Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

狭心症の治療には薬物治療、カテーテル治療、冠動脈バイパス術の3種類があります。近年ではカテーテル治療が著しく発展しており、カテーテル治療の中でも、ステントで血管を拡張するステント留置術が主流になっています。一方で、カテーテル治療にはステント留置をしない技法も存在します。医療法人 高岡みなみハートセンター みなみの杜病院では、ステント留置を行わず血管のプラークを直接削り取る「DCA(方向性冠動脈粥種切除術)」を積極的に行っています。DCAとはどのような治療法で、患者さんにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。引き続き、医療法人 高岡みなみハートセンター みなみの杜病院 理事長の平瀬裕章先生にお話しいただきました。

狭心症の治療法は3種類に分けられる

狭心症の治療法は、大きく下記の3種類に分類されます。

  • 薬物治療
  • カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術:PCI)
  • 冠動脈バイパス術

実際には、これらのいずれかを1つ選択するのではなく、生活習慣の改善と薬物治療をベースに行ったうえで、必要と判断される場合に血行再建術であるカテーテル治療または冠動脈バイパス術を実施します。

一般的に狭心症の治療では、次項でご紹介するPCI(経皮的冠動脈形成術)という術式が多くの施設で導入されています。

狭心症のカテーテル治療「PCI」とは

PCIは、血管の中にバルーン(風船)を入れて圧力をかけ、血管を内側から拡張させる治療法です。現在はバルーン拡張後に、ステントと呼ばれる筒状の金属を入れることが主流になっていますが、薬物溶出性バルーンの拡張のみで終了する場合や、後述するDCAで治療が完了する場合は、ステント留置をしないこともあります。