Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

スマートフォンやパソコンの普及に伴い、現代人の多くは日常的に目を酷使しています。視覚情報に頼ることの多い生活の中、目の健康を保つ取り組みを進めている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。目の病気の一部は、自覚症状が出ないまま進行します。そのため目の健康を保つためには、検診を活用して目を定期的に確認することが大事です。近年では、眼底を立体的に撮影するOCT検査がさまざまな施設で導入されてきており、緑内障の早期発見に役立っているといいます。

本記事では、埼玉医科大学病院 健康管理センターセンター長の足立雅樹先生、同センター臨床検査技師の有田信和さん、健康管理センター非常勤の関口浩子先生のお三方を交え、目の健康について実際の眼科検診の流れを踏まえてお話しいただきました。

目の健康はなぜ大切なのか?

足立先生

目の健康は全身の健康に関係する

目の健康についてお話しするためには、まず、「健康」とはどのような状態かを先にお知りいただく必要があります。

「健康」とは、心身ともに全身状態が良好なことです。どこか1か所だけが健康でも、ほかの部分が健康ではない場合、「健康である」ということはできません。たとえば目が健康であっても、指が1本でも動かなかったり、足の指が麻痺していたりすれば「健康」とは言えません。つまり、目の健康も、あくまで全身の健康をみるひとつの要素という前提があります。

ただし、目の健康は、全身の健康を維持するための重要な尺度とも考えられています。

全身の健康を保つために目の健康が重要な理由

人の体は20代から30代、30代から40代へと、加齢に伴い少しずつ変化していきます。加齢変化の代表的徴候として注意しておきたいのは動脈硬化などの循環器系の変化です。この動脈硬化の徴候をいち早く発見する手段として、心電図やCT、心臓カテーテル検査はもちろん、後述する眼底検査でも動脈硬化の兆候を発見できるとされています。

眼底検査で動脈硬化がみつかるのはなぜ?

目の構造
目の構造

眼底とは、目の中の奥側に位置する網膜・脈絡膜・視神経乳頭・中心窩などの総称です。眼底には、直径がミリ単位以下と極めて細い末梢血管が張り巡らされています。眼底検査では目の奥の微細な血管を直接観察できるため、エコー検査などではみつけられない微細な血管の狭窄動脈硬化を発見できます。

知らない間に進行する、見逃されやすい目の病気とは

関口先生

目の病気には、自覚症状が出にくいものと出やすいものがあり、それらを区別する場合、それぞれの代表的な目の病気は下記の通りです。

自覚症状が出やすい目の病気

自覚症状が出にくい目の病気

  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈分枝閉塞症(部分的閉塞のため網膜中心静脈閉塞症に比べて自覚症状が出にくい)