【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 311c3da1 66bd 4410 9f24 a291af645a6d
S-ICDの術後―日常生活で気をつけるべきポイントは?
記事1『不整脈治療で使われるS-ICDとは?ICDとの違い、適応やメリット・デメリット』では、S-ICDとICDの違いや適応、手術の手順などについてお伝えしました。S-ICD植え込み後は、ほとん...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

S-ICDの術後―日常生活で気をつけるべきポイントは?

公開日 2017 年 10 月 10 日 | 更新日 2017 年 10 月 11 日

S-ICDの術後―日常生活で気をつけるべきポイントは?
清水 渉 先生

日本医科大学大学院医学研究科 循環器内科学分野 大学院教授

清水 渉 先生

記事1『不整脈治療で使われるS-ICDとは? ICDとの違い、適応やメリット・デメリット』では、S-ICDとICDの違いや適応、手術の手順などについてお伝えしました。S-ICD植え込み後は、ほとんどは健康な方と同様の生活を送ることが可能ですが、一部、気をつけるべき点があります。S-ICD植え込み後に、日常生活で気をつけるべきポイントやS-ICDが作動した場合の対処法、痛みなどについて、引き続き日本医科大学大学院医学研究科 循環器内科学分野 大学院教授 清水 渉先生にお話をうかがいました。

S-ICD植え込み後の日常生活における注意点

ウォーキングをする中年〜高齢男性

S-ICD本体に強い衝撃を与えないように注意

S-ICDを植え込み後に最も注意していただきたい点は、S-ICDを植え込んである胸部に、衝撃を与えないようにする点です。故障の原因となります。

しかし、従来のICDやペースメーカーのようにリードの負担を考慮する必要がないため、S-ICDはICDやペースメーカーと比べて動作の制限は少ないです。

運動は行ってもOK

ウォーキングなどの適度な運動も自由に行えます。むしろ、適度な運動は心臓に負担のかかる高血圧などの生活習慣病予防の観点からも、行っていただくことが望ましいです。

S-ICDなどの植え込み後は、自動車の運転が原則禁止される

S-ICDを含むICDを植え込むと、原則、自動車の運転が禁止されます。運転を行うには医師の診断書を警察署に提出し、運転の可否が判断されます。運転が可能となった場合でも、6か月ごとに診断書を提出しての再審査が必要です。

また、トラックやタクシーの運転などの第二種免許による職業運転、中型免許(8t限定を除く)、大型免許を用いた運転は許可されていません。発作による失神やICD等での電気ショック治療が、重大な事故に結びつく可能性があるためです。そのため、現在、運転士などの仕事に就いている方は内勤に変えるなど、職場で対応していただく必要があります。

携帯電話・スマートフォンなどの電子機器は使用できない?

携帯(またはスマホ)を使用する中年〜高齢男性

携帯・スマホは使用可。体内に電気が流れる機器、強い磁場が発生する機器は使用を控える

従来のICDと同様、体内に電気が流れる機器や強い磁場が発生する機器は使用を控えることが勧められています。

携帯電話やスマートフォンなどの電子機器は、機器の取り扱いの注意事項をしっかり守っていれば安全に使用できます。

<S-ICDの動作に影響を及ぼすものや場所>

  • マッサージチェア
  • 電気布団
  • 体脂肪計
  • 全自動麻雀卓
  • アマチュア無線
  • 電気自動車の急速充電器
  • 業務無線
  • 発電および変電施設内
  • 高周波溶着器
  • 誘電型溶鉱炉
  • 各種溶接機
  • 脱磁気装置
  • 磁気バイス
  • 電磁石
  • MRI
  • 放射線治療器
  • 電気メス
  • 体外式除細動器(AEDを含む)
  • 電位治療器
  • ジアテルミー装置
  • 通電鍼治療器
  • 高周波・低周波治療器 など

S-ICDが作動した際の対応

胸を押さえる中年〜高齢男性

1日に複数回の作動があればすぐに受診を

S-ICDが1日に複数回正常に作動した場合は、疾患が悪化している可能性があります。そのため、1日に複数回の作動があればすぐに医療機関を受診してください。

不整脈の頻度が安定している患者さんや、S-ICDの作動が1度だけの患者さんであれば、S-ICDが作動しても緊急受診の必要はないでしょう。

症状が安定していても、定期検査は必ず受けてください。

S−ICD作動時の痛み

意識がある状態では強い痛みが出る

心室細動などでは意識がない状態でS-ICDによる電気ショック治療が行われることが多いため、この場合は痛みを感じることは少ないでしょう。しかしながら意識がある状態で電気ショック治療が行われると、体が硬直するような、胸を強く叩かれたような痛みが伴います。

睡眠時に不整脈が起き、本人が気づかないまま電気ショック治療が行われることもあります。

S-ICDの不適切作動(誤作動)

S-ICDを含むICDには、不適切作動のリスクがあります。たとえば、運動などで一時的に一定の心拍数を超えた場合に、機械が心室頻拍や心室細動と判断して電気ショック治療を開始する場合があります。

その際には意識がある状態での電気ショック治療となり、強い痛みが生じます。

不適切作動が生じる場合には再度設定を変えて、対処が可能です。

なかには、不適切作動を経験して精神的苦痛を覚える方もいます。その際には抗不安薬などの処方を行うときもあります。

S-ICDはICDよりも動作の制限が少なく生活ができる

清水 渉先生

S-ICDはリード断線のリスクが低いことから、ICDよりも動作の制限が少なく、日常生活を送りやすいと考えます。ICDと同様に激しい運動は控えるべきですが、ウォーキングなどの運動であれば楽しむことができます。

不適切作動のリスクもあるものの、多くは再設定により対処が可能です。

何よりも、本治療によって不整脈による突然死を防ぐことができる点は大きいでしょう。S-ICDを検討し、植え込み後の日常生活について気になる場合は医師に相談してみてください。

 

不整脈治療 (清水 渉先生)の連載記事

国立循環器病研究センターに24年間在籍し、その間に米国・マソニック医学研究所に留学、2013年から現在の日本医科大学大学院医学研究科 循環器内科学分野の大学院教授を務める。日本の遺伝性不整脈学の第一人者であり、国内・国外多施設共同研究を牽引するとともに、QT延長症候群やブルガダ症候群の国際診断基準作成にも携わっている。研究業績も多数あり、IFは1200を超える。国立循環器病研究センター時代から後進の育成にも熱心で、教え子が全国各地で指導的立場として活躍している。

国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 客員部長 (2013年5月から) 滋賀医科大学 呼吸循環器内科 客員教授 (2013年7月から) 東京医科大学 内科学第2講座 客員教授 (2005年7月から) 埼玉医科大学 国際医療センター心臓内科 客員教授 (2007年4月から)を併任。

「心筋梗塞」についての相談が13件あります

関連記事