新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

手稲渓仁会病院 脳卒中センターセンター長/脳血管内科主任部長

日本神経学会 指導医・神経内科専門医 日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医・脳血管内治療指導医 日本内科学会 会員 日本脳神経外科学会 会員

髙田 達郎 たかだ たつろう 先生

1990年、北海道大学医学部神経内科に入局し、神経内科医としてキャリアをスタート。1994年より国立循環器病センター(現国立循環器病研究センター)脳血管内科で3年間の研修を行い、脳卒中医の道を歩み始める。特に急性期脳卒中の治療を専門とし、国立循環器病センタ一時代にカテーテルによる選択的血栓溶解療法の研究 (MELT japan)やt-PA静注療法の国内治験 (J-ACT) に参加。t-PA静注療法のガイドライン作成メンバーの一人となった。2008年より、璧マリアンナ医科大学東横病院脳卒中センターで主に脳血管内治療を主体とした急性期脳卒中診療を担ってきた。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 脳血管内治療

資格・学会・役職

日本神経学会 指導医・神経内科専門医
日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医・脳血管内治療指導医
日本内科学会 会員
日本脳神経外科学会 会員
  • 日本脳卒中学会 認定脳卒中専門医
  • 日本神経超音波学会 会員
  • 日本心血管脳卒中学会 会員
  • 手稲渓仁会病院 脳卒中センターセンター長/脳血管内科主任部長

所属病院

手稲渓仁会病院

  • 内科 血液内科 リウマチ膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 北海道札幌市手稲区前田一条12丁目1-40
  • JR函館本線(小樽〜旭川)「手稲駅」 北口1出口 徒歩3分
  • 011-681-8111
手稲渓仁会病院

医療記事

来歴等

略歴

1990年 旭川医科大学 医学部 卒業
1990年 北海道大学 医学部神経内科に入局
1994年 国立循環器病センター 脳血管内科 レジデント
1997年 中村記念病院 脳神経外科
2000年 国立循環器病研究センター 脳血管内科
2006年 聖マリアンナ医科大学 脳神経内科 助教
2008年 聖マリアンナ医科大学東横病院 脳卒中センター 医長
2009年 聖マリアンナ医科大学東横病院 脳卒中センター 講師
2019年 医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 脳卒中センター センター長就任

著書

  • 高田達郎,中川原談二,瓢子敏夫,片岡丈人, 武田利兵衛,中村博彦,局所血栓溶解療法における133Xe- SPECT を用いた脳血流砿と脳梗塞出現の有無との関係. 脳卒中,1998; 20: 573- 576.

  • Takada T, Yasaka M, Nagatsuka K, Minematsu K, Yamaguchi T,Blood Flow in the Left Atrial Appendage and Embolic Stroke in Nonvalvular Atria l Fi brillat ion. Eur Neurol, 2001; 46: 148-152.

  • Takada T, Yasaka M, Minematsu K, Naritomi 1-1, Yamaguchi T, Predictor s of clinical outcome in patients receiving local intra - arter ia l thrombolysis without subsequent symptomatic intaracranial hemorrhage against acute middle cerebra l artery occlusion . AJNR Am J Neuroradiol, 2004; 25: 1796-1801.

  • Nakajima M, Kimura K, Ogata T, Takada T, Uchino M, Minematsu K, Relationships between angiographic findings and National Institutes of Health stroke scale (NIHSS) score in cases of hyperacute carotid ischemic st roke. AJNR Am J Neuroradiol, 2004; 25: 238-241.

  • 高田達郎,永野恵子,成冨博章,峰松一夫,中大脳動脈塞栓症に対する局所血栓溶解療法における経時的NIHSSおよびJSS評価の意義.脳卒中,2006; 28: 367-372.

  • 高田達郎,脳梗塞rt-PA (アルテプラーゼ)静注療法実践ガイド. 適正治療指針と適正使用講習会.山口武典(監修).峰松一夫,豊田 一則(編).診断と治療社.東京. 2007: 22- 33.

  • 高田達郎, rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法の適応患者をどのように選べばよいでしょうか? 脳卒中診療-こんな時どうするQ&A 第2版 中外医学社.東京. 2012;56-62

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。