Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール
S414x232 a60c7164 d926 4892 83dd 867a96c51dc5

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 a60c7164 d926 4892 83dd 867a96c51dc5
狭心症の治療はどのように行われるのか
狭心症の治療法は大きく薬物療法、カテーテル治療、バイパス手術の3種類に分けられます。それぞれの治療法によって特徴が異なり、患者さんの容体に応じて治療法を決定します。また、血管の狭窄を治した後も治...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2019 年 02 月 04 日
更新日 : 2019 年 02 月 04 日

目次

狭心症の治療法は大きく薬物療法、カテーテル治療、バイパス手術の3種類に分けられます。それぞれの治療法によって特徴が異なり、患者さんの容体に応じて治療法を決定します。また、血管の狭窄を治した後も治療は続き、再発を防ぐために糖尿病や高血圧にならないよう体調管理に注意を払わなければなりません。狭心症の治療と治療後の注意点について、札幌心臓血管クリニック理事長の藤田勉先生にお話しいただきます。

狭心症の治療法―薬物療法、カテーテル治療、バイパス手術

薬物療法

薬物療法では抗血小板薬、硝酸薬、カルシウム拮抗薬、交感神経ベータ遮断薬などを用いて硬くなった血管の緊張を緩め、心臓の負担軽減と共に血液凝固を防ぎます。

薬物療法でも容体が改善しない不安定狭心症の場合は、直ちにカテーテル治療であるPCIまたは冠状動脈バイパス術の適応を検討します。

PCI(経皮的冠動脈形成術)

PCI(percutaneous coronary intervention:経皮的冠動脈形成術)とは、カテーテルを通して先端にバルーンを装着した針金を冠動脈狭窄部まで挿入し、バルーンを膨らませることで冠動脈を拡張させる心臓カテーテル治療です。(詳細は記事4『狭心症に対するカテーテル治療「PCI」とは』

冠状動脈バイパス術

冠状動脈バイパス術は、薬物療法では効果がみられず、なおかつPCIが困難な場合に適応される治療法です。冠状動脈バイパス術を行うかどうかは冠動脈の障害の程度と狭窄部によって判断されます。3つある冠動脈が全て狭窄・閉塞している場合や非保護左主管部病変の場合は原則的に冠状動脈バイパス手術が適応とされていますが、冠状動脈バイパス手術のリスクが高い場合やPCIが安全に行える状態と判断される場合はPCIを適応することもあります。

冠状動脈バイパス術では体のほかの部分から静脈または動脈を採取してきて、狭窄部分の前後をつなぐ形でバイパス(通路)を作成します。これにより、血液は狭窄した冠動脈を通過せず心筋に流れることができます。通常、冠状動脈バイパス術に用いる血管は左右内胸動脈、右胃大網動脈、下腹壁動脈、橈骨動脈などです。

狭心症の治療はどのように決定される?

札幌心臓血管クリニック藤田先生

私は、一人ひとりの患者さんの希望に応じた治療法を提案することが第一だと考えています。たとえば、血管狭窄が認められ、虚血を起こしている方は基本的にPCI(経皮的冠動脈形成術)の適応になります。しかしステントを留置するので、治療後に抗血小板薬を服用し続けなければなりません。これが患者さんにとって大きな負担となるのであれば、PCI以外の方法で治療できないか検討します。

患者さんの容体によっては当院側で治療法を決定する場合もありますが、それぞれの治療法のメリットとデメリットをご説明したうえで、患者さんの希望を優先して治療方針を定めています。

狭心症のページへ

旭川医科大学医学部を卒業後、国立循環器病センターや札幌東徳洲会病院で長年、冠動脈疾患におけるカテーテル治療に携わる。2008年に札幌心臓血管クリニックを開業し、「患者さんに負担をかけない、断らない医療」を掲げ、北海道全域から患者さんを受け入れている。若手医師の教育にも力を注いでおり、カテーテル技術・研究の両側面で独自の支援体制を強化し、後進を導く。

関連の医療相談が35件あります