新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都大学医学部附属病院 前院長、京都大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・栄養内科 教授

稲垣 暢也 いながき のぶや 先生

1984年に京都大学医学部を卒業後、京都大学医学部附属病院内科、田附興風会北野病院にて研修を行い、1986年から田附興風会北野病院にて医員を務める。1987年に京都大学大学院医学研究科へ入学。修了後に千葉大学にて助手、講師、助教授、1997年からは秋田大学医学部にて教授を務めた。2005年より現職。地域の高度急性期医療を支える中核病院の長として、患者さんの目線に立った医療の構築、新たな医療開発を積極的に行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 糖尿病内科
  • 稲垣先生の1型糖尿病に関する得意な領域
    • 食事療法
    • 薬物療法(経口薬、インスリン)
    • 膵島移植療法
  • 稲垣先生の2型糖尿病に関する得意な領域
    • 食事療法
    • 薬物療法(経口薬、インスリン)
    • 膵島移植療法
  • 内科学
  • 糖尿病・内分泌・代謝学
  • 病態栄養学

資格・学会・役職

  • 京都大学医学部附属病院 前院長
  • 京都大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・栄養内科 教授
  • 日本糖尿病学会 常務理事
  • 日本病態栄養学会 理事
  • 日本内分泌学会 理事
  • 日本糖尿病肥満動物学会 常務理事
  • 日本糖尿病合併症学会 理事
  • 日本糖尿病協会 理事
  • 日本医学会連合 理事
  • 全国医学部長病院長会議 相談役
  • 日本内科学会 評議員
  • 日本生理学会 評議員
  • 日本生化学会 評議員

所属病院

京都大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫・膠原病内科
  • 京都府京都市左京区聖護院川原町54
  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」 5番出口 徒歩7分 琵琶湖線「京都駅」 八条口 京都駅直通バスhoop 京大病院前・京都大学前行 バス
  • 075-751-3111
京都大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 京都大学医学部卒業
1984年 京都大学医学部附属病院内科研修
1985年 田附興風会北野病院にて研修
1986年 田附興風会北野病院にて医員
1987年 京都大学大学院医学研究科入学
1992年 京都大学大学院医学研究科修了
1992年 千葉大学助手
1995年 千葉大学講師
1996年 千葉大学助教授
1997年 秋田大学医学部教授
2005年 京都大学医学部附属病院 糖尿病・栄養内科教授
2013年 京都大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・栄養内科教授

論文

1. Inagaki, N., Seino, Y., Takeda, J., Yano, H., Yamada, Y., Bell, G. I., Eddy, R. L., Fukushima, Y., Byers, M. G., Shows, T. B. and Imura, H. Gastric inhibitory polypeptide: structure and chromosomal localization of the human gene. Mol. Endocrinol. 3: 1014-1021, 1989.
2. Inagaki, N., Maekawa, T., Sudo, T., Ishii, S., Seino, Y. and Imura, H. c-Jun represses the human insulin promoter activity that depends on multiple cAMP response elements. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 89: 1045-1049, 1992.
3. Inagaki, N., Yoshida, H., Mizuta, M., Mizuno, N., Fujii, Y., Gonoi, T., Miyazaki, J. and Seino, S. Cloning and functional characterization of a third pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide receptor subtype expressed in insulin-secreting cells.  Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 91: 2679-2683, 1994.
4. Inagaki, N., Tsuura, Y., Namba, N., Masuda, K., Gonoi, T., Horie, M., Seino, Y., Mizuta, M., and Seino, S. Cloning and functional characterization of a novel ATP-sensitive potassium channel ubiquitously expressed in rat tissues, including pancreatic islets, pituitary, skeletal muscle, and heart. J. Biol. Chem. 270, 5691-5694, 1995.
5. Inagaki, N., Kuromi, H., Gonoi, T., Okamoto, Y., Ishida, H., Seino, Y., Kaneko, T., Iwanaga, T. and Seino, S. Expression and role of ionotropic glutamate receptors in pancreatic islet cells. FASEB J. 9: 686-691, 1995.
6. Inagaki, N., Gonoi, T., Clement IV, J. P., Namba, N., Inazawa, J., Gonzalez, G., Aguilar-Bryan, L., Seino, S., and Bryan, J. Reconstitution of IKATP: an inward rectifier subunit plus the sulfonylurea receptor. Science 270: 1166-1170, 1995.
7. Inagaki, N., Gonoi, T., Clement IV, J. P., Wang, C.-Z., Aguilar-Bryan, L., Bryan, J., and Seino, S. A family of sulfonylurea receptors determines the pharmacological properties of ATP-sensitive K+ channels. Neuron 16: 1011-1017, 1996.
8. Inagaki, N., Gonoi, T., and Seino, S. Subunit stoichiometry of the pancreatic β-cell ATP-sensitive K+ channel. FEBS Lett. 409: 232-236, 1997.
9. Ueda, K., Inagaki, N., and Seino, S. MgADP antagonism to Mg-independent ATP binding of the sulfonylurea receptor SUR1. J. Biol. Chem. 272: 22983-22986, 1997.
10. Yamada, K., Nakata, M., Horimoto, N., Saito, M., Matsuoka, H., and Inagaki, N. Measurement of glucose uptake and intracellular calcium concentration in single, living pancreatic -cells. J. Biol. Chem. 275: 22278-22283, 2000.
11. Yamada, K., Ji, J.-J., Yuan, H., Miki, T., Sato, S., Horimoto, N., Shimizu, T., Seino, S., and Inagaki, N. Protective role of ATP-sensitive potassium channels in hypoxia-induced generalized seizure. Science 292: 1543-1546, 2001.
12. Yamada, K., Saito, M., Matsuoka, H., and Inagaki, N. Real-time imaging of glucose uptake in single, living mammalian cells. Nat. Protoc. 2: 753-762, 2007.
13. Yoshihara, E., Fujimoto, S., Inagaki, N., Okawa, K., Masaki, S., Yodoi, J., and Masutani, H. Disruption of TBP-2/Txnip ameliorates insulin sensitivity and secretion without affecting obesity. Nat. Commun. Nov. 23; 1: 127, 2010 (doi: 10.1038/ncomms1127).
14. Mukai, E., Fujimoto, S., Sato, H., Oneyama, C., Kominato, R., Sato, Y., Sasaki, M., Nishi, Y., Okada, M., and Inagaki, N. Exendin-4 suppresses Src activation and reactive oxygen species production in diabetic GK rat islets in an Epac-dependent manner. Diabetes 60:218-226, 2011.
15. Suzuki, K., Harada, N., Yamane, S., Nakamura, Y., Nasteska, D., Sasaki, K., Joo, E., Shibue, K., Harada, T., Hamasaki, A., Toyoda, K., Nagashima, K., and Inagaki, N. Transcriptional regulatory factor X 6 (Rfx6) increases gastric inhibitory polypeptide (GIP) expression in enteroendocrine K-cells and is involved in GIP hypersecretion in high-fat diet-induced obesity. J. Biol. Chem. 288: 1929-1938, 2013.
16. Sasaki, M., Fujimoto, S., Sato, Y., Nishi, Y., Mukai, E., Yamano, G., Sato, H., Tahara, Y., Ogura, K., Nagashima, K., and Inagaki, N. Reduction of reactive oxygen species ameliorates metabolism-secretion coupling in islets of diabetic GK rats by suppressing lactate overproduction. Diabetes 62: 1996-2003, 2013.
17. Abudukadier, A., Fujita, Y., Obara, A., Ohashi, A., Fukushima, T., Sato, Y., Ogura, M., Nakamura, Y., Fujimoto, S., Hosokawa, M., Hasegawa, H., and Inagaki, N. Tetrahydrobiopterin lowers fasting blood glucose levels by suppressing hepatic gluconeogenesis in an endothelial nitric oxide synthase-dependent manner in diabetic mice. Diabetes 62: 3033-3043, 2013.
18. Nasteska, D., Harada, N., Suzuki, K., Yamane, S., Hamasaki, A., Joo, E., Mori, K., Shibue, K., Harada, T., and Inagaki, N. Chronic reduction of GIP secretion alleviates obesity and insulin resistance under high fat diet condition. Diabetes 63: 2332-2343, 2014.
19. Gheni, G.*, Ogura, M.*, Iwasaki, M.*, Yokoi, N., Minami, K., Nakayama, Y., Harada, K., Hastoy, B., Wu, X., Takahashi, H., Kimura, K., Matsubara, T., Hoshikawa, R., Hatano, N., Sugawara, K., Shibasaki, T., Inagaki, N., Bamba, T., Mizoguchi, A., Fukusaki, E., Rorsman, P., and Seino, S. Glutamate acts as a key signal linking glucose metabolism to incretin/cAMP action to amplify insulin secretion. Cell Rep. 23: 661-673, 2014. (*,equal contribution)
20. Iwasaki, K., Harada, N., Sasaki, K., Yamane, S., Iida, K., Suzuki, K., Hamasaki, A., Nasteska, D., Shibue, K., Joo, E., Harada, T., Hashimoto, T., Asakawa, Y., Hirasawa, A., and Inagaki, N. Free fatty acid receptor GPR120 is highly expressed in enteroendocrine K cells of the upper small intestine and has a critical role in GIP secretion after fat ingestion. Endocrinology 156: 837-846, 2015.
21. Asahara, S. I., Etoh, H., Inoue, H., Teruyama, K., Shibutani, Y., Ihara, Y., Kawada, Y., Bartolome, A., Hashimoto, N., Matsuda, T., Koyanagi-Kimura, M., Kanno, A., Hirota, Y., Hosooka, T., Nagashima, K., Nishimura, W., Inoue, H., Matsumoto, M., Higgins, M. J., Yasuda, K., Inagaki, N., Seino, S., Kasuga, M., and Kido, Y. Paternal allelic mutation at the Kcnq1 locus reduces pancreatic β-cell mass by epigenetic modification of Cdkn1c. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 112: 8332-8337, 2015.
22. Joo, E., Harada, N., Yamane, S., Fukushima, T., Taura, D., Iwasaki, K., Sankoda, A., Shibue, K., Suzuki, K., Hamasaki, A., and Inagaki, N. Inhibition of gastric inhibitory polypeptide receptor signaling in adipose tissue reduces insulin resistance and hepatic steatosis in high fat diet-fed mice. Diabetes 66: 868-879, 2017.
23. Oguri, Y., Fujita, Y., Abudukadier, A., Ohashi, A., Goto, T., Furuya, F., Obara, A., Fukushima, T., Matsuo, N., Minji, K., Hosokawa, M., Kawada, T., Hasegawa, H., and Inagaki, N. Tetrahydrobiopterin activates brown adipose tissue and regulates systemic energy metabolism. JCI Insight 2(9), pii: 91981, May 4, 2017. (doi: 10.1172/jci.insight.91981)
24. Sankoda, A., Harada, N., Iwasaki, K., Yamane, S., Murata, Y., Shibue, K., Thewjitcharoen, Y., Suzuki, K., Harada, T., Kanemaru, Y., Shimazu-Kuwahara, S., Hirasawa, A., and Inagaki, N. Long chain free fatty acid receptor GPR120 mediates oil-induced GIP secretion through CCK in mice. Endocrinology 58: 397-410, 2017.
25. Kondo, Y., Toyoda, T., Funato, M., Hosokawa, Y., Matsui, S., Sudo, T., Nakamura, M., Okada, C., Zhuang, X., Watanabe, A., Ohta, A., Inagaki, N., and Osafune, K. Identification of a small molecule that facilitates the differentiation of human iPSCs/ESCs into pancreatic endocrine cells. Diabetologia 60: 1454-1466, 2017.
26. Patel, K. A., Kettunen, J., Laakso, M., Stančáková, A., Laver, T. W., Colclough, K., Johnson, M. B., Abramowicz, M., Groop, L., Miettinen, P. J., Shepherd, M. H., Flanagan, S. E., Ellard, S., Inagaki, N., Hattersley, A. T., Tuomi, T., Cnop, M., and Weedon, M. N. Heterozygous RFX6 protein truncating variants are associated with MODY with reduced penetrance. Nat Commun. 8(1): 888, Oct 12, 2017. (doi: 10.1038/s41467-017-00895-9)
27. Liu, Y., Harashima, S.-I., Wang, Y., Suzuki, K., Tokumoto, S., Usui, R., Tatsuoka, H., Tanaka, D., Yabe, D., Harada, N., Hayashi, Y., and Inagaki, N. Sphingosine kinase 1-interacting protein is a dual regulator of insulin and incretin secretion. FASEB J., 33: 6239-6253, 2019.
28. Murata, Y., Harada, N., Yamane, S., Iwasaki, K., Ikeguchi, E., Kanemaru, Y., Harada, T., Sankoda, A., Shimazu-Kuwahara, S., Joo, E., Poudyal, H., and Inagaki, N. Medium-chain triglyceride diet stimulates less GIP secretion and suppresses body weight and fat mass gain compared with long-chain triglyceride diet. Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab. 317: E53-E64, 2019.
29. Fujita, N., Fujimoto, H., Hamamatsu, K., Murakami, T., Kimura, H., Toyoda, K., Saji, H., and Inagaki, N. Noninvasive longitudinal quantification of β-cell mass with [111In]-labeled exendin-4. FASEB J. 33: 11836-11844, 2019.
30. Murakami, T., Fujimoto, H., Fujita, N., Hamamatsu, K., Matsumoto, K., and Inagaki, N. Non-invasive evaluation of GPR119 agonist effects on β-cell mass in diabetic male mice using 111In-labeled exendin-4 SPECT/CT. Endocrinology 160: 2959-2963, 2019.

著書

単行本

1. 稲垣暢也. 京大病院が教える 血糖値を上げない正しい習慣. 2018年7月10日発行、西東社、東京、2018.

共同執筆

1. 稲垣暢也、清野 裕、井村裕夫. 消化管ホルモンの前駆体およびその遺伝子. 消化器病セミナー37、編集 井上一知、戸部隆吉、へるす出版、東京、p.17-28, 1989.
2. 稲垣暢也、清野 進. インスリン非依存性糖尿病. 糖尿病の分子医学、編集 門脇 孝、羊土社、東京、p.82-93, 1992.
3. 稲垣暢也、藤井康和、井原 裕、五ノ井 透、清野 進. 膵β細胞のion channelの分子生物学. 糖尿病学1994、編集 小坂樹徳、菊地方利、診断と治療社、東京、p.99-114, 1994.
4. 稲垣暢也. CFTRと嚢胞性線維症. ABCタンパク質—生体防御のABC—遺伝子から疾患まで. 監修 清野 進、編集 稲垣暢也、植田和光、鈴木洋史、診断と治療社、東京、p24-31, 2002.
5. 稲垣暢也. SURと血糖調節. ABCタンパク質—生体防御のABC—遺伝子から疾患まで. 監修 清野 進、編集 稲垣暢也、植田和光、鈴木洋史、診断と治療社、東京、p32-45, 2002.
6. 稲垣暢也. その他のABCタンパク質と疾病. ABCタンパク質—生体防御のABC—遺伝子から疾患まで. 監修 清野 進、編集 稲垣暢也、植田和光、鈴木洋史、診断と治療社、東京、p60-67, 2002.
7. 植田和光、稲垣暢也. ABCタンパク質異常と治療. ABCタンパク質—生体防御のABC—遺伝子から疾患まで. 監修 清野 進、編集 稲垣暢也、植田和光、鈴木洋史、診断と治療社、東京、p75-80, 2002.
8. 稲垣暢也.  インスリン分泌におけるKATPチャネルの役割. 糖尿病ナビゲーター、編集 門脇 孝、メディカルレビュー社、東京、p34-35, 2002.
9. 稲垣暢也. インスリン分泌におけるKATPチャネルの役割. 別冊・医学のあゆみ 糖尿病・代謝症候群-state of arts-、編集 門脇 孝、小川佳宏、下村伊一郎 編、医歯薬出版、東京、p95-97, 2004.
10. 長嶋一昭、稲垣暢也. Kir6.2. 糖尿病カレントライブラリー4 糖尿病と遺伝子、編集 堀川幸男、安田和基、分光堂、東京、p57-60, 2005.
11. 長嶋一昭、稲垣暢也. KATPチャネルによるインスリン分泌と糖尿病. イオンチャネル最前線update 別冊・医学のあゆみ 編集 倉智嘉久、医歯薬出版、東京、p302-307, 2005
12. 稲垣暢也. 代謝調節に関わるABC蛋白質. ABC蛋白質、編集 植田和光、学会出版センター、東京、p189-217, 2005.
13. 稲垣暢也、長嶋一昭、藤本新平. 膵β細胞障害の分子機構. 日本糖尿病学会編:糖尿病学の進歩 第41集、診断と治療社, P1-6, 2007.
14. 稲垣暢也. 代謝・栄養疾患. わかりやすい内科学 第3版、編集 井村裕夫、文光堂、東京、p943-949, 2008.
15. 稲垣暢也. インスリノーマ、消化管ホルモン産生腫瘍. 今日の治療指針2008年版、総編集 山口 徹、北原光夫、福井次矢、医学書院、2008年1月1日発行、東京、p588-589, 2008.
16. 稲垣暢也、山田千積. 栄養とインスリン分泌. 栄養学研究の最前線、監修 日本栄養・食糧学会、責任編集 小川 正、河田照雄、寺尾純二、建帛社、東京、p33-43, 2008.
17. 向 英里、稲垣暢也. 糖代謝異常と2型糖尿病の膵β細胞機能障害. 2型糖尿病における膵β細胞研究の進歩、編集 寺内康夫、診断と治療社、東京、p49-58, 2008.
18. 浜本芳之、稲垣暢也. 食欲抑制作用(グレリン、GLP-1増加作用). 見直されたビグアナイド、編集 河盛隆造、フジメディカル出版、大阪、p83-91, 2009
19. 細川雅也、稲垣暢也. そもそも炭水化物って何? はじめてのカーボカウント、編集 坂根直樹、佐野喜子、中外医学社、第1版、東京、p2-4, 2009.
20. 濵崎暁洋、稲垣暢也. エキセンジン-4. インクレチン治療 GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬による新たな糖尿病治療、監修 淸野 裕、編集 稲垣暢也、難波光義、山田祐一郎、フジメディカル出版、大阪、p46-53, 2009.
21. 豊田健太郎、稲垣暢也. 肥満と消化管ホルモン. 肥満と消化器疾患、編集 日本消化器病学会、2010年3月31日発行、金原出版、東京、p51-67, 2010.
22. 豊田健太郎、稲垣暢也. 膵移植・膵島移植. 新しい糖尿病の治療、編集 加来浩平、新興医学出版社、P141-146, 2010.
23. 山根俊介、稲垣暢也. GLP-1の基礎. DPP-4阻害薬のすべて、編集 清野 裕、先端医学社、東京、p33-46, 2010.
24. 長嶋一昭、稲垣暢也.  インスリン分泌におけるKATPチャネルの役割. 糖尿病ナビゲーター(第2版)、編集 門脇 孝、メディカルレビュー社、東京、p46-47, 2010.
25. 藤本新平、稲垣暢也. 血糖調節機構. 糖尿病研修ノート、シリーズ総監修 永井良三、責任編集 門脇孝、編集 加来浩平、花房俊昭、羽田勝計、稲垣暢也、出雲博子、診断と治療社、東京、p86-91, 2010.
26. 原田範雄、稲垣暢也. DPP-4阻害薬. 糖尿病研修ノート、シリーズ総監修 永井良三、責任編集 門脇孝、編集 加来浩平、花房俊昭、羽田勝計、稲垣暢也、出雲博子、診断と治療社、東京、p276-280, 2010.
27. 福島光夫、稲垣暢也、谷口 中、清野裕. 予防医学と健康管理. 糖尿病研修ノート、シリーズ総監修 永井良三、責任編集 門脇孝、編集 加来浩平、花房俊昭、羽田勝計、稲垣暢也、出雲博子、診断と治療社、東京、p480-484, 2010.
28. 長嶋一昭、稲垣暢也.  経口摂取は不可能の症例(経腸栄養、中心静脈栄養管理症例を含む). レジデント必携 糖尿病診療のABC、編集 岡本元純、文光堂、東京、p76-80, 2010.
29. 原田範雄、稲垣暢也.  インクレチン関連薬とその使い方. 新しい診断と治療のABC 18糖尿病(改訂第2版)、編集 花房俊昭、最新医学社、東京、p112-125, 2010.
30. 稲垣暢也. GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬の相違点. インクレチン療法実践ブラッシュアップ-インクレチン関連薬を上手に使いこなす-、編集 稲垣暢也、診断と治療社、東京、p21-27、2011. 
31. 原島伸一、稲垣暢也. DPP-4阻害薬処方のポイント. インクレチン療法実践ブラッシュアップ-インクレチン関連薬を上手に使いこなす-、編集 稲垣暢也、診断と治療社、東京、p56-67、2011. 
32. 原田範雄、稲垣暢也. 体重におよぼすインクレチンの作用. インクレチン療法実践ブラッシュアップ-インクレチン関連薬を上手に使いこなす-、編集 稲垣暢也、診断と治療社、東京、p125-129、2011.
33. 原田範雄、稲垣暢也. 付録 糖尿病治療薬の種類とその特徴. インクレチン療法実践ブラッシュアップ-インクレチン関連薬を上手に使いこなす-、編集 稲垣暢也、診断と治療社、東京、p150-151、2011.
34. 原田範雄、稲垣暢也. インクレチン関連薬 Q&A. インクレチン療法実践ブラッシュアップ-インクレチン関連薬を上手に使いこなす-、編集 稲垣暢也、診断と治療社、東京、p152-154、2011.
35. 濵崎暁洋、稲垣暢也. 経口血糖降下薬との併用についての考え方. ビジュアル 糖尿病臨床のすべて 最新インスリン療法、編集主幹 荒木栄一、専門編集 綿田裕孝、中山書店、東京、p152-154、2011.
36. 原田範雄、稲垣暢也. 期待集まるインクレチン関連薬. すべてがわかる最新・糖尿病、編集 門脇孝、真田弘美、照林社、東京、p14-17、2011.
37. 原田範雄、稲垣暢也. インクレチンとは. ビジュアル 糖尿病臨床のすべて スマートな糖尿病診断と治療の進め方、編集主幹 荒木栄一、専門編集 谷澤幸生、中山書店、東京、p208-213、2011.
38. 山根俊介、稲垣暢也. ハリス症候群. 症候群ハンドブック、総編集 井村裕夫、編集 福井次矢、辻 省次、中山書店、東京、p373, 2011.
39. 濵崎暁洋、稲垣暢也. DPP-4阻害薬. ビジュアル 糖尿病臨床のすべて 糖尿病治療薬の最前線、編集主幹 荒木栄一、専門編集 稲垣暢也、中山書店、2011年12月15日発行、東京、p79-86、2011.
40. 稲垣暢也. インスリノーマ、消化管ホルモン産生腫瘍. 今日の治療指針2012年版、総編集 山口 徹、北原光夫、福井次矢、2012年1月1日発行、医学書院、東京、p675-6761, 2012.
41. 原田範雄、稲垣暢也. インクレチンと膵β細胞保護効果. ビジュアル 糖尿病臨床のすべて 糖尿病治療薬の最前線、編集主幹 荒木栄一、専門編集 稲垣暢也、2011年12月15日発行、中山書店、東京、p101-105、2011.
42. 長嶋一昭、稲垣暢也. SU薬と速効型インスリン分泌促進薬. 糖尿病イラストレイテッド-発症機序・病態と治療薬の作用機序、編集 春日雅人、羊土社、東京、p244-249, 2012.
43. 長嶋一昭、稲垣暢也. SU薬とインスリン分泌促進薬(グリニド)-薬剤構造から薬理特性および薬効を考える. 糖尿病治療薬のサイエンス-From Bench to Bedside. 編集 稲垣暢也、南山堂、東京、p28-37, 2012.
44. 原田範雄、稲垣暢也. DPP-4阻害薬-インクレチン効果を介する血糖降下作用. 糖尿病治療薬のサイエンス-From Bench to Bedside. 編集 稲垣暢也、南山堂、東京、p56-63, 2012.
45. 原田範雄、稲垣暢也. DPP-4阻害薬. 経口糖尿病薬の新展開~病態プロファイルと最適薬剤選択の決め手~. 編集 稲垣暢也、フジメディカル出版、大阪、p66-74, 2012.
46. 藤本新平、稲垣暢也. SU薬で良好なコントロールが得られない場合. 経口糖尿病薬の新展開~病態プロファイルと最適薬剤選択の決め手~. 編集 稲垣暢也、フジメディカル出版、大阪、p93-96, 2012.
47. 長嶋一昭、稲垣暢也. SU薬とインクレチン関連薬併用による低血糖. 経口糖尿病薬の新展開~病態プロファイルと最適薬剤選択の決め手~. 編集 稲垣暢也、フジメディカル出版、大阪、p154-158, 2012.
48. 藤本新平、稲垣暢也. インスリン分泌とその異常. カラー版 内科学、総編集 門脇孝、永井良三;編集委員 赤林 朗、大内尉義、黒川峰夫、小池和彦、辻 省次、長瀬隆英、藤田敏郎、森屋恭爾、山本一彦、1992年7月24日発行、西村書店、東京、p1033-1035, 2012.
49. 豊田健太郎、稲垣暢也.膵β細胞のin vivoイメージングの現状と展望. 糖尿病学2012、編集 門脇 孝、診断と治療社、東京、p11-17、2012.
50. 濵崎暁洋、稲垣暢也. DPP-4阻害薬. 糖尿病治療薬のコンビネーションセラピー、編集 門脇 孝、医薬ジャーナル社、東京、p85-92, 2012.
51. 山根俊介、稲垣暢也. (インクレチン薬による糖尿病の治療)インクレチンを標的とした治療法-GLP-1受容体作動薬・DPP-4阻害薬-. ファーマナビゲーター インクレチン薬編、編集 門脇孝、稲垣暢也、難波光義、山田祐一郎、植木浩二郎、メディカルレビュー社、東京・大阪、p114-121, 2012.
52. 藤本新平、稲垣暢也. (G&A)インクレチン薬で低血糖が起こりにくいのはなぜですか? ファーマナビゲーター インクレチン薬編、編集 門脇 孝、稲垣暢也、難波光義、山田祐一郎、植木浩二郎、メディカルレビュー社、東京・大阪、p164-168, 2012.
53. 濵崎暁洋、稲垣暢也. (糖尿病治療薬におけるインクレチン薬の位置づけ) 血糖降下薬としての位置づけ、ファーマナビゲーター インクレチン薬編、編集 門脇 孝、稲垣暢也、難波光義、山田祐一郎、植木浩二郎、メディカルレビュー社、東京・大阪、p164-168, 2012.
54. 原島伸一、稲垣暢也. DPP-4阻害薬とはどんな薬ですか?作用機序についても教えてください. 循環器医から寄せられる「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問、監修 小室一成、編集 山岸昌一、メディカルレビュー社、東京・大阪、p168-169, 2012.
55. 稲垣暢也. 2型糖尿病. 日本の未来を拓く医療 治療医学から先制医療へ、全体編集 井村裕夫、企画 科学技術振興機構研究開発戦略センター(JST-CRDS)、診断と治療社、東京、p128-138, 2012.
56. 原田範雄、稲垣暢也. インクレチンとは? ここが知りたい インクレチン関連薬、編集 寺内康夫、2013年5月発行、中外医学社、東京、p1-4, 2013.
57. 濵崎暁洋、稲垣暢也. DPP-4阻害薬とGLP-1受容体作動薬の使い分けについて教えてください. ここが知りたい インクレチン関連薬、編集 寺内康夫、2013年5月発行、中外医学社、東京、p1-4, 2013.
58. 細川雅也、稲垣暢也. そもそも炭水化物って何? はじめてのカーボカウント、編集 坂根直樹、佐野喜子、中外医学社、第2版、東京、p2-4, 2013.
59. 長嶋一昭、稲垣暢也. スルホニル尿素薬. 糖尿病の分子標的と治療薬事典 糖尿病・代謝疾患治療薬のターゲット分子と作用機序、薬効の全て. 監修 春日雅人、編集 綿田裕孝、松本道宏、用土社、大阪、p246-251, 2013.
60. 濵崎暁洋、稲垣暢也. 内科から見た連携. 糖尿病網膜症診療のすべて、編集 北岡 隆、吉村長久、2013年11月1日発行、医学書院、東京、p334-344, 2013.
61. 稲垣暢也. 代謝・栄養疾患. わかりやすい内科学 第4版、編集 井村裕夫、文光堂、東京、2014年2月4日発行、p731-737, 2014.
62. 長嶋一昭、稲垣暢也. SGLT2阻害薬のさようから予想される最も適する患者像を探る. SGLT2阻害薬のすべて、編集 稲垣暢也、2014年4月30日発行、先端医学社、東京、p246-251, 2014.
63. 山根俊介、稲垣暢也. インクレチンインパクト. 糖尿病治療を切り拓く インクレチンインパクト、編集 武田 純、2014年5月30日発行、日経メディカル開発、東京、p8-18, 2014.
64. 幣 憲一郎、稲垣暢也. 糖尿病. 臨床栄養実践ガイド、編集 丹羽利充、2014年8月25日発行、中外医学社、東京、p96-101, 2014.
65. 小倉雅仁、幣 憲一郎、稲垣暢也. がんの栄養代謝 がんにおける糖質、脂質、蛋白質代謝. がん病態栄養専門管理栄養士のためのがん栄養療法ガイドブック、編集 日本病態栄養学会、2015年1月10日発行、メディカルレビュー社、東京・大阪、p81-83, 2015.
66. 小倉雅仁、幣 憲一郎、稲垣暢也. がんの栄養代謝 エネルギー三大栄養素・微量栄養素・水の必要量. がん病態栄養専門管理栄養士のためのがん栄養療法ガイドブック、編集 一般社団法人 日本病態栄養学会、2015年1月10日発行、メディカルレビュー社、東京・大阪、p84-87, 2015.
67. 稲垣暢也、長嶋一昭、幣 憲一郎. 糖尿病. 実践!ケースに学ぶ 栄養管理・食事指導エキスパートガイド. 編集 稲垣暢也、長嶋一昭、幣 憲一郎、南山堂、東京、p.22-25、2015.
68. 松村欣宏、坂 信広、稲垣暢也. Abca3-肺サーファクタント脂質代謝疾患. Series モデル動物利用マニュアル 疾患モデルの作成と利用-脂質代謝異常と関連疾患<上巻>. 編集 尾池雄一、佐々木雄彦、村上 誠、矢作直也2015年 1月31日発行、エル・アイ・シー、東京、p333-343, 2015.
69. 稲垣暢也. グルカゴン様ペプチド. 医学大辞典. 2015年4月1日発行、南山堂、東京、p626, 2015.
70. 豊田健太郎、稲垣暢也. 肥満と消化管ホルモン. 肥満と消化器疾患 第2版. 編集 日本消化器病学会、2015年4月30日発行、金原出版、東京、p52-68, 2015.
71. 原田範雄、稲垣暢也. インクレチン分泌. 糖尿病. 編集 門脇 孝、荒木栄一、稲垣暢也、植木浩二郎、羽田勝計、綿田裕孝、2015年5月15日発行、西村書店、東京、p75-84, 2015.
72. 近藤恭士、豊田太郎、稲垣暢也、長船健二. 再生医学・iPS細胞. 糖尿病、編集 門脇 孝、荒木栄一、稲垣暢也、植木浩二郎、羽田勝計、綿田裕孝、2015年5月15日発行、西村書店、東京、p75-84, 2015.
73. 濵崎暁洋、稲垣暢也. DPP-4阻害薬. ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 糖尿病治療薬の最前線、編集主幹 荒木栄一、専門編集 稲垣暢也、改訂第2版、中山書店、2011年12月15日発行、東京、p86-97、2011.
74. 原田範雄、稲垣暢也. インクレチンと膵β細胞保護効果. ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 糖尿病治療薬の最前線、編集主幹 荒木栄一、専門編集 稲垣暢也、改訂第2版、2015年8月10日発行、中山書店、東京、p124-128、2015.
75. 稲垣暢也. 病態栄養専門医としてのプロフェッショナリズム. 病態栄養専門医テキスト-認定専門医をめざすために、編集 日本病態栄養学会、改訂第2版、2015年8月30日発行、南江堂、東京、p7-8、2015.
76. 細川雅也、稲垣暢也. そもそも炭水化物って何? はじめてのカーボカウント、編集 坂根直樹、佐野喜子、2016年2月25日発行、中外医学社、第3版、東京、p2-4, 2016.
77. 近藤祥司、小倉雅仁、稲垣暢也. 超高齢者のための運動療法. 女性医療のすべて、編集 太田博明、2016年10月31日発行、メディカルレビュー社、東京、p260-261, 2016.
78. 長嶋一昭、稲垣暢也. SU薬. 糖尿病と循環器病 一歩進んだ糖尿病循環器学 -Diabetic Cardiology-、監修 檜垣實男、編集 綿田裕孝、大石 充、2017年3月10日発行、医学書院、東京、p330-339, 2017.
79. 山根俊介、稲垣暢也. 糖尿病 治療. 内科学 第11版、総編集 矢崎義雄、編集 明石浩一、渥美達也、伊藤裕、稲垣暢也、神田隆、木下芳一、工藤正俊、小室一成、須永眞司、南学正臣、長谷川好規、松本哲哉、楽木宏実、2017年3月20日発行、朝倉書店、東京、p1747-1753, 2017.
80. 山根俊介、稲垣暢也. DPP-4阻害薬. 高齢者における糖尿病治療薬の使い方 新しいカテゴリー別目標値への適切な対応のために、編集 稲垣暢也、2017年6月1日発行、フジメディカル出版、大阪、p68-71, 2017.
81. 原田範雄、稲垣暢也. GLP-1受容体作動薬. 糖尿病最新の治療 2019-2021、編集 門脇 孝、荒木栄一、綿田裕孝、2019年2月15日発行、南江堂、東京、p153-156, 2019.
82. 山根俊介、稲垣暢也. GIPによる骨量・脂肪量の制御. 糖尿病学2019、編集 門脇 孝、山内敏正、2019年5月27日発行、診断と治療社、東京、p37-42, 2019.
83. 前田頼伸、山崎美保、稲垣暢也. 代謝性疾患と治療の概要. 臨床薬学テキストシリーズ 循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌、監修 乾 賢一、担当編集 赤池昭紀、伊藤貞嘉、ゲスト編集 上野和行、2020年1月20日発行、中山書店、東京、p126-135、2020.
84. 原田範雄、稲垣暢也. 開発中の糖尿病治療薬. 血糖管理のための糖尿病治療薬活用マニュアル、編集 寺内康夫、白川 純、2020年3月10日発行、中外医薬社、東京、p38-44, 2020.
85. 藤田義人、稲垣暢也. ビグアナイド薬の使い方. 血糖管理のための糖尿病治療薬活用マニュアル、編集 寺内康夫、白川 純、2020年3月10日発行、中外医薬社、東京、p73-78, 2020.

その他

  • 【受賞】日本糖尿病学会リリー賞、1997年

  • 【受賞】日本医師会医学研究奨励賞、1997年

  • 【受賞】エルウィン・フォン・ベルツ賞1等賞、2013年

  • 【受賞】日本病態栄養学会アグライア賞、2014年

  • 【受賞】日本糖尿病・肥満動物学会 学会賞「米田賞」、2015年

  • 【受賞】日本糖尿病学会ハーゲドーン賞、2019年

  • 【受賞】安藤スポーツ・食文化振興財団 安藤百福賞「優秀賞」、2020年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師