新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
がんていけんさ

眼底検査

画像検査
X線などを用いて、外からは見えない臓器や骨・筋肉などの様子を調べる検査です。
鑑別診断
この検査だけで病名を確定することはできませんが、異常の有無やどのような病気が考えられるかなどを知ることができるものです。検査結果に応じて、さらに検査が追加される場合があります。
スクリーニング
ある特定の病気について、その可能性があるかどうかを広く知るために行われる検査です。具体的な診断をするためにはさらなる検査を必要とします。また、健康診断などで用いられることもあります。
Icon close

眼底検査とは、眼球の奥にある眼底の状態を観察する検査のことです。眼底には網膜(もうまく)や視神経、毛細血管などが存在しており、これらの組織はさまざまな病気の影響を受けて変化が現れます。眼底に変化を起こす病気として、目の病気では網膜剥離(はくり)緑内障(りょくないしょう)加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)など、全身の病気では眼底動脈の変性を引き起こす糖尿病や高血圧、動脈硬化症など、そのほか眼底に出血が生じやすくなる血液の病気などが挙げられます

眼底検査は、眼底鏡や眼底カメラなどの特殊な検査器具を用いて眼底を観察・写真を撮影し、変化の有無やどのような変化が起こっているかを調べます。

眼底検査は一般的には視力の低下や視野の狭窄(きょうさく)・ゆがみ、視覚の異常などの自覚症状がある場合に医師のすすめによって行われます。

しかし、糖尿病や高血圧のある人は目の症状がない場合でも、定期的に眼底検査を受けることが推奨されています。また、近年では人間ドックなどで広く行う医療機関も多くなっています。

眼底検査には事前に点眼薬を用いて散瞳(さんどう)(瞳孔(どうこう)を開かせる)させて行う場合と、散瞳なしで行う場合があります。この2つの方法の違いは、観察できる眼底の範囲です。

  • 散瞳なしの場合

観察できる範囲が限られる一方で手軽に行えるため、健診や人間ドックで用いられることが多い方法です。

  • 散瞳ありの場合

眼底を広範囲に観察することが可能です。このため、考えられる病気を幅広く調べたい場合や、糖尿病や高血圧など眼底に変化を生じやすい病気の人が定期的にチェックを受ける場合において行われます。

眼底検査において、事前の特別な準備は必要ありません。散瞳して行うのか、散瞳せずに行うのかは前もって確認しておくようにしましょう。

また、一部の緑内障の患者さんは散瞳薬を使うことができない場合があります。

検査前に心がけるとよいこと

検査時コンタクトレンズなどは外すよう指示がある場合がありますので、念のためコンタクトの保存容器を持参したり、あらかじめ眼鏡を装用したりしておくと安心です。

また、散瞳して検査を受ける場合、検査後4~5時間は散瞳した状態が続きます。光を異常にまぶしく感じたり、遠近感が取りづらくなったりすることが考えられますので、あらかじめ帰宅手段を確保しておきましょう。自身で車や自転車を運転することは危険ですので避け、公共交通機関やタクシーを使用したり、家族に送迎を頼んだりするようにしましょう。

検査自体は数分〜5分程度とごく短時間で終了します。散瞳をする場合には、散瞳薬を点眼し十分な効果が得られてから、眼底を隅々まで観察するため30分以上かかることもあります。

いずれの場合にも、一般的に痛みはない検査です。

眼底検査で撮影された写真は、眼科の医師や熟練した検査技師でないと異常の有無がわからないことも多くあります。検査結果については眼底写真を直接見るというよりも、異常所見があったか・なかったか、あったとすればどのようなものだったかのみを医師から聞く、もしくは結果として受け取ることが多いでしょう。

また人間ドックなどでは、高血圧による眼底の異常を示したScheie分類やKeith-Wagner分類が用いられることがあります。いずれも眼底の変化を4段階に分類したもので、数字が大きくなるほど異常の程度も大きくなります。

Scheie分類は網膜(もうまく)血管の高血圧による変化と動脈硬化による変化を合わせて評価し、Keith-Wagner分類は眼底の変化と全身の症状を合わせて評価するものです。

眼底検査で異常が見られた場合、精密検査を行うことが多いと考えられますが、どのような精密検査を行うかはどのような異常があったかによって異なります。一般的には視野検査や蛍光眼底造影検査などが行われることが多いとされています。

視野検査は緑内障(りょくないしょう)網膜(もうまく)変性症などが疑われる場合や、またそれらの病気の重症度を評価するのに有用な検査です。また、蛍光眼底造影検査は蛍光色素を血液中に投与し、眼底血管に行きわたらせることによって網膜の血管の状態を詳しく調べることができるようにする検査です。主に血管に病変を生じる、糖尿病網膜症などの診断に有用とされています。

また近年では、近赤外線を用いて網膜の断層像を立体的に描き出す、光干渉断層法(OCT)も盛んに行われています。OCTでは、網膜の細かな病変を検出することが可能で、自覚症状が現れる前に病変の有無を識別することも可能といわれています。

その他考えられる原因によっては、CTやMRIを行ったり、血液検査で糖尿病や生活習慣病の可能性が調べられたりすることも少なくありません。

眼底検査で異常が見つかった場合には、必ず医師の指示に従って精密検査や治療を受けましょう。視力は日常生活を送る上で大変重要な感覚です。

医師の判断によって精密検査や治療の必要はなく「経過観察」でよいと判断された場合であっても、必ず医師の指示通りに定期検査を受けましょう。また、経過観察中に目の異常が現れた場合には、速やかに受診を検討することが大切です。

糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病のある人では、大元の病気の治療にもしっかりと取り組むことが大切です。

本記事で採用している検査名称はより一般的な表現を採用しておりますが、医療機関や検査機関によって異なる場合があります。また名称が異なる場合、検査内容も一部異なっている場合があります。