新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都大学医学研究科 脳病態生理学講座 精神医学教室 講師

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医

藤原 広臨 ふじわら ひろのぶ 先生

Melbourne Neuropsychiatry Centre留学、医学教育領域での経験等を経て、現在は京都大学脳病態生理学講座、精神医学教室において講師(医局長)に就任。インターネット使用やスポーツ、武道の習慣などの日常生活行動とメンタルヘルス・脳科学関連や、行動嗜癖(物質によらない依存症)・不安・抑うつ等に主な関心を置き、日常生活・日々の診療、教育的啓発・研究活動のブリッジングを目指している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科
  • 神経画像学
  • スポーツ精神医学
  • 医学教育学

資格・学会・役職

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医
  • 京都大学医学研究科 脳病態生理学講座 精神医学教室 講師
  • 日本精神科診断学会 事務局長
  • 精神保健指定医

所属病院

京都大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫・膠原病内科
  • 京都府京都市左京区聖護院川原町54
  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」 5番出口 徒歩7分 琵琶湖線「京都駅」 八条口 京都駅直通バスhoop 京大病院前・京都大学前行き バス
  • 075-751-3111
京都大学医学部附属病院

来歴等

略歴

1997年 防衛医科大学校医学科 卒業
1997年 防衛医科大学校病院 初期研修 (精神科ほか)
1999年 北海道・東北地区 駐屯地医官・病院医官として勤務
2004年 京都大学医学部附属病院 医員
2005年 京都大学大学院医学研究科脳病態生理学(精神医学)大学院
2009年 Melbourne Neuropsychiatry Centre, visiting researcher
2010年 (独)放射線医学総合研究所 研究員
2013年 京都大学医学部附属病院 総合臨床教育・研修センター 特定病院助教
2018年 京都大学医学部附属病院 総合臨床教育・研修センター 助教
2019年 京都大学大学院医学研究科脳病態生理学(精神医学) 講師

論文

  • Martial Arts “Kendo” and the Motivation Network During Attention Processing: An fMRI Study. Frontiers in Human Neuroscience.2019年5月

    Fujiwara H, Ueno T, Yoshimura S, Kobayashi K, Miyagi T, Oishi N, Murai T.

  • Neural Correlates of Non-clinical Internet Use in the Motivation Network and Its Modulation by Subclinical Autistic Traits. Frontiers in Human Neuroscience.2018年12月

    Fujiwara H, Yoshimura S, Kobayashi K, Ueno T, Oishi N, Murai T.

  • 研修医と現代のうつについて―ゆとり世代の到来を踏まえた,現代的解釈と対応―. 日本プライマリ・ケア連合学会誌 40(1) 46-51.2017年3月

    藤原 広臨上床輝久 内藤知佐子 小西靖彦 上本伸二 村井俊哉

  • Affinity States of Striatal Dopamine D2 Receptors in Antipsychotic-Free Patients with Schizophrenia. Int J Neuropsychopharmacol.20 928-935.2017年

    Kubota M, Nagashima T, Takano H, Kodaka F, Fujiwara H, Takahata K, Moriguchi S, Kimura Y, Higuchi M, Okubo Y, Takahashi H, Ito H, Suhara T.

  • Neuroimaging studies of social cognition in schizophrenia. Psychiatry Clin Neuroisci.69(5) 259-67.2015年5月

    Fujiwara H, Yashin W, Murai T.

  • 精神疾患における社会認知の特徴 社会脳. 月刊精神科.26(3) 181-185.2015年3月

    藤原広臨, 村井俊哉.

  • 社会脳 (特集 精神疾患における社会認知の特徴) 精神科.26(3) 181-185.2015年3月

    藤原 広臨, 村井 俊哉.

  • Insular Gray Matter Volume and Objective Quality of Life in Schizophrenia. PloS one.10(11) e0142018.2015年

    Uwatoko T, Yoshizumi M, Miyata J, Ubukata S, Fujiwara H, Kawada R, Kubota M, Sasamoto A, Sugihara G, Aso T, Urayama S, Fukuyama H, Murai T, Takahashi H.

  • Quantitative Analysis of Amyloid Deposition in Alzheimer Disease Using PET and the Radiotracer ¹¹C-AZD2184. Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine.55(6) 932-938.2014年6月

    Ito H, Shimada H, Shinotoh H, Takano H, Sasaki T, Nogami T, Suzuki M, Nagashima T, Takahata K, Seki C, Kodaka F, Eguchi Y, Fujiwara H, Kimura Y, Hirano S, Ikoma Y, Higuchi M, Kawamura K, Fukumura T, Böö ÉL, Farde L, Suhara T.

  • PETを用いた気分障害の分子イメージング : 基礎から臨床へ (第1土曜特集 うつ病 : 治療・研究の最前線) -- (脳画像) 医学のあゆみ.244(5) 439-444.2013年2月

    藤原 広臨, 須原 哲也.

  • Association between striatal subregions and extrastriatal regions in dopamine D(1) receptor expression: a positron emission tomography study. PLoS One 7(11) e49775.2012年

    Fujiwara H, Ito H, Kodaka F, Kimura Y, Takano H, Suhara T.

  • Norepinephrine transporter occupancy by nortriptyline in patients with depression: a positron emission tomography study with (S,S)-[¹⁸F]FMeNER-D₂. The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 17(4) 553-560.2014年4月

    Takano H, Arakawa R, Nogami T, Suzuki M, Nagashima T, Fujiwara H, Kimura Y, Kodaka F, Takahata K, Shimada H, Murakami Y, Tateno A, Yamada M, Ito H, Kawamura K, Zhang MR, Takahashi H, Kato M, Okubo Y, Suhara T.

  • 精神科領域における画像診断の展望 精神疾患の病態・診断とPET研究. 最新精神医学.16(3) 275-281.2011年5月

    藤原広臨, 須原哲也.

  • Anterior cingulate pathology and social cognition in schizophrenia: A study of gray matter, white matter and sulcal morphometry. NeuroImage.36(4) 1236-1245.2007年7月

    H. Fujiwara; K. Hirao; C. Namiki; M. Yamada; M. Shimizu; H. Fukuyama; T. Hayashi; T. Murai.

  • Anterior and posterior cingulum abnormalities and their association with psychopathology in schizophrenia: A diffusion tensor imaging study.Schizophrenia Research.95(1-3) 215-222.2007年9月

    H. Fujiwara; C. Namiki; K. Hirao; J. Miyata; M. Shimizu; H. Fukuyama; N. Sawamoto; T. Hayashi; T. Murai.

  • Structural abnormalities of the adhesio interthalamica and mediodorsal nuclei of the thalamus in schizophrenia.Schizophrenia Research 101(1-3) 331-338 2008年4月

    M. Shimizu; H. Fujiwara; K. Hirao; C. Namiki; H. Fukuyama; T. Hayashi; T. Murai.

  • Theory of mind and frontal lobe pathology in schizophrenia: A voxel-based morphometry study. Schizophrenia Research.105(1-3) 165-174.2008年10月

    K. Hirao; J. Miyata; H. Fujiwara; M. Yamada; C. Namiki; M. Shimizu; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Hayashi; T. Murai.

  • Female specific anterior cingulate abnormality and its association with empathic disability in schizophrenia.Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry.32(7) 1728-1734.2008年10月[査読有り]

    H. Fujiwara; M. Shimizu; K. Hirao; J. Miyata; C. Namiki; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Hayashi; T. Murai.

  • Is there evidence of brain white-matter abnormalities in obsessive-compulsive disorder?: a narrative review. Topics in magnetic resonance imaging : TMRI.20(5) 291-298.2009年10月

    Fontenelle LF, Harrison BJ, Yücel M, Pujol J, Fujiwara H, Pantelis C.

  • Reduced white matter integrity correlated with cortico-subcortical gray matter deficits in schizophrenia. Schizophrenia Research.111(1-3) 78-85.2009年6月

    J. Miyata; K. Hirao; C. Namiki; H. Fujiwara; M. Shimizu; H. Fukuyama; N. Sawamoto; T. Hayashi; T. Murai.

  • Brain volume and dysexecutive behavior in schizophrenia. Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry.33(7) 1255-1260.2009年10月

    R. Kawada; M. Yoshizumi; K. Hirao; H. Fujiwara; J. Miyata; M. Shimizu; C. Namiki; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Hayashi; T. Murai.

  • Investigating association of brain volumes with intracranial capacity in schizophrenia. NeuroImage.49(3) 2503-2508.2010年2月

    K. Ueda; H. Fujiwara; J. Miyata; K. Hirao; T. Saze; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Murai.

  • Reduced white matter integrity as a neural correlate of social cognition deficits in schizophrenia.Schizophrenia Research.119(1-3) 232-239.2010年6月

    J. Miyata; M. Yamada; C. Namiki; K. Hirao; T. Saze; H. Fujiwara; M. Shimizu; R. Kawada; H. Fukuyama; N. Sawamoto; T. Hayashi; T. Murai.

  • Social impairment in schizophrenia revealed by Autism-Spectrum Quotient correlated with gray matter reduction. Social Neuroscience 6(5-6) 548-558 2011年

    A. Sasamoto; J. Miyata; K. Hirao; H. Fujiwara; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; M. Kubota; N. Sawamoto; H. Fukuyama; H. Takahashi; T. Murai.

  • Neural basis for social cognitive impairment in schizophrenia. Jornal Brasileiro de Psiquiatria.59(2) 85-87.2010年

    H. Fujiwara; C. Bartholomeusz.

  • Age-related cortical thinning in schizophrenia. Schizophrenia Research.125(1) 21-29.2011年1月

    M. Kubota; J. Miyata; H. Yoshida; K. Hirao; H. Fujiwara; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; A. Sasamoto; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Murai.

  • Alexithymia and regional gray matter alterations in schizophrenia. Neuroscience Research.70(2) 206-213.2011年6月

    M. Kubota; J. Miyata; K. Hirao; H. Fujiwara; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; A. Sasamoto; N. Sawamoto; H. Fukuyama; H. Takahashi; T. Murai.

  • Striatal and extrastriatal dopamine D 2 receptor occupancy by the partial agonist antipsychotic drug aripiprazole in the human brain: A positron emission tomography study with [ 11C]raclopride and [ 11C]FLB457.Suhara. Psychopharmacology.222(1) 165-172.2012年7月

    K. Takahata; H. Ito; H. Takano; R. Arakawa; H. Fujiwara; Y. Kimura; F. Kodaka; T. Sasaki; T. Nogami; M. Suzuki; T. Nagashima; H. Shimada; M. Kato; M. Mimura; T.

  • Quantification of dopamine transporter in human brain using PET with 18F-FE-PE2I. Journal of Nuclear Medicine.53(7) 1065-1073.2012年7月

    T. Sasaki; H. Ito; Y. Kimura; R. Arakawa; H. Takano; C. Seki; F. Kodaka; S. Fujie; K. Takahata; T. Nogami; M. Suzuki; H. Fujiwara; H. Takahashi; R. Nakao; T. Fukumura; A. Varrone; C. Halldin; T. Nishikawa; T. Suhara.

  • 京都大学教育活動研究データベース

著書

  • 【監訳】医師として知っておくべく位マネージメンとリーダーシップの鉄則24の訓え. 綿貫 聡 高尾義明 錦織 宏 第12章 「プロフェッショナリズムとプロフェッショナルの責任を推進しよう」 p134-150.丸善出版.2019年7月

  • 【共著】DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル 今後の研究のための病態 インターネットゲーム障害.藤原 広臨.医学書院.2014年6月

  • 【共著】統合失調症. 藤原 広臨、高野 晴成 脳画像でみる精神疾患. 監修 山内俊雄 編集 松田博史 Ⅳ精神神経疾患と脳画像 1 157-65 2013年

  • 【共著】NEUROSCIENCE-NET Human Brain Imaging of Dopamine D1 Receptors. Seeman P and Madras B (eds), (The electronic book on Human Brain Imaging, Book1: Imaging of the Human Brain in health and disease.) 2012年

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師