S414x320 e6f0631c 580a 44d5 8b55 b5174dca381f

疾患啓発タイアップ

公開日 : 2017 年 11 月 26 日
更新日 : 2017 年 11 月 28 日

目次

高血圧は1つの原因からではなく、複数の原因によって起こります。よく知られているのは塩分の摂りすぎですが、その他にも交感神経の作用や、マグネシウムの不足によって高血圧のリスクが上がります。特にマグネシウムの摂取不足は日本人に多く、高血圧の原因としてはあまり知られていませんが、高血圧を含め人体にさまざまな影響をおよぼすことがわかってきています。

今回は高血圧の原因と、マグネシウムの不足について済生会呉病院 院長の松浦秀夫先生にお話を伺いました。

血圧調節のメカニズム

血管

血管の平滑筋と心筋の収縮によってコントロール

血圧は血管の壁にある平滑筋(へいかつきん)という筋肉と、心臓の筋肉である心筋の収縮によってコントロールされています。平滑筋には血管の抵抗を調節する役割があり、心筋は血液を血管に送り出す役割を持っています。このバランスによって人間の血圧は正常な値に保たれています。

高血圧にはさまざまな原因がある

高血圧の原因といえば「塩分の摂りすぎ」がよく知られています。しかし、高血圧に至るにはこの他にもさまざまな原因があるといわれています。ここではいくつかの代表的な原因について詳しくご説明します。

<代表的な高血圧の原因>

  • 塩分の摂りすぎ
  • 交感神経が優位な状態が続く
  • マグネシウム不足 など

高血圧のページへ

連載記事

関連記事