新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック 心臓血管外科 低侵襲心臓手術センター長

日本外科学会 外科専門医 日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医 ロボット心臓手術関連学会協議会 認定術者

橋本 誠 はしもと まこと 先生

公開日
2020/06/11

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科
  • 橋本先生の狭心症に関する得意な領域
    • 心拍動下冠動脈バイパス術
    • 低侵襲心臓手術【ロボット手術(左胸小切開による冠動脈バイパス術)】
  • 橋本先生の心臓弁膜症に関する得意な領域
    • 低侵襲心臓手術(MICSまたは、ロボット手術)
  • 橋本先生の僧帽弁閉鎖不全症に関する得意な領域
    • 僧帽弁形成術
    • 低侵襲心臓手術(ロボット手術)
  • 橋本先生の大動脈弁狭窄症に関する得意な領域
    • 低侵襲心臓手術(MICS;右胸小切開による大動脈弁置換術)
  • 橋本先生の心房細動に関する得意な領域
    • 低侵襲心臓手術(MICS)によるMAZE手術
    • 左心耳閉鎖術

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医
日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医
ロボット心臓手術関連学会協議会 認定術者
  • 医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック 心臓血管外科 低侵襲心臓手術センター長

所属病院

札幌心臓血管クリニック

  • 内科 心臓血管外科 麻酔科 循環器内科
  • 北海道札幌市東区北四十九条東16丁目8-1
  • 札幌市営地下鉄東豊線「栄町駅」 2番出口 送迎車も運行あり 徒歩12分
  • 011-784-7847
札幌心臓血管クリニック

医療記事

来歴等

略歴

2007年 島根大学医学部医学科 卒業
2007年 札幌医科大学附属病院 研修センター
2009年 札幌医科大学附属病院 心臓血管外科
2010年 北海道立北見病院 心臓血管外科
2011年 豊見城中央病院 心臓血管外科
2013年 榊原記念病院 心臓血管外科
2014年 札幌心臓血管クリニック 心臓血管外科
2019年 University of Chicago, USA(日本胸部外科学会フェローシップ) 留学

論文

  • Staged surgical intervention to treat dysphagia caused by Kommerell's diverticulum. Eur J Cardiothorac Surg. 2020 Mar 1;57(3):601-603.

    Hashimoto M, Nishida H, Milner R, Ota T.

  • Robotic off-pump totally endoscopic hand-sewn coronary artery bypass using in-situ bilateral internal mammary artery. Multimed Man Cardiothorac Surg. 2020 Jan 2;2020.

    Hashimoto M, Ota T, Balkhy H.

  • Robotic endoscopic mitral valve repair with the endoballoon in a patient with right aortic arch. J Card Surg. 2019 Dec;34(12):1670-1672.

    Hashimoto M, Balkhy HH.

  • Robotic totally endoscopic coronary artery bypass: Tips and tricks for using an anastomotic device. J Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Sep 25:S0022-5223(19)31925-7.

    Hashimoto M, Wehman B, Balkhy HH.

  • Very Late Stent Migration Within a Giant Coronary Aneurysm in a Patient With Kawasaki Disease: Assessment With Multidetector Computed Tomography. JACC Cardiovasc Interv. 2017 Sep 11;10(17):1799-1800.

    Kaneko U, Kashima Y, Hashimoto M, Fujita T.

  • Partial root remodelling for treatment of a giant isolated right sinus of Valsalva aneurysm. Eur J Cardiothorac Surg. 2017;51(5):1012-1014.

    Hashimoto M, Doi H, Koshima R, Sumino S.

  • Infundibular pulmonary stenosis after radiotherapy for breast cancer. J Card Surg. 2017;32(3):196-198.

    Hashimoto M, Koshima R, Doi H, Mitsube K.

  • Bilateral Internal Thoracic Artery Grafting: Is It Reasonable in Octogenarians? Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2015;21(5):452-8.

    Hashimoto M, Fukui T, Takanashi S.

  • Surgical treatment for double-valve destruction after balloon aortic valvuloplasty in a patient with porcelain aorta. Eur J Cardiothorac Surg. 2015;48(2):329-31.

    Hashimoto M, Fukui T, Takanashi S.

  • Premature atrial contraction as a predictor of postoperative atrial fibrillation. Asian Cardiovasc Thorac Ann. 2015;23(2):153-6.

    Hashimoto M, Yamauchi A, Inoue S.

  • Herniation of transverse colon into mediastinum after pedicled omental grafting for mediastinitis: report of a case. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2015;63(11):620-2.

    Hashimoto M, Yamauchi A, Shimabuku M, Higami T.

  • Surgical treatment for chronic type B aortic dissection originating from a Kommerell diverticulum with right-sided aortic arch. Eur J Cardiothorac Surg. 2014;46(4):753.

    Hashimoto M, Fukui T, Takanashi S.

  • Preoperative arterial blood lactate levels as a predictor of hospital mortality in patients with a ruptured abdominal aortic aneurysm. Surg Today. 2013;43(2):136-40.

    Hashimoto M, Ito T, Kurimoto Y, Harada R, Kawaharada N, Higami T.

  • Evaluation of ITA Graft Function Using CT Angiography. Ann Vasc Dis. 2012;5(3):352-6.

    Hashimoto M, Yamauchi A, Naraoka S, Inoue S, Higami T.

  • Right hydrothorax found soon after introduction of continuous ambulatory peritoneal dialysis: thoracoscopic surgery for pleuroperitoneal communication. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2011 Jul;59(7):499-502.

    Hashimoto M, Watanabe A, Hashiguchi H, Nakashima S, Higami T.

その他

  • 【受賞】2018年 日本胸部外科学会JATS fellowship

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。