新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック 循環器内科 末梢動脈疾患センター長

日本内科学会 認定内科医 日本循環器学会 循環器専門医 日本心血管インターベンション治療学会 CVIT専門医 日本フットケア・足病医学会 会員 日本心臓リハビリテーション学会 会員 浅大腿動脈ステントグラフト実施基準管理委員会 浅大腿動脈ステントグラフト実施医

原口 拓也 はらぐち たくや 先生

公開日
2020/07/30

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 原口先生の生活習慣病に関する得意な領域
    • 生活習慣指導
    • 薬物治療
  • 【疾患】末梢動脈疾患 【治療法】カテーテル治療
  • 【疾患】冠動脈疾患【治療法】カテーテル治療

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会 CVIT専門医
日本フットケア・足病医学会 会員
日本心臓リハビリテーション学会 会員
浅大腿動脈ステントグラフト実施基準管理委員会 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック 循環器内科 末梢動脈疾患センター長

所属病院

札幌心臓血管クリニック

  • 内科 心臓血管外科 麻酔科 循環器内科
  • 北海道札幌市東区北四十九条東16丁目8-1
  • 札幌市営地下鉄東豊線「栄町駅」 2番出口 バスの利用も可(中央バス 石狩庁舎行、または篠路小学校行 「北49条東15丁目」下車) 徒歩12分
  • 011-784-7847
札幌心臓血管クリニック

医療記事

来歴等

略歴

2008年 久留米大学医学部医学科 卒業
2008年 公益社団法人福岡医療団 千鳥橋病院
2009年 公益財団法人健和会 健和会大手町病院 救急・ICU
2010年 公益社団法人福岡医療団 千鳥橋病院 循環器内科
2014年 カレスサッポロ時計台記念病院 循環器内科
2018年 札幌心臓血管クリニック 循環器内科 末梢動脈疾患センター 内科部門長
2019年 札幌心臓血管クリニック 循環器内科 末梢動脈疾患センター長

論文

  • Incidence and clinical impact of stent fracture after everolimus-eluting stent implantation. (Circ Cardiovasc Interv. 2012 Oct;5(5):663-71)

    Kuramitsu S, Iwabuchi M, Haraguchi T, Domei T, Nagae A, Hyodo M, Yamaji K, Soga Y, Arita T, Shirai S, Kondo K, Ando K, Sakai K, Goya M, Takabatake Y, Sonoda S, Yokoi H, Toyota F, Nosaka H, Nobuyoshi M.

  • Sheath rendezvous method: a novel distal protection technique during endovascular treatment of subclavian artery occlusions (Cardiovasc Interv Ther. 2016 Oct;31(4):279-83)

    Haraguchi T, Urasawa K, Nakama T, Nakagawa Y, Tan M, Koshida R, Sato K.

  • Clinical outcomes of pedal artery angioplasty for patients with ischemic wounds: results from the multicenter RENDEZVOUS Registry. (JACC Cardiovasc Interv. 2017 Jan 9;10(1):79-90)

    Nakama T, Watanabe N, Haraguchi T, Sakamoto H, Kamoi D, Tsubakimoto Y, Ogata K, Satoh K, Urasawa K, Andoh H, Fujita H, Shibata Y

  • Anterolateral popliteal puncture technique: A novel retrograde approach for chronic femoropopliteal occlusions. (J Endovasc Ther. 2017 Aug;24(4):525-530)

    Tan M, Urasawa K, Koshida R, Haraguchi T, Kitani S, Igarashi Y, Sato K.

  • Evaluation for the efficacy and safety of the crosser catheter as a CTO crossing device and a flossing device. (Cardiovasc Interv Ther. 2018 Jan;33(1):77-83)

    Tan M, Urasawa K, Koshida R, Haraguchi T, Kitani S, Nakagawa Y, Igarashi Y, Sato K.

  • Comparison of angiographic dissection patterns caused by long vs short balloons during balloon angioplasty of chronic femoropopliteal occlusions. (J Endovasc Ther. 2018 Apr;25(2):192-200)

    Tan M, Urasawa K, Koshida R, Haraguchi T, Kitani S, Igarashi Y, Sato K.

  • Thrombectomy using myocardia biopsy forceps in acute limb ischemia patients. J Vasc. Interv Radiol. 2018 Aug;29(8):1174-1179)

    Shimada T, Urasawa K, Haraguchi T, Kitani S, Tan M, Koshida R, Igarashi Y, Sato K.

  • Treatment for in-stent restenosis requiring rotational atherectomy. J Interv Cardiol. 2018 Sep 2.)

    Hachinohe D, Kashima Y, Hirata K, Kanno D, Kobayashi K, Kaneko U, Sugie T, Tadano Y, Watanabe T, Shitan H, Haraguchi T, Enomoto M, Sato K, Fujita T.

  • Thrombectomy using myocardial biopsy forceps in acute limb ischemia patients. J Vasc Interv Radiol. 2018;29(8):1174-1179

    Shimada T, Urasawa K, Haraguchi T, Kitani S, Tan M, Koshida R, Igarashi Y, Sato K.

その他

  • 【受賞】Poster session, The 40th Annual Meeting of Japanese Society for Vascular Surgery, 2012

  • 【受賞】Poster session in peripheral Complex Cardiovascular Therapeutics 2013

  • 【受賞】Young Investigator Award at the 40th meeting of the Hokkaido regional chapter of Cardiovascular Intervention and Therapeutics, 2015

  • 【受賞】Young Investigator Award at the 43th meeting of the Hokkaido regional chapter of Cardiovascular Intervention and Therapeutics, 2016

  • 【受賞】Case competition, Tokyo Percutaneous Cardiovascular Intervention Conference 2017

  • 【受賞】Young Investigator Award at the 47th meeting of the Hokkaido regional chapter of Cardiovascular Intervention and Therapeutics 2018

  • 【受賞】Best presenter, Meet the experts, Complex Cardiovascular Therapeutics 2018

  • 学術発表・講演 合計150回以上

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。