疾患啓発(スポンサード)

脳梗塞治療後のリハビリテーションと再発予防

脳梗塞治療後のリハビリテーションと再発予防
三宅 浩介 先生

城山病院 脳・脊髄・神経センター/脳神経内科 部長

三宅 浩介 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

脳梗塞(のうこうそく)は、治療が終わった後もリハビリテーションや再発予防に長く取り組む必要がある病気です。では、どのような目的でリハビリテーションを行うのでしょうか。再発を予防するためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。城山病院 脳・脊髄(せきずい)・神経センター/脳神経内科 部長 三宅 浩介(みやけ こうすけ)先生に、詳しいお話を伺いました。

“リハビリテーション”は病気やけがなどによって受けた障害に対して、日常生活が快適に送れるように、また社会復帰のために行う訓練のことをいいます。

私たちの体は動かさないでいる期間が続くと、関節が硬くなったり、筋力が衰えたりして、すぐに不具合が起こってしまいます。早期より適切なリハビリテーションを行うことで、再発の予防やリスク管理、障害の程度を最小限にとどめることができます。

障害を受けると、身体的にも精神的にもさまざまな影響を受けることになります。そのためリハビリテーションでは、精神面も含めたアプローチが必要となります。リハビリテーションには医師や看護師だけではなく理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療相談員、管理栄養士、臨床心理士など多くの職種が携わり、患者さん一人ひとりに合わせたプログラムに沿って、在宅・社会復帰に向けたサポートを行います。

特に急性期から生活期までの間を指す“回復期”での集中的なリハビリテーションが重要視されています。

急性期治療後、患者さんに残ることが多い後遺症は以下のとおりです。

  • 片方の手や足が麻痺して動かなくなる
  • 言葉が話しづらくなる
  • 食物がうまく飲み込めなくなる
  • 服を着るなどの今までできていた行為の手順が分からない
  • 同名半盲(両目ともに同じ側面の視野が欠ける)
  • 高次脳機能障害(空間認識などに障害が生じる)

具体的にどのようなリハビリテーションを行うのか

当院では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリテーションチームが、医師、看護師、管理栄養士、医療相談員と協力し、入院翌日から多職種でのリハビリテーションを提供しています。

べッド上における安静期間は、活動量の減少に伴う廃用症候群(はいようしょうこうぐん)*の予防が重要になります。これに対しては、早期より全身状態を管理したうえでの離床を進め、状態に応じて起立・歩行練習など重力に抗した状態でのリハビリテーションを中心に行います。このほか、日常生活面での動作確認や、発症初期より行う嚥下評価(えんげひょうか)に則ったより安全な栄養摂取方法の選択もしています。

後遺症の程度は軽症から重症までさまざまですが、早期からの適切かつ重点的なリハビリテーションを行うことで、上記のような症状が回復し、後遺症が軽くなる可能性もあります。また、当院では代償手段の提案や福祉用具の選定など、日常生活動作の獲得を目指したサポートも行います。 

*廃用症候群:活動低下によって全身のあらゆる機能が低下した状態。

平均実施期間は?

当院における急性期リハビリテーションの平均実施期間は2~3週間です。その後は、当院回復期リハビリ病棟への転棟や他院への転院、自宅復帰となります。また、退院後の継続したリハビリテーションが必要な患者さんに対しては、期間を設定したうえで週1~2回の外来リハビリテーションも実施しています。

回復期・維持期リハビリテーションへのスムーズな移行を目指した取り組み

当院は、急性期病院の中に回復期病棟を、同法人内に介護老人保健施設を有しており、カンファレンスを定期的に行い情報の共有を図るとともに、患者さんの状態に応じたリハビリテーションの方向性の選択を行っています。また、地域の医療機関への情報提供も積極的に行っており、患者さんやご家族の意向に沿って選択肢が提示できるように取り組んでいます。

脳梗塞は治療を行った後も再発しやすいといわれています。

2005年に発表された国内の大規模研究では、治療10年後の脳梗塞再発率は約47%~75%と高い数字が報告されました。

もともと脳梗塞は、心房細動不整脈高血圧糖尿病脂質異常症などの基礎疾患(もともと持っている病気)が原因となって起こる病気です。

そのため、治療によって脳梗塞そのものが治っても、基礎疾患がある限り再び脳梗塞になる可能性は続くと考えられます。

治療後も同様で、以下のような方は脳梗塞の再発の危険性が高いと考えられます。

  • 血圧が高い
  • 生活習慣病(糖尿病、脂質異常症)がある
  • 心房細動や不整脈がある
  • 日常的にたばこを吸う
  • 高齢である
  • 男性(女性のほうがリスクが高いタイプもあります)

年齢や性別など、中には治療のしようがないような再発の原因もあります。このことは常に頭にいれておくべきだと考えますし、だからこそ治療後も是正できるところについては再発予防を意識的に行う必要があるのです。

PIXTA
画像:PIXTA

しっかりと血圧を管理する

高血圧は再発リスクを高める要因になるため、普段から血圧が高くならないように気を付けて生活する必要があります。

血圧を上げないためには、食事の塩分制限と適度な運動が必須となります。

中には「塩分の量といわれてもピンと来ない」といった方もいらっしゃいますので、そのような方には「体重を今から〇kg減らしましょう」とお話ししています。体重を減らすためには食事管理と運動が必要になり、メタボリックシンドロームの解消は血圧を低下させます。

日常的に料理をしない方には、塩分の量よりも体重でご説明したほうが理解していただきやすい場合があるのです。

睡眠不足に注意する

睡眠不足も高血圧の原因となります。規則正しい生活を送るよう、心がけましょう。

飲酒はほどほどに

断酒する必要はありませんが、飲み過ぎには注意しましょう。

全てを我慢することよりも、適量で楽しみながら、再発予防と長く付き合うことが大切だと考えます。

基本的に服用する薬

抗血栓薬(血栓が再発しないようにする薬)、胃腸薬(消化管出血による貧血を防ぐ薬)は術後も内服を続けていただきます。また、血圧管理も並行して行います。

PIXTA
画像:PIXTA

患者さんの状態に応じて服用する薬

患者さんの持つ病気や体調によって、高血圧・糖尿病・脂質異常症に対する治療薬を投与します。

再発予防治療の期間について

ここまで述べてきたように、脳梗塞は、手術の後も長く付き合っていく必要がある病気です。

再発予防のための薬は将来的に減量することもありますが、リスクを考慮し、基本的には完全になくなることはありません。生涯にわたって薬物療法を行いながら、基礎疾患をきちんと管理していくことが必要です。「治療を続けることで病気とうまく付き合っていく」という考えを持ちましょう。

脳梗塞は予防することが大事です。原因となるような高血圧やほかの生活習慣病には、脳梗塞になる前から十分注意していただきたいと思います。

もし脳梗塞を発症した場合は、いかに早く治療を始められるかが大切になります。少しでも体がおかしいと感じたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

このほか、受診先でより適切な治療を行ってもらうことも非常に重要です。受診するときには、日本脳卒中学会が認定する一次脳卒中センター(PSC)のような、日常的に専門的な治療を行っている医療機関を選ぶことが望ましいと思います。

私自身、PSCに登録された医療機関である城山病院で、常に細心の注意を払いながら診療にあたっています。

当院の体制として、患者さんが普段通っているかかりつけ医の先生や、患者さんを搬送してくれる救急隊の方と、直接の連絡調整ができる仕組み(ホットライン)を整えており、より的確に診療を行うよう努めています。

今後も、地域における脳卒中治療の中心的役割を担う施設の1つとして、積極的に治療を行っていきたいと思います。

受診について相談する
  • 城山病院 脳・脊髄・神経センター/脳神経内科 部長

    三宅 浩介 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

「脳梗塞」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。