疾患啓発(スポンサード)

心筋梗塞に前兆はあるのか?心筋梗塞の原因や症状について解説

心筋梗塞に前兆はあるのか?心筋梗塞の原因や症状について解説
藤田 勉 先生

医療法人 札幌ハートセンター 理事長 最高経営責任者(CEO)

藤田 勉 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

心筋梗塞とは、何らかの原因で冠動脈が塞がれてしまい、心筋が壊死を起こした状態です。心筋梗塞を発症する前には、胸痛や圧迫感、背中の痛み、歯の痛みなどの前兆がおこる場合があります。しかし全ての患者さんに前兆が生じるわけではなく、半数程度の方は前兆なしに突然心筋梗塞に至ると考えられています。突然の発作を防ぐためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。心筋梗塞のメカニズムと原因、症状について札幌心臓血管クリニック理事長の藤田勉先生にお話しいただきました。

心筋梗塞とは?心筋の一部が壊死した状態

人の心臓は冠動脈という太い血管によって酸素を供給されることで正常に動くことができます。

高血圧や脂質異常症などが原因で冠動脈に負担がかかった状態が続くと、冠動脈の内側に傷がつき、血液中のコレステロールやマクロファージが血管内膜に入り込みます。コレステロールは血管内に溜まり、内膜が厚みを増していきます。このようにしてできた血管のこぶをプラークと呼び、プラークが破れると血栓が生じます。血栓はプラークの裂け目に沿って形成され、血管を塞いでしまいます。血管が閉塞し心臓への血流が途絶えると、心筋梗塞を発症します。

心筋梗塞の原因は動脈硬化

心筋梗塞のほとんどは狭心症と同じく、動脈硬化(動脈の壁が硬くなり血液をうまく運べない状態)の進行によって生じます。動脈硬化は高血圧や糖尿病、脂質異常症、喫煙などに起因するもので、こうした生活習慣病が冠動脈を含め全身の血管に悪い影響をもたらしてしまいます。

また、一部の心筋梗塞は動脈炎(高安病や川崎病など)や外傷によって発症することが報告されています。

心筋梗塞の前兆は必ず起こるわけではない

心筋梗塞の前兆とされる特徴的な症状は、胸痛、胸部圧迫感、胸やけなどです。心筋梗塞で生じる胸の痛みは狭心症によるものよりも強く、冷や汗が出るほどで、「胸が締め付けられる」「胸が押しつぶされる」と表現されます。安静にしていても痛みが20分以上続く、または以前も同じような痛みが起こり頻度や程度が増加している場合は、発症のリスクが高い前兆とされています。ただし糖尿病神経障害などの病気をお持ちの方は、痛みをそれほど強く感じないことがあります。

また、心筋梗塞で生じる痛みは広範囲にわたるため、腕や肩、歯、あごが痛いと感じる方もおられます(関連痛)。この場合、心臓に異常が起こっていると気づきにくいため、注意が必要です。

しかし、上記のような心筋梗塞の前兆がみられる患者さんの割合は約5割に留まり、全ての方に前兆が起こるわけではありません。痛みの症状がないまま突然心筋梗塞を発症し、一刻を争う状態で病院に運ばれてくる方もおられます。

心筋梗塞を防ぐためには?

前項でご説明したような症状を感じた場合は、痛みが治まったからといって放置せず、直ちに医療機関を受診してください。

また、健康診査や人間ドックなどを受診してご自分の心臓の状態を調べておくことも、心筋梗塞発症の予防につながります。(詳細は記事7『心筋梗塞の予防には規則正しい生活と心臓の検診が大事』