【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 4297664d 5e1a 4cbd 8da2 b4da25710c77
冠動脈バイパス手術とは 心筋梗塞・狭心症の手術
心臓の急所に起きた心筋梗塞や狭心症、心臓の血管のうち多数が狭窄(狭くなること)や閉塞している場合に必要となる冠動脈バイパス術。心臓病の専門病院・石川島記念病院の院長であり心臓病(虚血性心疾患)の...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

冠動脈バイパス手術とは 心筋梗塞・狭心症の手術

公開日 2015 年 09 月 04 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

冠動脈バイパス手術とは 心筋梗塞・狭心症の手術
南雲 正士 先生

医療法人社団健育会 石川島記念病院 院長

南雲 正士 先生

心臓の急所に起きた心筋梗塞狭心症、心臓の血管のうち多数が狭窄(狭くなること)や閉塞している場合に必要となる冠動脈バイパス術。心臓病の専門病院・石川島記念病院の院長であり心臓病(虚血性心疾患)の外科的治療のエキスパートである南雲正士先生に、その概要を伺いました。

バイパス手術(CABG)とは

心筋梗塞や狭心症に対するバイパス手術とは、CABG(Coronary=冠動脈、Arterial=動脈、Bypass Grafting=バイパス手術)とも呼ばれ、道路のバイパスと同様に流れを良くする目的で作ります。心臓に血液を供給するための冠動脈が狭くなっていたり閉塞している場合に、問題がある血管にグラフトと呼ばれる別の血管をつなげ、血液を迂回させてあげる手術です。

これによって、血流が悪くなっている血管により多くの血液が流れるようになります(下図)。

冠動脈バイパス手術

冠動脈バイパス手術

バイパス手術(CABG)の方法、オンとオフ

冠動脈のバイパス手術はおおまかに分けると2つの方法があります。心臓の代わりに人工心肺装置という機械によって、血液を体外で循環させて行う方法と、オフポンプ(off-pump CABG)という、人工心肺装置(ポンプ)を使わず(オフ)、心臓を動かしたまま行う方法です。

心臓バイパス手術の例

心臓バイパス手術の例

人工心肺

オフポンプよりも以前から確立されていた方法が、人工心肺装置を使って体外で血液を循環させ、その間に手術を行う方法です。人工心肺の使用中は、心停止にする場合としない場合がありますが、心停止にするのが主流です。
最近では、より身体への負担の少ないオフポンプが増えています。しかし、今でも人工心肺を使うバイパス手術が行うことはあり、主に以下のような場合に行います。

  • 手術時までにショックで血圧が維持できない場合や致命的な不整脈に対して、全身の循環を補助する目的で、すでに人工心肺を使っている場合
  • 心筋梗塞の他に虚血性の僧帽弁逆流、弁膜症、大動脈瘤などの疾患があり、バイパス手術に加えて人工心肺を使う手術を同時に行う場合

オフポンプ・バイパス手術とは

現在では、日本で行われるバイパス手術は約60%が人工心肺を使用しない、オフポンプでの手術になっています。また私自身はこの15年間近くオフポンプ手術を行ってきました。

前述のように今でも人工心肺を使用した手術が必要になる場合はあります。しかしオフポンプの方が心臓を動かしたまま、体外循環を使わないために、身体への負担が少なく、手術そのものも安全で、術後の経過も良いのです。また、血管の吻合(ふんごう;つなぐこと)やバイパスのクオリティについては、オフポンプと人工心肺の場合で特に違いはないと考えています。

記事1:冠動脈バイパス手術とは 心筋梗塞・狭心症の手術
記事2:冠動脈バイパス手術、オフポンプは人工心肺と比べると危険? 心臓の手術の気になる疑問
記事3:手術中に心臓を元気にする―オフポンプ・バイパス手術の基本的な考え方
記事4:ST上昇型心筋梗塞は時間との勝負。心筋梗塞の治療ガイドライン
記事5:心筋梗塞にはカテーテルかバイパス手術か 手術術式選択のガイドライン

独立行政法人国立病院機構東京医療センター手術診療部長・心臓血管外科医長を経て、2014年に心臓病センターを新設しリニューアルした石川島記念病院に、センター長として就任。現在、病院長。心臓血管外科の第一人者であり、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対するオフポンプ・バイパス手術の有用性がわかってからは、いち早くその手術方法を取り入れ、手技の確立と術式の標準化につとめてきた。

関連記事