そのため、日本においては僧帽弁狭窄症の頻度も減ってきています。

症状

軽症のうちは症状がありません。しかし、病気の進行にともなって「労作時呼吸困難」が現れます。「労作時呼吸困難」は安静時には症状を感じませんが、階段を上がる・坂道を登るなどの日常生活の動作や軽い運動で、呼吸がしにくく息切れがするといった状況です。

さらに進行すると、夜間に横になると苦しく、起き上がると楽になる「起坐呼吸」という症状がときどき現れるようになります。また、ピンク色のバブル状の痰が出るようになります。これらは、肺うっ血にともなう症状であり、10年近くかけ徐々に進行します。

さらに心房細動と呼ばれる不整脈を併発することがあります。心房細動が続くと、左心房内に「血栓(けっせん)」と呼ばれる血の塊が形成されることもあります。血栓が左心室から全身に流れると、脳梗塞を引き起こすこともあります。

検査・診断

治療方針を決定するためには胸の音を聴く聴診、採血などの一般的な検査だけでなく、さまざまな画像検査を行います。経胸壁心エコーは、最初の検査として大切です。検査技師や医師が胸に小さい装置をあてて、胸の中にある心臓を画像化し、計測します。これにより、弁の狭窄の原因を調べ、心機能を評価します。

経食道心エコー検査では、胃カメラのような機械を口から入れて、食道から心臓を観察します。明瞭な画像で詳細な診断ができます。経胸壁心エコー図では十分に観察できない場合などに行われています。この検査は、検査室だけでなく、心臓の手術中に使うこともあります。僧帽弁狭窄症に合併する心房細動にともない、左心房内に血栓が形成されることもあります。エコー検査では血栓の状況についても評価することが可能です。

その他、心臓カテーテル検査を行い、狭窄の程度などをさらに詳細に評価します。また僧帽弁狭窄症では、心房細動と呼ばれる不整脈を併発することもあり、心電図で状況を評価します。血液検査では全身臓器の状況を含めて心不全の程度などを評価します。心不全の程度の評価にはBNPなどが用いられます。

治療

息切れなどの自覚症状がある重度の僧帽弁狭窄症では、手術やカテーテル治療によって、狭くなった僧帽弁を広げる必要があります。症状や心臓の機能が悪化する前の適切な時期に手術をすれば、術後は健常な方と同じように生活をすることができます。

僧帽弁狭窄症にともなって、心不全や心房細動が起こった場合は、それに対して薬物による治療などの内科的治療が必要になります。心不全に対しては利尿剤などを投与します。また心房細動にともなう血栓に対して、ワーファリンや新規経口抗凝固薬などが併用されます。新規経口抗凝固薬は、ワーファリンにともなう食事制限や治療域の狭さなどを解消するための方法として注目が集まっており、治療成績の改善につながるものとして期待されています。

僧帽弁狭窄症の原因疾患としては、リウマチ熱が多くを占めています。そのためリウマチ熱を引き起こすA群溶連菌感染症にかかった場合には、抗生物質による適切な治療を受けることが重要です。

僧帽弁狭窄症の記事を読む

僧帽弁狭窄症の記事にご協力いただいている医師