新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

狭心症の原因-加齢や不規則な生活習慣がリスクになる

狭心症の原因-加齢や不規則な生活習慣がリスクになる
山沖 和秀 先生

医療法人財団順和会 山王病院 副院長/ 国際医療福祉大学臨床医学センター 教授

山沖 和秀 先生

狭心症心筋梗塞などの心疾患は「突然起こる」というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。では、どのように狭心症は起こるのでしょうか。狭心症の原因と発症のメカニズムについて、山王病院 副院長 山沖和秀先生にお話しいただきました。

また血管が狭くなる(血管狭窄)原因は、糖尿病脂質異常症(高コレステロール血症)、高血圧などの疾患によって引き起こされる動脈硬化です。

また動脈硬化のリスクファクターは以下のとおりです。

脳梗塞・脳動脈瘤・閉塞性動脈硬化(手足の血管の動脈硬化により、手足への血流が滞りさまざまな症状があらわれる病気)などの既往歴がある方は、心筋梗塞や狭心症のリスクも高いといえます。心臓だけではなく、全身の血管の状態についても意識することが重要です。

血管の内膜の中にコレステロールなどの脂肪分が蓄積し、徐々に脂肪分が沈着(プラークとなる)して、血管が狭くなります。狭心症は、血管狭窄が進行して徐々につまるのではありません。運動などの何らかの影響でプラークが破綻して、そのプラークが破れた部分に血の塊(血栓)が生じ、血管が狭窄・閉塞します。たとえ血管の細さが50%程度しかなくても、症状はあらわれません。一方、血管がそれほど狭窄していなくても、プラークがなんらかの理由により破綻すれば、狭心症や心筋梗塞を起こしてしまうのです。つまり、「あるとき突然に起こる」のが狭心症や心筋梗塞です。

先に述べた安定狭心症は、血管の狭窄はありますが、プラークが破れていない状態といえます。ただし、血管が狭くなっているため、運動時などには症状がでる場合があります。

狭心症発症までのメカニズム

山王病院では内科の診療に
オンライン診療をご利用いただけます。

日本循環器学会 循環器専門医

山沖 和秀 先生

心臓・血圧等を中心に、内科全般にわたり患者様と詳細な問診を行う事で、全身全てに心を配って診療しております。

オンラインで医師に相談する

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が40件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「狭心症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください