【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 79986976 1652 4b7a bfca f4a8927ade41
不整脈の治療法
脈が異常に速くなったり、逆に遅くなったり、時に脈が飛んだり、抜けたりするのが不整脈です。放置していても心配のないものから、1回でも起こると命にかかわる危険なものまで、不整脈といってもさまざまなタ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

不整脈の治療法

公開日 2016 年 02 月 06 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

不整脈の治療法
熊谷 浩一郎 先生

福岡山王病院ハートリズムセンター センター長、国際医療福祉大学大学院 教授

熊谷 浩一郎 先生

脈が異常に速くなったり、逆に遅くなったり、時に脈が飛んだり、抜けたりするのが不整脈です。放置していても心配のないものから、1回でも起こると命にかかわる危険なものまで、不整脈といってもさまざまなタイプがあり、その種類を見極めることはとても重要です。不整脈の種類や治療法について、福岡山王病院ハートリズムセンター長の熊谷浩一郎先生にお話を伺いました。

不整脈の治療法について

心臓はこぶし大ほどの大きさで、1分間に約60~100回、1日では約10万回鼓動を続けています。生涯で心臓が打つ拍動数は、80歳まで生きたとすると、約30億回にも及びます。

心臓は左右それぞれにある心房と心室という4つの部屋から構成されていています。全身をまわった血液は右心房に戻ったあと、右心室から肺へと送られます。続いて、血液は肺(肺静脈)から左心房に戻り、再び左心室から全身へと送り出されます。

心臓は筋肉でできた臓器で、筋肉にわずかな電気が流れることで興奮して動きます。右心房にある洞結節という箇所で電気が発生するのですが、洞結節からの司令によって拍動はコントロールされているため、心臓は規則正しいリズムを打つことができるのです。

冒頭でも述べたように、拍動が乱れてドキドキと動悸がしたり、脈が異常に速くなったり、逆に遅くなったり、また脈が飛んだり、抜けたりする状態を不整脈といいます。放置していても心配ないものから、治療をしなければ命にかかわるもので、さまざまタイプのものがあります。

不整脈は、脈が速くなる「頻脈」、遅くなる「徐脈」、そして脈が飛んだり、抜けたりする期外収縮の3つのタイプに分けられます。治療は不整脈の種類によって異なります。徐脈に対する不整脈は心臓に電気刺激を与えるペースメーカーという器機を体内に埋め込む治療が行われ、頻脈や期外収縮には薬やカテーテルアブレーション(心筋焼灼術・しんきんしょうしゃくじゅつ)という治療法が行われます。

不整脈の種類と主な治療法については以下の通りです。

ペースメーカー

・洞不全症候群

・房室ブロック

不整脈の薬及びカテーテルアブレーション

・期外収縮

・頻拍発作

・心房細動

・心室頻拍

植え込み型除細動器

・心室細動

カテーテルアブレーションとは

カテーテルアブレーションとは、足の付け根の血管、大腿静脈あるいは動脈からカテーテルという細い管を心臓まで挿入して、不整脈の発生起源となっている回路を焼灼することで根治を目指す治療法です。薬が効かない場合や、薬を一生飲みたくないといった頻拍性の発作、あるいは心房細動が適応となります。

薬による治療との違いは、薬は飲んでいる間は不整脈を抑えることができますが、服用を止めると再び現れる対症療法であるのに対して、カテーテルアブレーションは、不整脈の発生部位を根本から治す根治治療であるということです。

治療効果については、不整脈の種類によって異なりますが、WPW症候群や上室性頻拍、突発性の心室頻拍といったものについては1回のカテーテルアブレーションでほぼ100%治すことが可能です。

もちろん根治できない不整脈もあり、心房細動はその一例ですが、1度では根治できずに2回行う場合もあります。心房細動に関していえば、成功率は2回のアブレーションを行って80%程度です。

 

福岡山王病院ハートリズムセンター長。国際医療福祉大学大学院教授。福岡大学医学部臨床教授。循環器専門医・内科専門医・不整脈専門医。1998年心房細動に対するカテーテルアブレーションを日本で最初に臨床導入した。その後、さらに治療効果を高めることを目指して「熊谷式BOX隔離術」を考案。心房細動治療をライフワークとし、その治療向上に貢献している。2008~2011年まで、米国Best Doctor社によるベストドクターズを2期連続で認定。2009年開院の福岡山王病院において、2015年8月にはカテーテルアブレーション2000例を突破した。

関連記事