S414x320 e515208d 55bd 4815 bfba e451a369a187

疾患啓発タイアップ

公開日 : 2017 年 11 月 27 日
更新日 : 2017 年 11 月 28 日

目次

高血圧は狭心症、脳梗塞などの心血管病の原因として知られていますが、生活習慣の改善で予防できることから、各個人が正しい知識を持つことが大切です。広島県呉市では地域の方に高血圧について正しい知識を持ってもらい、減塩の観点から高血圧を予防するための取り組みを行っています。

今回は高血圧の予防や、広島県呉市の取り組みについて済生会呉病院 院長の松浦秀夫先生にお話を伺いました。

なお、高血圧の原因については記事1『高血圧の原因の1つに?マグネシウム不足と血圧の関係性』を御覧ください。

高血圧はなぜ悪い?

疑問

血圧が高い=悪ではない

「血圧が高い」といわれると、「体に悪いこと」というイメージを持つ方が多いと思います。しかし、血圧が高くなることは必ずしも悪いことではありません。たとえば人の体は運動中には一時的に血圧が高くなります。これは運動中の筋肉に大量の血液が必要になるためです。このときに血圧が高くなることは、人間の体にとって自然で、必要な現象(生理的現象)であるといえます。

問題なのは一度上昇した血圧が、その役目が終わってもなお下がらず高いままで保たれてしまうことです。この状態を一般的に「高血圧(症)」といいます。

高血圧状態が長く続くと動脈硬化などを招く

高血圧とは血管内の圧が高くなることですから、この状態が続いていると血管が傷みやすくなってしまいます。血管が傷み、柔軟性を失うことを「動脈硬化」といいます。動脈硬化は高血圧に加え、脂質異常症や糖尿病の罹患、あるいは喫煙などの生活習慣があると悪化しやすく、最終的には狭心症や脳梗塞などを引き起こすことになります。

高血圧の予防にはバランスのよい食事が大切

塩分は控えめに

塩分

記事1『高血圧の原因の1つに?マグネシウム不足と血圧の関係性』でも述べましたように、塩分の摂りすぎは高血圧のリスクとなりやすいことがわかっています。そのため日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは1日の塩分の摂取量を6g未満に収めることが理想であると述べています。

しかし、現在の日本の1日の食塩摂取量は男女を平均して9.9gといわれています(男性10.8g、女性9.2g)(平成28年国民健康・栄養調査)。そこでいきなり6g未満の食塩摂取量を目指すのは難しいため、現在国の方針では男性8g、女性7gの摂取量を目指すよう指導しています(日本人の食事摂取基準(2015年版))

カリウムは血圧を下げる

野菜・果物

高血圧学会では高血圧の懸念がある方に野菜や果物を摂取するよう呼びかけています。これは、野菜や果物に含まれるカリウムに血圧を下げる作用があるためです。

しかし高血圧と併せて罹患しやすい糖尿病、腎機能障害のある方は野菜や果物の摂取にも注意が必要です。なぜなら、糖尿病の患者さんにとっては果物の糖分が悪影響となる可能性がありますし、腎機能障害を持つ患者さんはカリウムが上昇しやすく、「高カリウム血症」をきたしやすいからです。ご自身の体調に合わせて、バランスよく野菜や果物を摂取するよう心がけることが大切です。病気を持っている場合には医師にご相談ください。

マグネシウム、カルシウムの摂取を心がける

ミネラルの取れる食材

血管の筋肉、平滑筋をコントロールするカルシウムやマグネシウムは、日本人に不足しやすい栄養素です。そのため意識的に摂取する必要があります。特にマグネシウムを摂取するためには豆類や海藻類などを積極的に摂取することが大切です。マグネシウムが豊富に含まれる食材について詳しくは『マグネシウムで糖尿病予防・改善』を御覧ください。

高血圧のページへ

連載記事

関連記事