【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 af147b74 8456 4198 9532 6ab220b68cf4
ST上昇型心筋梗塞は時間との勝負。心筋梗塞の治療ガイドライン
心臓の筋肉が死んでしまう心筋梗塞。その症状があらわれた時、治療は一刻を争います。どんな時にどんな治療が選択されるのか、心臓病の専門病院・石川島記念病院の院長の南雲正士先生にうかがいました。心筋梗...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

ST上昇型心筋梗塞は時間との勝負。心筋梗塞の治療ガイドライン

公開日 2015 年 09 月 07 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

ST上昇型心筋梗塞は時間との勝負。心筋梗塞の治療ガイドライン
南雲 正士 先生

医療法人社団健育会 石川島記念病院 院長

南雲 正士 先生

心臓の筋肉が死んでしまう心筋梗塞。その症状があらわれた時、治療は一刻を争います。どんな時にどんな治療が選択されるのか、心臓病の専門病院・石川島記念病院の院長の南雲正士先生にうかがいました。

心筋梗塞の治療方法はST上昇型と非ST上昇型で大きく分かれる

一般に「心筋梗塞」という病名はよく知られていますが、その治療方法はST上昇型と非ST上昇型(心電図波形のST部分が上昇しているかどうか)で大きく分かれます。

心筋梗塞よりもより広い概念として、急性冠症候群というものがあります。急性冠症候群は、心筋梗塞や狭心症など、心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈の血流障害によって、心臓に酸素が足りなくなって、傷んだり心筋細胞が壊死してしまう病気全体のことを指します。

急性冠症候群は貫璧性の、つまり心臓の筋肉の壁が内側から外側まで全て死んでしまっているST上昇型の急性心筋梗塞(狭義の、いわゆる心筋梗塞)と、壁の内側のみが死んでいる非ST上昇型の心筋梗塞(心内膜下心筋梗塞)、そして不安定狭心症に分かれます。ひとくちに心筋梗塞といっても「ST上昇型」かどうかで治療の戦略は異なるのです。

ST上昇型心筋梗塞は時間との勝負

心筋梗塞の治療には大きく分けて、薬物治療、カテーテル治療(PCI)、バイパス手術(CABG)があります。治療方法の選択については、日本のガイドラインに則って行うことが大原則となっています。

特に、心臓の内側から外側まで、心臓筋肉の壁が全層で死んでしまうST上昇型の(貫壁性の)心筋梗塞の場合は、「発症からの時間」によって治療方法のガイドラインが決まっています。ST上昇型の心筋梗塞は治療までの時間が命なので、心筋のダメージを小さくして、いかに早く冠血流を再開することができるかが、機能回復のために最も重要なのです。

心筋梗塞の治療ガイドライン

循環器病の診断と治療に関するガイドライン
循環器病の診断と治療に関するガイドライン

出典:ST上昇型急性心筋梗塞の診療に関するガイドライン(2013年改訂版) (pdf)p.26

このガイドラインが示していることは、狭義の心筋梗塞ST上昇型の心筋梗塞の場合、とにかく早く病院へ行って、発症から原則12時間以内(できれば3時間以内)、そして病院に到着してから1時間半以内に治療をすましてしまうのが一番よいということです。

ガイドライン上は、病院到着から90分以内に行えるのであればPCI(カテーテル治療)でもCABG(バイパス手術)でもどちらでもよいと記載されています。バイパス手術は、準備に時間がかかるため、90分以内に済ませるということは非常に難しいのが現状です。このため現実の医療現場では、ST上昇型の心筋梗塞の場合は、その原因となった病変に対して、すみやかにカテーテルの治療を行うというのが、現在のスタンダードになっています。

記事1:冠動脈バイパス手術とは 心筋梗塞・狭心症の手術
記事2:冠動脈バイパス手術、オフポンプは人工心肺と比べると危険? 心臓の手術の気になる疑問
記事3:手術中に心臓を元気にする―オフポンプ・バイパス手術の基本的な考え方
記事4:ST上昇型心筋梗塞は時間との勝負。心筋梗塞の治療ガイドライン
記事5:心筋梗塞にはカテーテルかバイパス手術か 手術術式選択のガイドライン

独立行政法人国立病院機構東京医療センター手術診療部長・心臓血管外科医長を経て、2014年に心臓病センターを新設しリニューアルした石川島記念病院に、センター長として就任。現在、病院長。心臓血管外科の第一人者であり、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対するオフポンプ・バイパス手術の有用性がわかってからは、いち早くその手術方法を取り入れ、手技の確立と術式の標準化につとめてきた。

関連記事