かんせんせいしんないまくえん

感染性心内膜炎

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

感染性心内膜炎とは、血液中に入り込んだ病原体が、心臓の弁などに付着することから引き起こされる病態を指します。健康な心臓に細菌などが感染することはまれですが、弁膜症や一部の先天性心疾患、人工弁置換術後など特殊な状況では、感染性心内膜炎発症のリスクが高まります。

感染性心内膜炎は、初期の段階では必ずしも容易に診断できるわけではありません。病気の進行とともに心不全症状が出現したり、脳梗塞をはじめとした臓器障害を引き起こしたりします。

原因

感染性心内膜炎は、心臓の構造物に細菌などが感染することが原因で発症します。心臓内の血液の流れは基本的には一方向性であり、大きな異常血流は健常な心臓ではみられません。しかし、弁膜症や先天性心疾患などが存在すると、血液の流れが逆方向になったり、本来は存在しないバイパス経路を介した血流が生じたりします。

こうした異常血液が存在するような心臓では細菌が付着しやすくなり、感染性心内膜炎発症のリスクが高まります。また、人工物には細菌が付着しやすいため、人工弁置換術を受けたことがある方は、感染性心内膜炎の発症リスクがあるといえます。

感染性心内膜炎を引き起こす病原体は、血流を介して心臓へと到達します。このため、抜歯治療を行うと傷口から口腔内の細菌が血流に乗り、感染性心内膜炎の原因となりえます。また、中心静脈留置などを受けた状況では皮膚のバリア機能が破壊されており、同じく血流を介した感染症を引き起こす可能性が出てきます。

しかし、こうした状況が必ずしも感染性心内膜炎を引き起こすというわけではなく、心臓の状態なども発症に影響を与えます。侵入部位によって原因となる病原体はさまざまであり、連鎖球菌や黄色ブドウ球菌などが原因となりえます。

症状

感染性心内膜炎の症状は、初期段階では必ずしも診断につながるものばかりではなく、発熱・倦怠感・食欲低下など日常的によくみられる症状が多いです。しかし病気の進行に伴い、心不全による症状や、細菌の塊が全身へと飛ばされていることに関連した症状が出現します。

感染性心内膜炎で心臓の構造物が破壊されると、心臓の本来持つ機能が低下します。心不全のなかでも左心系に影響が生じることが多く、労作時の疲労感や呼吸困難、息切れなどが生じます。

また、感染性心内膜炎で生じる病原体の塊は、構造的にもろくはがれやすいため、血液にのって全身へ流れ出ることがあります。脳への血管が影響を受けると脳梗塞が生じ、腎臓への血流が影響を受けると腎梗塞を発症する可能性があります。

その他にも脾臓、肺、皮膚、目などさまざまな臓器がターゲットになりえます。 これらの結果、麻痺症状や血尿、皮下出血、視力低下などの症状が生じることがあります。

検査・診断

感染性心内膜炎は、初期の場合は特に診断が難しいため、身体所見を繰り返すことが早期の診断につながります。具体的には、新しい心雑音の出現や皮下出血がないかなどを調べます。また、血液培養による病原体の証明(複数回の検査が必要)、心エコーによる病巣の確認などが行われます。

感染性心内膜炎が左心房や僧房弁に生じたときは、体表からのエコーでは観察が難しいこともあるため、食道経由で左心房の観察が行われます。その他、心不全や合併症の評価を行うために、胸部単純レントゲン写真、尿検査、頭部MRIなどが状況に応じて行われます。

治療

感染性心内膜炎は、細菌を代表として引き起こされる病気であるため、抗生物質による治療が行われます。使用される抗生物質は、病歴から推定される原因菌に効果があるものを初期に開始し、培養検査の結果をもとにして適宜変更します。抗生物質の使用期間は数日などの短期間ではなく、治療経過に応じて数週間投与します。心不全が生じている場合には、酸素投与や利尿剤の投与なども検討します。

このような治療でもコントロールできない場合や心不全が悪化する場合などには、手術も検討されます。感染性心内膜炎は、基礎となる心疾患の有無に応じて発症リスクが異なります。弁膜症や先天性心疾患、人工弁を有する方などは、抜歯などの観血的(出血を伴う)な医療行為に応じて感染性心内膜炎を発症することがあるため、あらかじめ抗生物質を予防的に使用することがあります。

「感染性心内膜炎」に関連する他の記事
もっと見る