新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京都立多摩総合医療センター 心臓血管外科 部長

日本胸部外科学会 指導医

大塚 俊哉 おおつか としや 先生

日本の心臓血管外科のトップランナーのひとり。米国留学時に師事した心臓・胸部外科手術のパイオニアRandall K. Wolf医師の「ウルフ・ミニメイズ法」に独自の改良を加えた「WOLF-OHTSUKA法」が心房細動に対する低侵襲な最新外科治療として高く評価されている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科
  • 低侵襲心臓手術
  • 胸腔鏡下手術
  • 心臓血管外科全般

資格・学会・役職

日本胸部外科学会 指導医
  • 東京都立多摩総合医療センター 心臓血管外科 部長
  • 医学博士 取得
  • 日本心臓血管外科学会 指導医・専門医・評議員
  • 日本低侵襲心臓学会 世話人

所属病院

東京都立多摩総合医療センター

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 内視鏡内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 頭頸部外科 精神神経科 病理診断科
  • 東京都府中市武蔵台2丁目8-29
  • JR武蔵野線「西国分寺駅」 南口 JR中央線も乗り入れ  バスも利用可:総合医療センター(府中メディカルプラザ)行き、または西府駅行き(所要時間約5分) 総合医療センター(府中メディカルプラザ)下車 徒歩14分
  • 042-323-5111
東京都立多摩総合医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1986年 東北大学医学部卒業
1995年 東京大学医学部胸部外科 助手
1996年 米国オハイオ州クライスト病院 心臓・胸部外科臨床フェロー
1997年 東京大学医学部心臓外科 医局長、講師
2002年 東京都立府中病院(現 都立多摩総合医療センター)心臓血管外科 部長

論文

Ohtsuka T, Ninomiya M, Nonaka T, Hisagi M, Ota T, Mizutani T. Thoracoscopic Stand-Alone Left Atrial Appendectomy for Thromboembolism Prevention in Nonvalvular Atrial Fibrillation. J Am Coll Cardiol 2013; 62: 103-107.

Ohtsuka T, Ninomiya M, Maemura T. Sternum Lifting Technique for Thoracoscopic Internal Thoracic Artery Harvest. Eur J Cardiothorac Surg 2005;27:1119-21.

Ohtsuka T, Kubota H, Suematsu Y, Takamoto S. Video-Assisted Trans-Septal Cryoablation of Left Atrium in Non-Mitral Cases. J Thorac Cardiovasc Surg 2003;125:1537-8.

Ohtsuka T, Nakajima J, Kotsuka Y, Takamoto S. Hemodynamic responses to intra-pleural insufflation with hemipulmonary collapse. Surg Endosc 2001;15:1327-30.

Ohtsuka T, Wolf RK, Dunsker SB. Port-Access First Rib Resection. Surg Endosc 1999;13:940-2.

Ohtsuka T, Wolf RK, Hiratzka LF, Wurnig P, Flege JB: Thoracoscopic Internal Mammary Artery Harvest for MICABG Using the Harmonic Scalpel. Ann Thorac Surg 1997;63:S107-109.

Ohtsuka T, Furuse A, Kohno T, Nakajima J, Yagyu K, Omata S. Application of a New Tactile Sensor to Thoracoscopic Surgery: Experimental and Clinical Study. Ann Thorac Surg 1995;60:610-614.

大塚俊哉,Wolf RK, Crawford AH. 脊柱側わん症矯正術における胸腔鏡下前方解離術の経験.脊椎脊髄ジャーナル 2000;11:921-5.

著書

大塚俊哉. 「図説:低侵襲冠状動脈バイパス術」 東京,中外医学社, 1998.

大塚俊哉,河野 匡,中島 淳,鈴木知子,山田芳嗣.古瀬 彰 編 「胸腔鏡手術の基本手技」 東京,中外医学社,1997.

その他

  • 【受賞】東京大学医師会賞 平成8年4月23日 受賞

  • 【受賞】日経BP賞 医療部門 平成8年4月5日受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。